2005/11/28

高感度に強くなったD200  デジタルカメラ
ずいぶん長いことD200を使わせてもらって、
あらためて感じることは高感度のノイズはもう十分なレベルじゃないかということ。
ISO1600で、夜景を撮ってもまずノイズが気になることはない。
このあたりはあくまでも主観なので、気になる人は気になるのだろうが、フィルムよりはよっぽど高感度に強くなったいえるのではなかろうか。
もちろん、ISO1600でポートレートを撮れば、ノイズが気になることもあるだろう。(まだやったことないが・・・)
でも実際、ISO800以上の感度を使う場面って、よほど暗いところなわけだし、ノイズうんぬんではなく、しっかりと写真になっていることのほうが大切なのだと思う。
それよりも、発色の自然さやカメラの使いやすさなどのトータル性能を高く評価したいカメラなのだ。D200って。


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルのエレベーターの中でISO800のスナップ。
この写真見て、ノイズなんか気にならないですよ。私は。
こんな暗いシチュエーションでも手持ちでちゃんと撮れて、ちゃんと写真になっていることが一番!
雑誌で使うことのない余りカットですみませんが・・・。
ていうか、何のカメラでしょ。これって(笑)
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ