2008/1/29

中国のデジカメ事情  デジタルカメラ
6日間ほど中国の北京へ撮影に行ってきました。
本日帰国しました。

今や中国はものすごいデジカメ普及率だそうです。
確かに、街中でもデジタル一眼レフを下げている人もいっぱいいるし、
植物園にいったら、カップルでポートレート撮影を楽しむという光景があっちこちで見られました。
(プロのモデルとカメラマンかと勘違いしそうなほど、真剣にカメラを構える彼氏とポーズをとる彼女とが、いろんなところにいましたw)

中国の人口はなんと13億人強。
この人たちがみんなでデジカメを使い出したらすごいことになるでしょう。
10%の人たちが使ったとしても、日本の人口を超えるってことですな〜。

とはいえ、中国ではまだまだデジカメは高級品。
特にデジタル一眼レフは、エントリーモデルでも一般的な勤め人の月給を超える価格だそうです。
そうなると、さすがに誰も彼もが買えるということにはならないでしょう。

ただし、北京の街にはベンツやアウディなんかのディーラーもあるし、
実際街中をいっぱい走っています。
結構なお金持ちがいっぱいいるらしいのです。
ということとは、そんな人たちがデジカメを買うのもしごく当たり前のこと。
なにやらすごいことになりそうな予感がしてきました。
これからの中国からは目が離せませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
北京市街にあるカメラ市場。
小さなカメラ&用品販売店が沢山入った、
写真関連専門の市場です。
日本では未発表のソニーα200も
ここではすでに発売されています。


クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、キヤノン、ニコンもでっかい看板を出して頑張ってます。

私はレフ板とかストロボ用の傘とかを買ってみた。
どこのメーカーか分からないけど、とにかく安かったんで(笑)。
ちなみに、デジカメ本体は決して格安ではないようです、残念。

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ