2008/8/21

D700、その後の雑感  デジタルカメラ
D700が発売になって約1ヶ月。
だいぶ使い込みましたが、やっぱりD300と比べると重くて大きいし、D3と比べるととっても軽い。
まあ、クルマ移動の撮影ではどれでもあんまり関係ありませんが、電車での移動となると少しでも軽くてちっちゃい方がいいですね。そう考えるとD300でもまだ大きいという気もします。

相変わらず、D3、D700、D300を取っかえ引っかえ持ち歩いていますが、
やっぱり「これぞカメラ」と感じさせてくれるのはD3です。
でも、D700を使っているからこそ出てきたD3の不満点もあります。
それは、内蔵フラッシュがないこと。
そして、ファンクションボタンなどにライブビューモードの切り替えが割り当てられないこと。
両方ともD700なら解決です。

内蔵フラッシュなんて使うのか?と質問されそうですが、私は頻繁にSB-800などのスピードライトをワイヤレスで使います。そのときに、D700なら内蔵フラッシュをトリガーとして外付けをコントロールできる。これが便利。
(そうそう先日、新しくなったスピードライトSB-900も追加購入しました。これがまた素晴らしく使いやすい。これは買った方がいいです。絶対。まあその話はまた別の機会に)


D3で同じことをやるにはSU-800というコントローラーを装着しなければなりません。(小さいとはいえ、荷物が一つ増えるのがイヤですね。)

また、ライブビューもそう頻繁には使いませんが、でも、ファンクションボタンなどに割り当てておけるD700ではわりと使用頻度が高いです。
(ちょっとした手間の違いでこうも頻度が変わるとは・・・めんどくさがりなんです、私)

というわけで、D700はなんだかんだと良くできたカメラだな〜と再認識しています。
これくらいの機能をもったもっと小さなカメラが出てくれればいいのに〜などと考えたりしています。


カメラ雑誌もやっぱりまだまだ特集はD700です。
8/20日発売の玄光社「フォトテクニックデジタル9月号」は、D700の画質を活かす機能&レンズ特集です。
単焦点レンズとズームレンズの比較などをやってますので、
関心のある方はぜひご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、写真はそのときのロケでのワンカット。
いつものごとくJPEGの撮って出しです。
モデルは「鈴木 咲」さん(プラチナムプロダクション)。
現役美大生。明るくてなかなか個性的なキャラクターの持ち主でした。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ