2008/9/22

EOS 5D MarkII発表(ちょっと遅いけど)  デジタルカメラ
先日、キヤノンからEOS 5D MarkIIが発表になりました。

2110万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、背面液晶も3型92万ドットになった。
驚いたのがフルハイビジョン動画撮影が可能となっていること。1920×1080ドットですからね。(ニコンのD90の1280×720ピクセル動画よりも高解像度)。
一応、撮影中もAFが効くみたいだし。(ただし、発表会の様子からすると、あんまりAFには期待しないほうがいいみたいですね)
でもまさか、フルサイズの5D MarkIIに動画とは思い切ったことをしましたね、キヤノンさん。

9/9の日記でキヤノンさんからもサプライズのあるカメラが発表されるといい。なんて書きましたが、まさにサプライズです。
動画はですね。お仕事としてはまったく使いません。私の場合。
でも、旅に行ったときとかは、結構動画も撮ります。音も撮れる動画ってやっぱり楽しいです。(家に帰ってからはそれほど見ないんですけどね〜(笑)。)

今までは一眼レフで撮影していても、動画撮りたいとなるとコンパクトを出してました。
でも、これからは一眼ですべてできちゃう時代になるんでしょうね。きっと。
動画はなくてもいいけど、でもあった方が絶対にいいです。
問題は動画機能を入れると、どれほどコストアップするんでしょう。
ものすごーく高くなるなら、動画なしモデルも残しておいて欲しいですね。
でも、想像するに、きっとそれほどコストには影響しないじゃないでしょうか。
ライブビューがあって、コントラストAFがついているカメラなら。
まあ、将来的にはステレオスマイクも搭載してほしいし、それから、露出もちゃんといじれるようにしてほしいですね。撮影中に露出変えたりとかしたいです。そうなるとちょっとだけコストアップ?

でも、ライブビューがなかったカメラが、今やライブビューが当たり前になって、それでもカメラ自体の価格は下落傾向にあるわけで。そう考えると、やっぱり動画搭載はこれからの流れでしょうか。

ちなみに、5D MarkIIですが、まだ実写していません。
(すでに発売中のカメラ誌に記事を書いているのに・・・スペックだけを元にした記事ですけど)
まもなく、編集部経由で届く予定ですが、楽しみにしています。

スペックから見たEOS 5D MarkIIですが、まずISO感度が100〜6400、拡張で25600っていうのに注目です。果たしてニコンのD3、D700と比べてどうなのか。良い勝負なんでしょうか?最近のキヤノンは以前のように高感度の画質にアドバンテージがなくなっていたので、このモデルには注目ですね。
ちなみに、最低感度はISO100からで、こちらも拡張ISOで50というのがあります。これはありがたい。ISOは低いほうだって充実して欲しいものです。

あと、ちょっと不思議なのが、撮影モードに全自動とクリエイティブ全自動という2種類のオートを入れてきたこと。
フルサイズ機も初心者をターゲットにする時代なんですかね〜?
(でも、それなら内蔵フラッシュも欲しいところです)
プログラムAEだけあれば十分な気もしますが。まあ、ついてても使わなければいいので、別にどうでもいいんですけど。

あとは、シャッターボタンのフィーリングとか音とかが良くなってくれていればいいんですけど。このフィーリングってとっても大切だと思うんです。
カメラって写真を撮る道具ですから、撮ってて楽しいとそれだけでいっぱい撮りたくなるですね。そうすると、それだけ良い写真を撮れる可能性が増えるわけです。


とにかく、すべては実機テストをしてからですね。
また、テストの後で書きたいと思います。



0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ