2008/11/21

京都にて  デジタルカメラ
京都に行ってきました。
紅葉を求めて行ってきたのですが、
タクシーの運転手さんなんかに聞くと、
まだ1週間くらい早いのではないかと言われ・・・。
でも、1週間後にまた来ると言うこともできないので、
最善を尽くして来ました。

早いとはいえ、例年なら一番ピークの時期。
それだけに、すごい人出。
紅葉のアップは人を気にせずに撮れるけど、
お寺とかを入れた引きの絵はまったく撮れず。
仕方がないので、翌日は夜明けの暗い時間から動き出し、
明るくなるのを待って、お寺バックなどの紅葉を撮ったりして。
でも、この方法は1日に1カ所しかできません。
日が昇ると同時に、お散歩の方々が少しずつ現れ始め、
さらに30分もすると観光バスがやってきます。

やっぱり京都の紅葉を撮るなら、京都在住の人にはかなわないなーと改めて実感しました。
地元の方はプロ、アマチュアを問わず、本当にすばらしい京都を撮られますからね。

クリックすると元のサイズで表示します
夜明けから撮影を開始しても、やっぱりライトアップの紅葉も撮りたくなります。ということで、京都の撮影はほんとに朝から晩までという感じになりますね。

ちなみに、この写真はα900で撮ったもの。
このカメラ、初めてじっくりと使ってみましたが、なかなかいいです。
評判どおり、ファインダーは見やすいし、
シャッターのフィーリングもいいです。
何よりも、ボディ内手ぶれ補正が夜景撮影にはありがたいです。(あとは風が吹かないことを祈るだけです)

ツァイスのレンズで手ぶれ補正がばっちりと効いてくれるのはいいですね。
京都のお寺は基本的にどこでも三脚は使えませんから。
発色も露出も私の好みでした。
気になったのはRAW+JPEGで何枚か撮ると、その後の再生がちょっと待たされることかな〜。でも、非常に楽しいカメラだと感じました。
やっぱり撮っていて、ワクワクするようなカメラが一番ですね。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ