2009/10/20

11月に発売予定となるソニーのデジタル一眼レフカメラ「α550」。
APS-Cサイズの1420万画素CMOSセンサーを採用するカメラです。
このカメラ、露出とフォーカスが1コマ目に固定される速度優先連続撮影モードなら、最高7コマ/秒の連写が可能となるなど、かなりのハイスペック。
しかも、輝度差の激しい被写体をじょうずに再現してくれる「オートHDR」機能という新機能も搭載されています。
もちろん、ボディ内手ブレ補正機構も搭載されているし、センサーに付着するゴミをふるい落とすアンチダスト機能だって搭載されています。
さらにさらに、ISO感度にいたってはISO200からISO12800までが設定可能。
液晶モニターだって92.1万ドットの3型液晶で、しかも可動式です。
なんだが、すっごいカメラです。至れり尽くせりです。

でも、ちょっとターゲットユーザーが見えにくい気がします。
連写とか画素数とかオートHDR機能とかを見ると、中級者以上向けという気がしますが、
その一方で、相変わらずAFが使えるライブビューの視野率は90%だし、やっと搭載された像面ライブビューは視野率100%ながらMFでしかピント合わせができないし。

また、オートHDRという大変面白い機能は、JPEG撮影時にしか使うことができません。
1度のレリーズで2回のシャッターが切られ、それを1枚の写真に合成するという機能で、目のつけどころはとってもいいと思うのです。
でも、こういう機能を活用したい人って、やっぱり初心者じゃないと思うんですよね。
RAW記録とかもする中級者以上の人でしょう。

ところが、画質モードをRAWにしている最中にこのオートHDRを使おうと思うと、設定できないのです。
だから、一度、メニュー画面から画質モードをJPEGのみに変更して、それからオートHDRの設定をしなくちゃなりません。
JPEGのみしか使えなくてもいいと思うんです。
でも、それならRAWモードになっていても、オートHDRの設定ができて、そのときに、「記録はJPEGのみとなります」というような注意書きが出て、自動的にJPEG記録してくれればいいんじゃないですかね。
いちいち、メニュー画面からJPEGに切り替えるのはハッキリ言って面倒です。
(画質モードの切り替えはメニューじゃなくて、もう少しアクセスしやすいところに有った方がいいと思うんですが)


ソニーのカメラって、いっぱい魅力的なレンズがあるんですよね。
だから、もっともっと欲しくてたまらなくなるようなカメラを作って欲しいと思うのです。
その点でいえば、α900は素晴らしい。
α900クラスで、ライブビューとか動画とかを充実してくれれば最高なんですけどね。


ちなみに、私の知っているソニーといえばやっぱりウオークマン。
学生時代はソニーのウオークマンが欲しいって思ったものです。
でも、結局、買えなくてもう少し安いメーカーのポータブルプレイヤーを買ったもんです(笑)。
実は、ソニーというブランドに憧れをいだいていた世代なんです。わたし。

だから、ソニーさんにはもっともっと欲しくてたまらなくなるようなカメラを出して欲しいです。
もちろん、α550も良く写るいいカメラですけどね。


クリックすると元のサイズで表示します
薄曇りの日にステンドグラスが素敵な教会に入ったら、偶然にもそのときだけ太陽が顔を出しました。
すると、教会の長椅子にステンドグラスの光が・・・。
こういう瞬間に出会うと、カメラを持っていて良かったと思います。
ボディ内手ブレ補正機構ってこういうシーンではめちゃめちゃありがたいですね。
1/4秒でも手持ちで行けちゃうんですから。
17

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ