2010/5/31

写真を見ること、見せること。  デジタルカメラ
写真展にはよく行きます。
他の人の撮った写真は刺激になるし、勉強にもなるからです。
写真をみて感じると言うことは、被写体を見つけて感じることに繋がるという気がするのです。
そして作者と直接お話しができたりします。これもたいへん刺激になります。


最近はアマチュアの方々でも写真展も増えてきたように思います。
やっぱりデジタルカメラの普及によって、自分の撮った写真を発表したいという人も増えてきたんですかね。

でも、写真展を見ていて思うことは、やっぱり写真を見せるということの難しさでしょうか。

昨日も渋谷のル・デコというギャラリーにおじゃましてきました。
知り合いたちが写真展をやっていたから行ったのですが、
ほかの階に展示する方々の写真も全部見せていただきました。
どの階の写真展もいわゆるグループ展。
グループ展というのは難しいように思います。
グループ展では、たいていは一人当たりの展示作品は5〜10点くらい。
これくらいだとテーマ感というのが出しにくいようです。

数枚の写真でも強烈な個性やテーマ性を感じられる展示もありますが、
たいていは「う〜ん、なにを見せたいんだろう・・・」というものが多く。
やっぱり写真を見せるということは非常に難しいのだと思いました。

写真を見せるということは、見てもらう人に何かを感じて欲しいというメッセージ性が必要になりますからね。それを考えながら展示する写真を取捨選択する。これが難しいです。
でも、これが楽しいです。
でも、この楽しさが味わえるのはやっぱり個展ですかね。
ということで、今週もまた個展をいくつか見せていただこうと考えています。

クリックすると元のサイズで表示します
知り合いというか、仲間内というかの写真展では必ず記念撮影を(笑)。
左から左から井村淳氏、清水哲朗氏、福田健太郎氏。
写真界の若手といっていいのか分かりませんが、
いわゆる中堅どころが集まったグループ展でした。
彼らはkwenda(くうぇんだ)という7人組のグループを作り、いろいろと活動しているようです。
「大御所たちに負けないように、オレらが頑張らないと」と言ってました。
まさにそうですね。
そして、写真を発表するということをやり続けなければいけないと改めて再認識。
写真を撮り続け、発表し続ける。それしかないのです、私たちには。


10

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ