2010/9/21

フォトキナで続々と発表が  デジタルカメラ
ドイツのカメラショー、フォトキナが開幕しましたが、日本のカメラメーカー各社から続々と魅力的な新製品が発表されていますね。
どこから書いていいのか迷いますが、まずはまったく新しいタイプのカメラとして登場しそうな富士フイルムのX100。ちょっと上手く説明できないんですが、レンジファインダーのようなブライトフレームを採用していて、光学式ファインダーと液晶ファインダーを切り替えて撮影できるようになっています。なんでも、光学ファインダーの見え方が感動的だという話で、早く実機を触ってみたいところです。

続いては、本日発表になったLUMIX GH2。液晶ビューファインダーも新しくなって、さらに使いやすくなったようです。
カメラとしての操作性もずいぶんと改良されているようです。

さらに、ペンタックスからはK-5。K-7の出来は素晴らしかったですが、さらにそれに磨きをかけた後継機に仕上がっているようです。

そして、ある意味、今回最大のサプライズは、シグマかもしれません。
約4,600万画素(4,800×3,200×3)のセンサー搭載で、一気に解像度もアップ。
これは早く実写画像を見てみたいところですね。

なんか日本のカメラなのに、海外の展示からの情報で一喜一憂するというのも変な感じですが、まあ仕方がないことなのでしょう。
日本でお目見えを楽しみにしましょう。


クリックすると元のサイズで表示します
カメラ業界がドイツの話題で盛り上がっている頃、私は神戸の六甲でパナソニックオープン(ゴルフトーナメント)の撮影。
幸い、練習日のこの日は晴れたり曇ったり。
午後から雨が降るという予報もありましたが、どうにか雨に降られずに撮影を終えられました。
ちなみに、その翌日となる昨日は大雨で、予選ラウンドが中止になってしまいました。残念。
6

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ