2010/10/26

高機能コンパクトの勧め  デジタルカメラ
コンパクトデジカメとデジタル一眼レフカメラの間に存在するカメラはおおざっぱに分けて2種類でしょうか。

一つはいわゆるミラーレス一眼などと呼ばれるレンズ交換式カメラ。
そしてもう一つは高機能コンパクトとか高級コンパクトとか呼ばれるタイプ。

マイクロフォーサーズ規格などのレンズ交換式カメラは、やっぱりレンズ交換ができるだけあって、どちらかといえばデジタル一眼レフカメラに近い存在といえます。
一方、高機能コンパクトはといえば、当然ながらレンズ交換はできません。
リコーのGXRのようなレンズとセンサーごとユニットとして交換できてしまうカメラは例外ですが、基本的にはレンズ交換はできないといってよいでしょう。
そのため、どんなに高機能でもやっぱりコンパクトデジカメに含まれるわけです。

ですから、所詮はコンパクトデジカメだと思ってしまうのも仕方がないかもしれません。
そしてコンパクトデジカメだと思うと、どうしても本格的な撮影や作品撮りには物足りなさを感じてしまう気がするのです。
でも、本当に物足りないのかといえば意外とそうでもなくて、旅行スナップなどではけっこう作品撮り用のカメラとしても行けちゃったりします。
物足りない気がするだけで、実は相当な実力者だったりします。
あと、コンパクトデジカメの特徴としてマクロ撮影に強いというのをそのまま継承しているのも見逃せません。旅行などではけっこうマクロを使うことって多いんですよね。食事やお土産なんかを撮ったりするのに重宝します。

高機能コンパクトといえば、リコーのGR DIGITAL III、パナソニックのLUMIX LX5、キヤノンのPowerShot G12などが挙げられるでしょうか。

どのカメラも画質にこだわったり、レンズにこだわったりしているだけでなく、操作性もよく考えられています。
操作性のいいカメラは撮影が楽しくなるし、持ち歩く機会が増えます。
ということは、結果的にいい被写体に出会う確率が高くなって、良い写真を撮れる可能性が高くなるわけです。
デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジカメの2台を使い分けているという人は多いと思いますが、
これに高機能コンパクトを加えてあげると、さらに写真が楽しくなります。きっと。

ということで、デジタル一眼レフカメラやミラーレス機とコンパクトデジカメの狭間にいる高機能コンパクトですが、
機会があればぜひ使ってみてください。


クリックすると元のサイズで表示します
PowerShot G12ですが、前モデルのG12からスペック的にはあまり大きな変更がないようにも見えます。
でも、細かな部分を見ていくと、動画がハイビジョンになったり、角度ぶれとシフトぶれの2種類のぶれを補正するハイブリッドISが搭載されたりと、やっぱり進化しています。
私としては、小さなカメラほど気軽に動画が撮れるので、G12の動画がハイビジョンになったことは素晴らしい進化だと思っています。ただ、欲を言えば、他社のカメラによくあるように、動画専用のスタート/ストップボタンを搭載して欲しいところです。モードダイヤルで動画に切り替えるのは、動画と静止画の両方を撮りたいというときの瞬発力に欠ける気がします。
高感度に関しては、通常モードでISO3200まで行けますが、コンパクトデジカメとしては非常に優秀。でも、一眼レフカメラと比較してはいけません。という感じでしょうか。
まあ、センサーサイズが全然違うのですから、比較対象にすること自体間違っているのですけど。

高感度はさておき、日中など光がキチッと回っている環境ではビックリするくらいきれいに撮れます。
シーンモードに搭載されたオールドポスターやノスタルジックというモードもなかなか楽しませてくれます。
ISOダイヤルや露出補正ダイヤルなどを独立して設けているこのカメラは、いろいろといじりながら撮影するとけっこう楽しいものです。
19

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ