2010/12/29

デジカメのモノクロモード  デジタルカメラ
コンパクトデジカメ、レンズ交換式に関わらずほとんどのデジカメにはモノクロモードが搭載されています。
また、シーンモードやフィルター系のメニューの中に特殊なモノクロモードを搭載しているカメラも数多くあります。
でも、意外と満足できるモノクロが撮れるカメラって少ない気がします。

ラフなモノクロ写真みたいな、コントラストを上げてザラッとした感じのかっこいいモノクロを撮れるカメラはあったりしますが、なんともいえぬ美しいトーンを見せてくれるモノクロが撮れるカメラって本当に少ないんです。
それどころか、白黒とセピアモードの2種類があって、白黒はほんとに白と黒、セピアは赤く色を付けてOK、みたいなカメラもあったりします。あの真っ赤なセピア写真はちょっとがっかりです。

人によってはカラーで撮っておけば、あとからPhotoshopなどでモノクロ化できるから、モノクロモードなんて不要という人もいるでしょう。
でも、私はモノクロフィルムを詰める感覚で、「今はモノクロ写真を撮るぞ」っていう気持ちの切り替えで写真を撮りたいのです。なので、どちらかといえば、モノクロ写真はモノクロモードで撮りたいと思っています。

ずいぶん以前からメーカーさんにはモノクロをしっかりやりましょうよ、と言っているのですが、なかなかそこまで手が回らないようで、実現できているカメラがありません。

モノクロだけで何十種類も設定ができて、自分好みのモノクロが撮れるカメラっていうものがあってもいいと思うんですけどね。
どこかのメーカーで、「このカメラはぜひモノクロで撮ってください」みたいなカメラを作ったりしませんかね。


クリックすると元のサイズで表示します
ライカM9の「ビンテージ白黒」。
このカメラのモノクロは好きです。
カラーはとってもクセのある発色をするのですが、モノクロはこだわりを感じます。
ライカがモノクロにどこまでこだわっているのか、本当のところは分かりませんがw。
14

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ