2011/2/26

モノクロも楽しいX100  デジタルカメラ
富士フイルムのX100ですが、
このカメラ、モノクロも楽しいです。
モノクロはフィルムシミュレーションで設定できますが、
通常の白黒のほか、Ye、R、Gのフィルターをかけたものが設定できます。
セピアも選べるのですが、これはちょっといかにもっていうセピアカラーで私の好みではありません。欲を言えば、セピアの色味も微調整できるといいのですが・・・。

で、このカメラならではのモノクロの楽しさをひとつ。
それは光学ファインダーで撮るときには、当然、ファインダー越しに見える被写体はカラー(肉眼でみている状態)なのですが、ファインダーの切り替えレバーをクッと操作するだけで、液晶ビューファインダーに切り替わって、瞬時にモノクロで被写体が見えるようになります(ライブビューですから)。
肉眼での色と液晶のモノクロ、これを行ったり来たり切り替えると、「あ〜、今の光ってモノクロだとこう見えるなあ」などと思ったりして、けっこう楽しめます。
ハイブリッドファインダーの有効的な楽しみ方のような気がします(笑)。

もちろん、普段は光学ファインダーでの撮影がオススメです。
モノクロの仕上がりを意識しながら、シャッターを切る。
フィルターによる違いを考えながら、モノクロを楽しむ。
私なら基本はモノクロモードで撮るでしょう。
RAW+JPEGならモノクロで撮っておいても、いざというときにはRAWからカラー画像が作れますので。

カメラが少し古めかしいデザインなので、モノクロ写真を撮る気分も高まります。気分だけでなく、モノクロのトーンも味わい深くてなかなか素敵です。
このカメラを手にしたら、ぜひともモノクロも楽しんでもらいたいと思うのです。きっとワクワクしますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
モノクロって色がない分だけ、写真を見たときの想像力が膨らむ気がします。
そしてそのときの記憶が頭の中でいろいろと駆け巡るのです。
この写真を見たときの私の記憶。
「溶け始めた街の雪が靴にしみこんできて、足が冷たかったなあ〜」でした(笑)。
そして、早くもまたニューヨーク撮影旅行に行きたくなりました。
13

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ