2011/5/16

イメージ通りの写真を撮るために  デジタルカメラ
昨日はずっとお付き合いの続いている写真クラブの方々と撮影会に行ってきました。
一緒に行くと行っても、行った先ではみなさん自由に撮影をされています。
ですので、私がべったりくっついて指導するというような会ではありません。
みなさんそれぞれれ撮りたいものを自由に撮るという会です。
私自身ものんびりと撮影を楽しみながら、メンバーの方とお話しをしたり、カメラの使い方や撮影のコツなどをお伝えするという感じです。

でも、撮影中のみなさんとお話しをしていると、やっぱりカメラの使い方に迷われている方が多いようです。
ホワイトバランスやISO感度の変え方は知っていても、その場でどの設定を使うのがいいのかが分からなかったり、
ピクチャーコントロールやピクチャースタイルといったカラーモードの設定があることを知らなかったり。
やっぱりデジカメは機能が多すぎて、なかなか使いこなすというわけにはいかないみたいですね。

カメラの機能をフルに使えば、それで写真が良くなるわけではありません。
ですが、「こういう仕上がりの写真を撮りたいのに。」という具体的なイメージがある場合には、
カメラの設定を変えることで、よりそのイメージに近づくことができるというのもまた事実です。
そういう意味では、自分のカメラにはどんな設定があって、なにを変えるとどう変わるのかということを知っておいて損はありません。
でも、そのためにはまずいっぱい写真を撮って、そして自分なりの仕上がりイメージを持つことが大切になります。
そして、イメージを膨らませるためにも、写真展などで他の人の写真をいっぱい見ることも大切なのです。
自分のイメージ通りに撮れたときの喜びはやっぱり最高ですからね。

クリックすると元のサイズで表示します
今回の写真はいつもの肖像写真とはちょっと違ったポートレート。
プロのモデルさんとプロのメイクさんと一緒に作り上げる作品撮りです。
昨日の写真クラブの撮影会とは関係ありませんw。

撮影はスタジオと屋外と両方やったのですが、この写真は屋外のもの。
バッテリータイプのストロボを使って、光をコントロールしています。

三者のイメージをお互いに話し合いながら、衣装、メイク、ポーズ、ライティングを決めていって、
そして一つの作品ができあがります。
一般の方の肖像写真もとても楽しいですが、
やっぱりプロフェッショナルと組んでやる作品撮りはまた別の楽しさがあります。

モデル:喜理
メイク:荒木由希子
14

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ