2011/5/30

やっぱり交換レンズでしょう  デジタルカメラ
忙しさにかまけてすっかり更新が滞ってしまいました。すみません。

さて、どうも最近は写真教室にお呼ばれすることが多いようで、
よくカメラやレンズのお話しをさせていただいております。

みなさん、さすがにもう一眼レフカメラやレンズ交換式のデジタルカメラの1台くらいはお持ちになっているようで、わりとレンズの話に興味を持ってくださるようです。
でも、やっぱりレンズに対する予算は厳しいようですね。
10万円前後のレンズとなるとかなり躊躇してしまうようです。
確かに10万円ともなれば、安いカメラならボディとレンズがセットになったものを買えてしまうわけですから、躊躇する気持ちも分かります。
ですが、すでになにがしかのボディとレンズを持っているのなら、それらを買い換えるよりも、レンズを追加していくほうが写真は楽しくなると思うのです。
ハッキリ言って、キットレンズだけで撮影するのはレンズ交換式カメラの楽しさの10%くらいしか味わえていないのではないでしょうか。
レンズを交換しないのであれば、レンズ一体型のカメラをチョイスしてもいいような気がします。
それくらい、レンズによって写真は変わってくるのですね。
被写体を前にして、レンズを選ぶ。
明日の撮影を考えながら、バッグにレンズを入れていく。
「これとこれを持って行こうかなぁ」。「やっぱりこっちはいらないかなぁ」。
などと考えるのもまた楽しいものです。

カメラメーカーも面白いレンズを出してきています。
メーカーの肩を持つ訳じゃありませんが、やっぱり交換レンズはいっぱいあったほうがいいです。
みなさんも、レンズが変えられるという意味をじっくりと考えてみると面白いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ニコンがまもなく発売するAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
交換レンズは高いと思っている人に朗報です。
希望小売価格で28,350円ですから、実売は25,000円くらいじゃないでしょうか。
これで単焦点レンズならではのボケと、速いシャッタースピードが得られるわけですから、これはオススメです。
サイズも小さいし、ボケもきれい。
AFも静かで速いです。

欲を言えば、f1.4をオススメしたいところですが、でもこっちも魅力的。
気軽に単焦点レンズを楽しめるという意味でとってもいいレンズだと思います。
少しでも荷物を軽くしたい人にはf1.4よりもこっちのほうがいいかもしれません。
私も買おうかなあと思っているところです。
12

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ