2011/6/30

OLYMPUS PENシリーズ 3モデル同時発表  デジタルカメラ
本日、オリンパスからPEN E-P3PEN Lite E-PL3PEN mini E-PM1の3台のマクロフォーサーズカメラが発表されました。
先日のパナソニックのLUMIX G3/GF3に続き、今度はオリンパスから3モデル発表とは。
マイクロフォーサーズ軍団が本当に元気です。

ただ、オリンパスから発表になった3モデルのうち、E-PL3とE-PM1は2011年秋に発売予定ということで、当面の注目はE-P3ということになるでしょう。

E-P3は外観のデザインこそE-P1、E-P2の流れを踏襲していますが、フラッシュを内蔵したり、タッチパネルタイプの有機EL液晶を搭載したりと、内容は一新されているようです。
まだ、実写をしたことはなく、ちょこっとだけ触った程度ですが、なかなか良さそうな印象でした。
特にタッチパネル液晶の搭載により、ピント合わせの快適性は格段にアップしています。
(LUMIXでも痛感していますが、ライブビューでピント合わせをするならタッチ液晶がダントツでいいです)
しかも、位相差AFを凌ぐほどという高速AF(FAST AFシステム)も搭載されていますので、ピント合わせが楽しくなることは間違いないでしょう。
E-P2まではAFのエリア変更がちょっと面倒な感じでしたが、E-P3ではこれが一切なくなりました。

また、PENシリーズの最高画質と謳っていることから、画質にも相当な自信があるようです。
PENシリーズで人気のアートフィルター機能も全10種類となり、さらにバリエーションやアートエフェクト機能なども装備され、かなり幅広い表現ができるようになっているようです。

そしてもう一つの注目が同時に発表された2本の単焦点レンズ。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0と、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8です。
特に、M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0は、24mm相当のワイドレンズで明るさはF2.0。
フォーカスリングを回すことで置きピンのMFが楽しめるスナップショットフォーカス機構というものを装備している点が面白いです。一応、置きピン用ということですが、画面を拡大しながらMFでピント位置を確認しながらフォーカスを合わせることもできます。
レンズ境筒の質感もグッドです。

気がつけば、マイクロフォーサーズはボディもレンズも魅力的な商品がいっぱい。
旅カメラ、スナップカメラとして最適なボディとレンズが選び放題という感じになってきました。
景気の悪い話ばかりのこのご時世ですが、マイクロフォーサーズ軍団だけは元気いっぱいという感じです。
PENかLUMIXか、マイクロフォーサーズを購入しようとする人は大いに悩んでください(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、実写はしていなので、写真はメーカーさんの広報資料からいただいたものを掲載。
E-P3にM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0の組み合わせ、なかなかかっこいい感じです。
11

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ