2011/9/29

写真を撮る意味と役割  デジタルカメラ
写真を撮る意味って何でしょう?
自分が撮った写真の役割ってなんでしょう?
いい写真とは?
上手い写真とは?
たまにはそんなことを考えてみるのもいいかもしれません。

最近のデジタルカメラはどれも高性能、高画質になっていますから、
キレイな写真が上手い写真というわけではないでしょう。
かといって、キレイな景色やモデルなど、素晴らしい被写体を撮ること=素晴らしい写真、ということでもないような気がします。

また、何をどう撮れば、その写真に意味が生まれるのでしょう。
どうしたら見る人を惹きつけられるのでしょう。

自分らしい写真を撮るためには、いっぱいシャッターを切って、その写真を見かえすことも大切です。
でも、他の人の写真を見ることも大切だと思うのです。
他人の写真は、自分とは違う眼を持つ人が撮った写真だから。
自分とは違う世界が見えている人の写真だから。

ということで、本日、オープニングパーティということでおじゃまさせていただいた写真展のご紹介です。
9/30(金)より11/8(火)まで、品川のキヤノンギャラリーSにて、横木安良夫写真展「Glance of Lens レンズの一瞥」が開催されます。
写真展のサブタイトルにも「写真て、いったい何なんだろう?」と付けられているとおり、
写真って何なんだろうなあ、と考えさせてくれる写真展です。
難しい写真がいっぱい並んでいるわけではありません。
国内外で撮影されたスナップ写真が40点ほど展示されているのですが、
本当に、写真ってなんだろうなあ、写真ってすごいなあ。といろいろなことを考えさせてくれるのです。
しかも、楽しい気持ちで考えさせてくれる写真たち。
こういう展示ができる横木さんって凄いなあと改めて尊敬しました。
写真好きならばぜひ観てみるとよいと思いますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
写真展会場の帰りに撮ったスナップ。
写真展とは直接関係はありませんが、私自身がなんとなく夜の街スナップも好きなものでw。
GR DIGITAL IIIにて。
15

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ