2012/8/21

写真は真実を写すのか  デジタルカメラ
写真は「真実を写す」から写真というのだといいます。
でも、写真は本当に真実を写すのでしょうか。
デジタル写真になってからはレタッチができてしまうから真実を写すものではないという意見もあります。
でも、フィルムだってレタッチはできたし、撮影時の多重露光や複数のネガから作った合成プリントなどができました。
つまり、真実じゃない写真を作ろうと思えば、今も昔もできたわけです。

では、やっぱり写真は真実を写さないのでしょうか。
みなさんはどう思われますか。
私は、フィルムや撮像素子に当たる光にはウソはないのだと思っています。
それをどう取り扱うか。撮影者の気持ちひとつだと思うのです。
そしてもっといえば、どんな写真であれ、それが撮影者の気持ちを現しているものなら、それが真実なのではという気もします。

たとえば、ライティングをしないで撮った被写体と、それをキチッとライティングして撮った写真とでは、写っている被写体の見え方は違うし、美しさも違うでしょう。
カタログなどに見る商品だってすごくかっこよく、高級感があるように写っています。ある意味、実物以上に素敵に写っている写真がいっぱいあります。
でも、実物を撮っている以上、それも真実なのではないでしょうか。
こういう光の中で見れば、こう見えるのだという真実。

でも、撮ったものを、まるで絵を描くようにレタッチしてしまったら、これはもう真実とはいえないかもしれませんね。
結局のところ、撮ったものは真実、それをどうレタッチするかで真実でなくなるかどうかが決まるのかもしれません。
世の中だって、なにが真実で、なにが真実でないのかはっきりと分からない時代ですから。写真だって真実と真実でないものが入り交じっていても不思議ではありません。

ですから、写真は真実が写るということに対して、本当にそうなのか私には自信がありません。
でも、真実を写したいと思って、シャッターを切っています。
私が眼にしている今をありのままに写したいと思っています。
自分自身でそう思って写真を撮っていれば、それでいいかなと思っている今日この頃です。

真実が写っていればいいというものではないと思います。
でも、やっぱり「写真」というからには、真実を写したいという気持ちはありますよね。
さて、みなさんの写真は真実が写っていますか。

クリックすると元のサイズで表示します
D7000にて。
本日はニコンカレッジのスナップ講座でした。
せっかくカメラを持ってきたのに、講座では何も撮らなかったので、もったいないなと思って、帰りにお台場まで寄り道してきました。
夜空にゆっくりと流れる雲が素敵で、30秒の露光で雲の動きを撮ってみました。
この写真だって、肉眼で見ている雲とは違います。
ホワイトバランスも印象的になるように変更して撮っています。
そういう意味では真実の写真ではないと言われるかもしれません。

でも、これが私がみた、素敵なお台場の夜景。
東京タワーとスカイツリーが一緒に見える景色。
私がこの光景を観て、空と雲、穏やかな水面がキレイ、東京って素敵と思った景色なのです。
だから、私に撮っては真実が写った写真だと思っているのです。
私にはそう見えたのだから、それでいいんじゃないかな。

31

2012/8/16

高機能コンパクトは楽しい  デジタルカメラ
いわゆる高機能コンパクトと呼ばれるジャンルのカメラがあります。
ボディサイズはコンパクトだけど、一眼レフカメラなどにもひけを取らない操作性と楽しさを持つカメラです。
一眼レフやミラーレスカメラを出している各メーカーも大抵はこのクラスのカメラを1台ラインアップしています。

そんな高機能コンパクト(値段が高いという意味では高級コンパクトw)の存在意義というのは、「レンズ交換式カメラを持っていくのはちょっと荷物になっていやだなあ。でも、もしかしたら素敵な写真を撮りたいと思うシーンがあるかもなぁ」という、とっても狭いニーズを満たしてくれるものなのです。

以前は、「一眼レフが重たければコンパクトデジカメを」というのが流れでしたけど、今は「それならスマホで撮ればいいか」という選択肢が幅をきかせて、コンパクトデジカメの活躍の場がめっきり少なくなってしまいました。
確かに、最近のスマホは本当にキレイに写ります。
ちょっとした記念写真ならスマホで十分。これも事実ですね。

でも、スマホで写真をいっぱい撮りたいか?と聞かれると、ちょっと微妙ですね。少なくとも写真を撮る楽しさというのはあまりないように思います。(まあ、もともとが電話機ですからねw)

で、高機能コンパクトの出番となるわけです。
普通のコンパクトデジカメとは違って、色モードを変えたり、絞りやシャッター、ISO感度などをいじりながら、自分のイメージに合った写真に仕上げる。
これができるのが高機能コンパクトです。
もちろん、一眼レフカメラやミラーレスなどのレンズ交換式カメラほどの自由度はありません。でも、手軽さはあります。

とってもピンポイントな使い方において、最大限の効果と楽しさを感じさせてくれるカメラなんですね(笑)。
でも、使ってみるとやっぱり楽しい。
そして撮れる写真もやっぱりスマホとは違って、パソコンで拡大して見ても十分に高画質を感じることができます。ということは、大判プリントだってOKということ。RAW+JPEG記録だってできます。

一眼レフやミラーレスを持ちながら、それが荷物になるときはスマホで、という人は高機能コンパクトという選択肢を増やしてみてはいかがですか。
楽しさ倍増間違いなしですw

クリックすると元のサイズで表示します
まもなく発売となるLUMIX LX7
24〜90mm相当という画角をカバーするズームレンズは、ワイド端でF1.4、テレ端でもF2.3という明るさ。
やっぱり明るいレンズというのはいいですね。
同じISO感度なら速いシャッタースピードが使えるし。
明るいだけじゃなくて、描写性能も非常に高いレンズです。
レンズ交換式のGシリーズのレンズにも採用されるナノサーフェスコーティングも採用されていて、パナソニックの力の入りようを感じます。
搭載されるレンズの名称も「LEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズ」ってめちゃくちゃすごいし。VARIO-SUMMILUXなんて、本家ライカじゃあり得ないですからね(笑)。

でも、はっきりいって、1/1.7型のセンサーでは、それほど大きなボケは期待できません。被写体にグッと近づいて撮れば背景は大きくぼけてくれますが、普通のスナップではそれほど大きなボケにはなりません。まあ、これは仕方のないこと。

楽しいのはGシリーズ譲りというか、それを凌ぐほどのクリエイティブコントロールモードを搭載している点。
モードを選ぶだけで、被写体に応じたいろんなバリエーションの写真が撮れます。
上の写真は、クリエイティブコントロールの「ローキー」で撮ったものです。
ハイキーとローキーは結構好きで、よく使います。

また、内蔵するNDフィルターをボタンひとつでオンオフできたり、絞りリングで絞り値を変えたりと、操作性もずいぶんと良くなっています。
ただし、残念なのがタッチパネル液晶を採用していない点ですね。
レンズ交換式のGシリーズは、あのタッチパネル液晶が最高に便利で、
あれほどピント合わせをしやすいカメラはないと感じさせてくれているだけにLX7でもぜひ搭載して欲しかったんですけどねぇ。とっても残念。残念すぎるw
あと、欲を言えば、もう少し絞りリングのフィーリングとかにもこだわって欲しかった。絞りリングを回すだけでワクワクするようなフィーリングが欲しかったなあ。

まあ、レンズ交換式カメラのようにはいかないというのも事実。
でも、スマホにはない撮影する楽しさと高画質を堪能できるものまた事実。
(普通のコンパクトデジカメもこれくらい頑張ってくれないと、スマホに負けちゃいますよ〜)

いろんな意味で、高機能コンパクト、大好きです。

15
タグ: LX7 LUMIX SUMMILUX

2012/8/7

写真を撮るって素敵なこと  デジタルカメラ
知り合いの写真を撮らせていただく機会があります。
その人の人生の節目となるイベントに写真を撮らせていただくということ。
とっても光栄なことです。

仕事として写真を撮っていますが、仕事とまったく関わりのないところで撮らせていただく写真もあります。
そんなときの方がむしろ写真を撮ることの意義を感じたりするものです。
そしてその写真を観たご本人が喜んでくれることが何よりも充実した瞬間だったりします。

仕事の撮影では失敗は許されません。
でも、仕事じゃなくてもその人の人生の一瞬を撮るという写真では失敗は許されません。
大変なことではあるけれど、いろいろな人の人生に写真という形で関わっていける幸せを感じられる行為。

一瞬一瞬を写し止めて、未来へと残していけるのが写真というもの。
写真を撮る瞬間はいつも今。
でも、撮った写真はすべて過去を写し止めたものです。
だからこそ、写真を撮るって素敵なことなんだと思うのです。

クリックすると元のサイズで表示します
東京で知り合い、一緒に作品撮りをしていたヘアメイクさんが地元の静岡に帰ってしまいました。
地元でヘアサロンを開きたいと言っていたのですが、その夢が叶い、つい先日お店をオープンしました。
地元に戻るときに、「お店をオープンするときにはお祝いに写真を撮りに行きますね」と約束していたので、その約束を果たすために静岡県の浜松まで行ってきました。
お店の外観や内装、スタッフの方々の写真を撮らせてもらい、そして撮影のあとはお食事をご馳走になり。
こういうお付き合いができるのも、写真という素敵なツールがあったからこそでしょう。
ありがとう、写真。

【祝・開店!!】
hair &make Pique



18


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ