2013/6/29

渋滞中のクルマから見える景色  デジタルカメラ
渋滞しているからこそ楽しめる景色もあるのかもしれません。
わざわざ遠くに撮影に行くだけが写真の楽しみではなないのかもしれません。
目の前にある景色、今という時間を楽しむのも写真の喜びかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
開かずの踏切にはまり、梅雨の夜を感じながらシャッターを押してみました。
今という一瞬が写真というショートストーリーになるのだろうか、などと考えながら。。。

(運転席からですが、ギヤをPに入れて、サイドブレーキも掛けて撮っています。)
ソニー RX1にて。
9

2013/6/15

レンズ一体型カメラの優位性  デジタルカメラ
レンズ一体型カメラはレンズとセンサー、画像処理エンジンをすべて一貫して設計することができます。
つまりその組み合わせで最大限の性能を発揮するように作れると言うこと。

一方、レンズ交換式カメラというのはさまざまなレンズを装着することを前提にカメラを設計します。

この違いこそがレンズ一体型カメラの最大の優位性となる高画質を生み出すことができるのです。
そしてカメラメーカーもそれを活かすために、より高画質化を図りやすい単焦点レンズを採用したりしています。
特に解像力ということに関してはかなり力を入れています。
ってことは、一眼レフカメラやミラーレスカメラよりも高画質だってことです。
もちろん、センサーサイズや画素数、画像処理技術などの要因も入ってくるから、一概にすべてのレンズ一体型カメラがレンズ交換式カメラよりも高画質だとは言えないのだけれど。

どちらにせよ、「高画質な写真を撮りたいからレンズ交換式」という単純な図式は今は当てはまらないってことですね。

クリックすると元のサイズで表示します
シグマ DP1 Merrillで撮った何気ないモニュメントバレーのスナップ。

クリックすると元のサイズで表示します
この写真を100%表示で見てみたら、こんなにいっぱいのクルマと人が写ってました。
人の数も数えられるほど(笑)。
(画面の中央部付近を拡大しています)




クリックすると元のサイズで表示します
夕暮れ時の信濃川。
GRで撮りました。
GRはなんともいえないいい雰囲気を写真に記録してくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり100%表示で見てみたら。
水草の一本一本がこんなにもはっきりクッキリ。すごい・・・。
(画面の中央部付近を拡大しています)


いやー、これはキヤノンさんもニコンさんもおちおちしていられないですね〜(笑)。
もちろん、レンズ交換式のミラーレスカメラを作っているメーカーさんも。
それほど今のレンズ一体型カメラは凄いです。
レンズ一体型カメラだけを5-6台持って、旅に出たいですね。

ただし!レンズ交換できないという不便さはつきまといます。
逆に言えば、レンズ交換できることこそがレンズ交換式カメラの最大の優位性。(当たり前ですがw)
だから、レンズ交換式カメラはレンズ交換して使うものなんですよ、というのが結論ですかね。
9
タグ: DP1 GR

2013/6/11

いつもと違うアメリカ  デジタルカメラ
久しぶりのブログ更新です。
最近はTwitterやFacebookに思いのままを書くことが多く、ついついブログがお留守になってしまいました。ごめんなさい。

さて、5月末にアメリカに行ってきました。
私が行くアメリカといえばN.Yが圧倒的に多いのですが、今回はちょっと気分を変えてアリゾナを中心に撮ってきました。
N.Yとの一番の違いは、街と人を撮るというよりは自然風景の撮影がメインとなってしまうこと。
街はありますが、とても小さく、そして人の数もとっても少ないです。

移動はレンタカーで毎日数百km移動します。
数百km先の夜明けを撮るために夜中の24時にホテルを出発したりします。
まるで風景写真家みたい(笑)。
でも、やっぱり自分らしさを出したいためにいろいろと工夫します。


クリックすると元のサイズで表示します
前回、ここモニュメントバレーに来たときに、しっかりと撮ってみたいと思っていた朽ち木。
朽ち木たちの肖像写真を撮るつもりでクリップオンストロボをカメラから離して発光させました。
ストロボを使うと背景を落とすことができるので、アリゾナの空も良い感じに写ってくれます。


クリックすると元のサイズで表示します
こちらもクリップオンストロボ使用。
撮影したカメラはパナソニックのGH3ですが、
このカメラ、ようやっとクリップオンストロボのワイヤレス発光をコントロールできるようになったので、こんな撮影にも使えるようになりました。
本当は大型ストロボでやりたいところですが、海外まで持って行くのは大変なのでクリップオンでがんばります。


クリックすると元のサイズで表示します
カッコいい踏切を見つけたので、クルマを停めて撮影。
やっぱりストロボで日中シンクロです。


クリックすると元のサイズで表示します
道路標識もストロボで!
反射物を見つけるとどうしてもストロボを当てたくなりますw
クリップオンストロボでも結構楽しめるものです。
やっぱりカメラバッグにはクリップオンストロボの1-2台は常備しておきたいですね。
(ちなみに今回は1台のみ。2台持ってくれば良かったなあとちょっと後悔。2台あればもっと色々できたのに〜。)


アリゾナらしい自然風景もいっぱい撮ってきたのですが、今回は自分らしくストロボ使用の写真を中心に旅のご報告でした。
【写真はすべてGH3で撮影したものです。】
5
タグ: GH3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ