オーライ、すべてパートタイム!  








次第に歪んでゆく感覚のそれぞれに名前をつけて慈しみながら落ちてゆく速度をすべて脳髄の襞に書きとめだから狂ってないとかだから壊れてないとか正気じゃないだけだとか
酷い自己顕示欲に満ちた敗北宣言をそれとなくテーブルの隅の汚れにまぎれて残す、そうしたことで何が満足出来るわけでもないけれど少なくとも無様には負けなかったということを証明した気分にはなる―あがいた死体は評価されるなんて万一死んじまったら何の意味も無い美意識なのにね
無傷の頭蓋骨、それなのにそれなのに、脳漿は少し分離してしまった気がする、存在意義を無くしたプランクトンみたいに、体液のプールではぐれてしまったように、ああ、俺の記憶中枢、懐かしいグレイのノイズの中で顔の落ちた愛を読ませたりなんかしないで、部屋の天井に向かって、溺死気味の俺の泡、あぶく、ぶくぶく
ふらり、と遊園地のアトラクションにでも乗っているかのように座ったままの足元が大きく無軌道に揺らぐ、あーあー、迷い始めたんだ、もうどこにも帰れないんだ、はぐれた俺の脳漿、認識出来ない大切な愛情
孤独にさあ、詩なんてカテゴリーでどんなに気取ったフレーズをなぞってみたところで背中に忍び寄り音も無くへばりつく絶対的な暗闇に緩和なんか期待出来やしないよ、俺たちは言葉の風俗でひとときの快楽を買っているに過ぎないんだ、そうは思わないかい、ええ、背負い過ぎた詩人たち
敗北さ、そりゃそうさ、決まってるじゃねえか、心からの救済なんてそんな、一、二時間で終わるピュアネスに真理なんかわざわざ立ち寄ってくれやしないよ
何のために探しあぐねて居たんだ、そんな風に考えることはないかい―見つけられないものにロマンチックな名前なんか付けてさあ?夢はきっと叶う、そんなさ、五十年代の口説き文句だぜ、そんなこと言ってるやつは結局ベッドから出てくることは出来ないってもんさ―甘いお菓子にだって塩は混ざっているんだよ
言ってること判るかい、甘さや、優しさや、厳しさや、激しさだけじゃ何にもならないって話だよ
おお、俺、鏡に向かって独りでくっちゃべってた、まだまだ大丈夫だと思っていたのに、ボーダーラインはとっくに後ろに行っちまっていたよ…しょうがねえ、笑うんだ、そういう時は、笑うかどにはなんとやらってね
確か昨日は詩人だった、そういう気分だった、パート・タイムに過ぎないけれどもさ(気持ちが一番大事だなんてそんな戯言には俺は耳を貸さない、成功出来ないやつはただの趣味人さ)ところが今日はどうだ、狂人だ、ハッハ!こいつは素敵じゃないか、なんて詩的な光景だろう!
最高じゃないか、飛び降り自殺みたいなものさ、派手で、痛烈で、しかも迷惑な話だ、百円ショップで買った磨かれた文明の前で俺はまさにそいつを眼にしていた、あ、脳漿ってやつだな、だから脳漿なんだ、なるほどなるほど
飛び散った!そうだよ、まずい!
どこいった、俺を繋ぎとめる部品、俺をこの世に繋ぎとめる大切なメモリー、回路、配線図、プラグ、接続、どれをどこに、どこをどれに…説明書を探せ、あれはどこへやった?ずいぶん昔に捨てちまったような気がする、もう要らないって思ってさ
捨てるんじゃなかったなぁって今更後悔したってもう遅いじゃないか、小さな鏡の前で俺は笑い続けた、鏡は次第にぐんにゃりとして―


それで、まあ、次の朝には目覚ましの音で目を覚ますってんだから…





そんな、なあ、分かんないよなぁ?







0

Big town, small hands.  









なんとも酷い調子で泣いてる赤子と
逆上せ上がった野良猫の鳴き声が語ろうとする丑三つ
ピンポン球がぺこぺこ跳ねて
無軌道に騒ぐ天井と自分までの間

I,W,ハーパーが横文字で笑いながらぐちゃぐちゃにかき回した視界
『なんだっつうんだよ』アンチ・ヒーローがセブンスターの空箱をくしゃっとやって
摩天楼の暗闇に毒づいて見せた
ああ、『カット!!』で終わる長い苦悩の恨めしや
舌打ちしたら口の端から涎が落ちた

あぁ、なんつうんだ、こういうの、不貞腐れとか自暴自棄とか
せめてもハイカラに呼ぶように努めてあげたい
洗ってない髪はヒジキのようにごわついて
流しの水を浴びせたが寝苦しい夏はそこまで来ていた

案の定、あんじょうやり損ねて
汚染済みの河のように妙な空気がボコボコ泡立つ
石つぶてで壊したなぁヘドロの河
あれから何年経ったのだろうか
想い出に潜り込んだら酔いが酷くなった

繋ぎの甘い天井見てたら
懐かしい娘の顔浮かぶ
ありゃあ初恋だった
確か転校生だった
滅多やたらに好きだと言いたい子供だったなぁ
言わなきゃ良かったなんてことばかり
記憶の底で膿んでくもんだなぁ
ねんねんころり子守唄
謡ったあの人もう遠く
まぶたを閉じていきました

クロス・ロードで何とか
ミシシッピのほとりで何とか
ニワカ仕込みのアメリカ並べて弦を弾いているうちに
故郷の住所を忘れてしまった
どっちにせよもう何にも無いけど
いつのまにやら綺麗になってた
寝床がなんだか懐かしいなぁ

不思議と今でも嫌いになれないあの曲のバッキング、デデッ
俺はとっくにあそこを過ぎてきちまった
足りなかろうが拙かろうが
今はとにかく眠るしかない
早い宿酔いさらに注いで
昨日の扉を蹴り飛ばす
さよなら、ジャージー、カリフォルニア、明日の歌を唄います
米の飯でもヘイベイビー
誰かがたぶん

無駄じゃないって



おひねり
投げてくれるからさぁ









0

Bond  








今夜はそんなに穏やかな気分じゃないんだ
だから洋服のまま激しくやりたい
嫌がってるとこ恐縮だけれど汚れることなど気にせずに
シーツだろうがソファーだろうが眉をひそめる感じになるまで
俺はこんなだけど
滅茶苦茶になることだけは上手いんだ
伝達方法を選べない子供は
狂ったように癇癪を起こすだろう?
だから今夜はぶちまけても構わないか
神経質な決め事を全部取っ払って
100%
片付くようにやっても構わないか?
おいでよ、俺の天使
俺のために
窮屈な垣根を越えて来て欲しい
お前が今夜汚れてくれれば、俺は現実になれる気がする
お前だけは、俺の声を聴いて欲しい
お前だけは
俺の願いを叶えて欲しい
滅茶苦茶になった俺を
受け止めて微笑んで欲しいのさ
日常の中で殺したものを
お前の懐で浄化して欲しい
俺は弱虫じゃない、だけど
このままじゃそんな風に
隠れるための暗がりを見つけなければならない
どれほど時が過ぎた
どれほど
季節は俺を素通りして行ったんだ
失ったことすら忘れるような
そんな人間になんかなりたくは無かった
泣言じゃない
滅茶苦茶になりたいだけなんだ
判ってくれなくていい
受け止めてくれれば
それだけで構わない
言葉でなんて
何もしてくれなくていい
ただ受け止めて
ただ受け止めて、最後に
俺の手を取って
すべて終わったというようにそっと諭してくれれば
俺は負けて
許されることが出来る
長い夜に耐えられない
操作される前に
自分でおかしくなって
そうさ、ショットガンで脳天を撃ち抜くように
今夜はきっと
運命がどこかで手ぐすねを引いているんだ
俺は
願っているんだ
願っている
正気のあるうちに
言葉にするとすれば


そんなことぐらいしか
言えや

しないのさ









0




AutoPage最新お知らせ