2006/6/26

夏のぬけがら  






乱雑な感触で結ばれた
俺とお前の違えた手首
眩暈の寸断に隠れた
太陽を睨みつけていた
飢えと渇きに
喉を涸らしながら
光に焼けてゆく虫を見て
綺麗だとお前は笑っていた
俺たちはまっとうじゃない
くず折れる日向に漏れる
影のコントラストのように明白だった
今年最初の蝉が鳴き始めた、その瞬間に
夏の心臓には風穴が空くんだ
そこから漏れる血を
そこから零れる血を
さも重要な意味のように俺たちは受け止めて
苦行は真実だと小者のように嘯こう
妄想上の初恋の女の子が
この上なく淫猥な言葉を吐いた、ひどく壊れた声帯で
それだけで
俺は少し救われることが出来たんだ
お前の息遣いが聞こえる
乱雑な感触で結ばれた
俺とお前の違えた手首
鬱血した色彩がこっそり呟く声が聞きたかった
蝉が増えてゆく、ばら撒かれるみたいに
奴らの羽は疎ましいくらい太陽を反射して
視界はまるでヴェネティアン・グラスだ
網膜で跳ねる夢
近すぎて
それが何なのかは判らない
突風の中で
愛を唄うような六月、俺たちは渇いて
ちっともまっとうじゃなかったけれど
焼けてゆく虫を綺麗だと
黒い塵になる、昨日までの羽虫の
名残を綺麗だと感じて笑っていた
最後の汗の後、お前はハミングをした




そして








0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ