Elegie  







零れたまま、冷えて
テーブルで壊死したいつかのディナー、指でなぞると
思い出の腫瘍のような凝固が
声ならぬ声を呟く


すべては陽炎のようだ、カーテンを閉ざして
網膜のスクリーンを流れるサイレント
どんな現実よりも確かに
そこに居る生身のお前


心臓にナイフを突き立て、記憶をもぎ取ろうと思った、鼓動のたびに疼く思いは
なおも
新しい死を産む
そんなに難しい話じゃなかった
亀裂を
より深い底まで広げてしまうことは


早い朝がカーテンの隙間から
俺の消耗を窺っている
視線が疎ましく感じないのは
それがあまりにも圧倒的なせい


マイナス二度の湖の深く、そうと知らずに凍えてゆくような
そんな質感が絶えず浮遊してる
湿度の高い昨日までに
いくつの感情がふやけたのだろう


記憶など何も信じてはいけない、それはジェル状の拘束具のようなもので
どこまでも器用に伸びてくる…もしもその気になれば
呼吸を奪うことだって出来るに違いない


アスピリンに名前をつけた、去年死んだ犬の名前、慈しむように呼んで、水と共に飲み下した
胃壁が疲労していて、もう何も受け付けない
ビスケットを手に取ると、コマ送りのように砕けて灰になった
それでもまだ生きているかけらを指先で潰した、爆心部のように
白い粉が不確実な円を描く


ヴァーチャルなお前に
思いを残すことは
死体愛好家の
先天的な欲望にも似て
眼を潰そうか、鼻を削ごうか
糞の役にも立たなかった
唇を裂いてしまおうか
もしか囁いてくれるのなら、耳だけは
残しておくよ


俺のスタンスは先天的に傍観だった、瞬間的に自分に深く入る術が無い


眠りを求めて、身体が横になる





今度夢を見るときには
我儘が通るようにしてもらおう









0

ブルーダスト  




暗い部屋
苦い果実の夜、音律を
破壊し尽くしたジャズ



二等星から伸びた刃が
しどけない俺の
感情の中枢を貫く、リ、リリン
硝子の風鈴が欠ける様な
そんな欠落



お前の元に届けて
憐憫を請おうか




狙う様な星の砂
俺はいつだって
あんな秘め事が
欲しくて仕方なかった



ミュートしたアルト、俺の絶望的衝動を
僅か数ミリ
なまめかしい方へと
振り抜いて原色を撒く




謳歌する詩情の、ライムの様なバスドラム、あの残響を切り貼りして鼓動に添わせたい
たっぷりと血を含んだ
瞬間のスタッカート、触れたら




とめどなく涙が零れた




この世には
ごく稀に
蘇生と
名付けられる
哀しみがあって



千切られた無数の
ただの五線譜に埋もれて
死ぬことの出来ない
言葉を探した



愛と唄えないがために
夜が永遠の様に長い



墓石の前で
勇気を知る様に
肉塊の臭いで
魂を知る様に
血液に擦り込む
死ぬことの出来ない言葉



伸ばした指先は
美しい恒星の
外郭の温度で
醜く焼けただれた



死んだ組織を削ぎ落としながら、俺はもう
叫び声を
あげたりなんかしない
そんなもので、許される季節は




微笑ましい気概の向こうで
樹氷の様に凍てついていた




さようならと言うには
欲が深過ぎた
引金を引くには
勝機を狙い過ぎた
これ以上無い
オールオーバーのオーバーチュア、悪足掻きの
数を数えろ




耳打ちしなけりゃならない時が
きっと






じきにやってくるぜ








0

午前零時の流動  








グロスの様に時間が歪むのを見た、午前零時のなだらかな幻覚
本物の狂気の前には錠剤など無意味だ
フォルダの移動の様に僕は浮世から隔離され
緩慢とした境界の向こうで斜めに滴り落ちる夢を見る
音が、音が水の中に居るみたいに、ほとんどのものの回転を遅くして
何が善意で何が悪意なのか、もう
読み取ることなんて到底出来っこない
何よりも一番問題なのは、帰って来たいとかここは恐ろしいとか
僕がちっとも感じていないことで
ああ、それならそれで
そんな風に認識していることだ
それならそれで
いつでもそうだった、どんなに失ってはいけない時でさえ
ああ、それならそれで
それは痛みを緩和する響きを持っているのだ、だから何度もすがってしまった
その結果がこの緩慢とした強固な境界線だ、いや、果たしてこれはそもそも
線なんて名詞で呼べるのかどうかさえ怪しいとしたもんだ
何かこれに名前をつけよう、言葉にするにあたって―もっと視覚的に一般的に語りかけることの何か―
悩みまくった挙句、『よくある異次元』、そんな名前をつけてみたんだけど
それは確かに一般的には至極的確な表現に違いない、だけど
僕の中には何のリアリティも生み出さなかったんだ、と
僕はまた浮世の枠の中に居た、朝の整髪用ジェルに
ほんの少し昨夜の境界線が認められただけだった
髪につけた
寝癖を直した


でも生きてる







0




AutoPage最新お知らせ