湿度の高い夜に死んだ猫の爪が昂ぶりの口火を切る  






湿度の高い夜に死んだ猫、そいつの鳴声が隣で聞こえる暮れ方
茜は誰かの血を含んだような官能を忍ばせてゆっくりと夜を呼び込もうとしている
小さな木屑の刺さった手首が結末の様に痛い
あなた、あなたとキャンディなガールがテレビで歌っている―それはラブソングの体裁を取っているが
ラブソングと呼べるような要素はどこにも無い
あなた、あなたと俺は彼女を真似て呟いてみたが、本気にも冗談にもならない代物だった
どこかに大穴が開いてる気がする、部屋のドアを潜ったとき、吹くはずの無い風が吹きぬけた
風はきっと奪うために吹き続けるものだ―俺はそのことを誰よりも良く知っている
風の中に答えなど無い、フォーク・ソングとしちゃ秀逸なセンテンスだと言わざるを得ないけど、まあ
ディランの悪口を言う資格なんて俺には無いんだけれどもね、だけど
みんな何かを見下しながら生きているものさ…それを証明出来るやつだけが眺めのいい場所へ行くことが出来るんだろう
俺は上とか下とかもうどうでも良くなって、ただただ何かまっとうなものを追いかけたくなったんだ
それは大変なことだよ、それは大変なことなんだ、誰かが何かを決めるようなことではないから、足跡が残るようなものではないから
言葉をかければ答えが返ってくるような、そんな、判りやすいもんじゃないからさ
疑問符を並べるのは止めた、疑問符を並べるのは止めたよ、何も無い、何も無い…この世には何も無いんだ
まぼろしの塗り絵に色をつけ続けるだけの試みさ、塗りつぶした後には手首は今よりも激しく痛むだろう
どんな風が吹いているんだい、こんな湿度の高い夜には、死んだ猫の鳴声が俺をどこかに連れて行きそうなそんな予感がする
あいつはどんな気分で骨に変わっていくんだろうか、すでに集まり始めた様々な虫がやり残した事柄の様に小波を起こす
あいつが骨になるのをずっと見つめていたいと願いながらそれでも俺は腰を上げようとしない
出来ることの中からやることを選ばなければならないのだ、それに、見つめてしまったら、俺はあいつをきっと忘れられなくなるだろう
おお、骨になる、骨になるお前の滑らかな曲線、真夏に固く凍りついたお前にはもはや内臓は感じられない
お前の代わりに俺はこの人生を歩こう、アスファルトの上で死んだ小さな命の代わりに、そんな人生の意味を
吊り天井の様な夜に蝿の様に弾かれる意義や、引き裂かれる様に消える炎をきっと
後生大事に再生し続けて、いつかお前の様に死ぬときに、俺の言葉そんな風に誰かを誘うことが出来たら…俺は自分を誇りながら火葬場の扉を潜るだろう
時々俺はすべてを無くしたようなそんな気分になるけれど、そんな気分のときほどいろいろなものがクリアに…クリアにこめかみをくすぐってくれるんだ
ごらんよ、俺は空っぽだ、頭の天辺から足の先まで見事なまでに、だけど、だけど
いつの間にか溢れ出すものにどうしてこんなにも突き動かされてしまうのだろう、それは気恥ずかしいけれど憑きもの落としの様に俺の真相を調律してくれる
今、今あんたもそれを見ているんだぜ、俺を昂ぶらせる気狂いじみた旋律の軌跡が今あんたが目にしているものさ、これは馬鹿げたものに見えるかい、取るに足らない、何の価値も無いものに見えるかい
だけどまっとうって本当は全部そんなものなんだぜ…人生の真理なんて人が一人ずつ持っているものだ
好きなように取ってくれ、好きなように振り回してくれ、俺はただ吐き出すだけさ、俺が吐き出したもの
気に入ったんなら持っていっておくれ、気に入らないのなら―ごみ箱に放り込むか無視してくれて構わない…言葉は


吐き出されるだけで完結するものさ










0

クラウディ・ボート  歌詞








吐いた息には リアルが無かった はらはら軽くて ふらふら落ちて
網戸に集まる 虫ども眺めて 雨を聞いてた 喰われた夜更け

覇気が無く 邪気も無く 無様に割れた卵の殻
喪失の リフレイン もはや数える気もしない

揺れて軋んで クラウディ・ボート 亡命気分は転覆寸前


何が欠けてる 何が落ちてる あたりを探して 探し疲れて
時は逃げない 抜け落ちるだけ 俺のヒューマン 過度の欠陥

自転する 土地の上 のたうちながら夢を見た
陰鬱な メモリアル 捨てた数だけ色を増す

割れて砕けて クラウディ・ボート 夜のまにまに涙流れて


ほどかれた真夜中 デジタルの白紙に 届かない言葉をいくつ並べた
俺はそうじゃない 俺は死んでない 断言ほどに戯言に思えた
指は朽ち果てて 夜は深くなり 魂はしわがれた皮になった
叫ぶほど深く 黙るほど遠く 引っかき傷ばかりの四方の壁
沈没のメロディーが聞こえる 俺はすべて間違っていたのか
壊れたコンパス握り締め 回らない舵を叩き壊して
凪の空想の海面 窒息の予感だけがリアルに


裂けて沈んで クラウディ・ボート 俺は流れてそっと廃れる









0

時々何の理由も無く弄ばれてしまう  








自戒的な項目を幾つか、カラの皿の上に並べて、はたしてそれは幻想の様なものかと自問してみたんだ
白い皿は、蛍光灯の光を弾いてわずかに蒼く、色褪せた天井の一角にまで反射を提示する
ハードディスクの通電の軋みと、窓の外死んだ水田に潜む虫たちの鳴声のシンクロ
取るに足らない共鳴を掴みたいなら、突拍子も無い時間に何かをしようと思案するのが一番さ
夕食の後からこっち、軽い吐気が喉の奥にあって…きっと何もかも急ぎすぎて掻き込んだせいなんだけど
横になって身体を休めたら駄目になりそうな気持ち、俺にちょっと興味のある誰かなら判ってもらえるかなぁ
下手に形を整えた爪で胃壁が掻き毟られてるみたい、跳ね飛ばされた猫の死体が詰まった排水溝の様にある一点で塞き止められている
そういう時の内臓は、俺の知る限り一番活発に活動するよ、耳がごわんとなって、時々何もかも聞こえなくなる
秒を分割したようなわずかの間、それはまるで扉の向こうへ足を踏み入れたような感覚さ、でも
すっかり行っちまったらきっと戻ってこられないようなところなんだろうな
そういえば夕食の途中でさ、一匹の小さな蛾がスープの中に飛び込んできたんだ、葱の根元の様な白い羽根の蛾だった
あれはきっとスープの熱のせいだ…蛾は驚くほどあっけなく動かなくなった、俺、ひどく腹ペコだったから
そいつの身体をスープから外してそのまま夕食を続けたんだ、もしも俺が詩人と呼べる程度の繊細さを持ち合わせているとしたなら
生きてるうちに救い上げてやれなかったものかなんて考えがこんなに胃袋を締め付けているのかもな―冗談にしても少しも気が利いてないや
さっき便所に行ってきたんだ、便座をおろしてしばらく突っ伏していた、(もう駄目だ)と、覚悟を決めたが
不思議とそのまま吐気は引っ込んだよ―なんて、少し休みながら続きをそんな風に綴ろうとしていたら
ぎゅーっと、本当に腹部を何かに掴まれたみたいに―詳細は割愛するけどとにかく酷いものだった
そんなことの後だからこの詩もこの辺で切らざるを得ない、本当はもっと長いものを考えていたからとっても残念だけど


ああいうときは鼻を摘んだほうがいいって判ってるのにいっつも忘れちまうんだよな










0




AutoPage最新お知らせ