Sound and Vision  










音が聞こえたんだ
音が
ああ、そいつは本当にものすごい音だったよ、憤まんやるかたなしといったような―何かに例えるとすればそんな音だった
俺は本当に驚いてさ、だってそんな音が
だってそんな音が自分の中から聞こえてくるなんて考えた事もなかったもの
俺は反射的にシャツを脱いで、上半身を姿見に映してみたんだ―どこからその音がしたのか突き止めなければいけないという切迫感に駆られて…そう、あれはまさしく切迫感と呼べるようなものだったぜ!!この俺の日常においてそれは途方もなく異様な現象だった
それなりにケアしているこの肉体を俺は眺め回した、特に顎の辺りから鎖骨にかけて―なかなか気にかけることのない辺りだね、その辺を中心にして
だけど、その音が聞こえたのがいったいどこからなのかまったく見当をつけることが出来なかった、俺は鏡に向かってイラついた表情を作ってみた―それが本当の感情なのかどうか知りたくてね、だけど、知ろうとすればするほどそれは嘘っぽいものになって
ああだ耕だと眉を動かしているうちに当初の目的を忘れそうになったので表情筋の具現化の整合性についてそれ以上考える事はやめにしたんだ

さて、いったい俺のこの体内でぶっ飛んだ表現を成しえたものはどこに潜んでいるのだろうかと俺はじっくりと考えた―シャツをきちんと着て
考えれば考えるほどそれは判らなくなった、こんな話があるんだ―とある大学である教授が認識だかなんだかの講義をしていたら一人の学生が乱入し教授の胸に何か尖ったものを突き立てた、何人かの女生徒が悲鳴を上げた、男子生徒も硬直した、ところが―
教授から離れた男が手にしていたのはバナナだったっていうんだね
教授はこの一件について生徒のアンケートを集めてみるとなんとたくさんの生徒が、「バナナではなくナイフに見えた」と書いていたというんだね―教授の目論みは見事に成功したってわけだ―ええと、それで俺が何を言いたいのかというとだね、喉もと過ぎれば熱さ忘れるってやつで―俺にはもうさっき聞いた音について事細かに説明する事がすでに出来なくなりつつある、さっきなにかにほんの一瞬気をとられたせいで―それが何かももう思い出せやしないっていうのに―あっという間にその音についての明確な感触を忘れてしまったというわけなんだ、具体性を持たせようとして曖昧にしてしまった、こいつはなんて失敗なんだ
いや
まだ失敗というには早い―だって俺は音そのもののことは忘れてしまったけれど切迫感についてはまだはっきりと覚えているんだから
事故を起こしそうになったことってあるかい?俺は起こしたこともあるけれど―ともかくそういう一瞬が呼び起こすみたいなショックさ、色彩がホワイトアウト気味になって、動悸が早鐘のようになる、一時期流行ったジャングル・ビートみたいに―あのショックに本能的な不安を加えたもの、そんな感触なんだ、つい今しがた俺の身体を閃光のように駆け抜けた音が残した切迫感というものは
もう出ていっちまったかもしれない、俺がそいつに追いつけないだろうことをすぐに察して―凡庸の地平に俺のことを置き去りにしていっちまったかもしれない、閃光は俺の脳天辺りを穿孔して、蛍と一緒に黄泉の国を目指して行ったのかも、途端、俺の切迫感は恐怖に近い様相を呈してくる―もしかしてあれは、もしかしてあれは、決して逃がしてはいけないものだったのではないのか?あいつが穴を開けて出て行く前に、俺は身体を硬くして、あの切迫感を体内に閉じ込めなければいけなかったのではないのだろうか―もしもあれが生まれてこのかた、孕み育んできたひとつの根拠のようなものであったとしたら―動悸がまた速くなる、今度はもっと違う―下手なヘヴィメタ・バンドのバスドラの描く不整脈みたいな―そんなたちの悪い動悸だ、俺は本当に胸を押さえつける(俺は本当に胸を押さえつける)B級ホラーみたいな悪魔が生まれてきちまうんじゃないだろうな、俺の不安は枚挙に暇がない
音を聞くべきか?もう一度あの音を聞くべきか―?もう一度あの音は聞こえるのか?もう一度あの音を捕まえる事が出来るのだろうか―俺は心臓を直接握り締められそうなくらい胸を強く押さえ―でもそれはきっとなんの足しにもなりはしないのだ
音!!
音だ!!
荒れる呼吸を統制しようと試みながら俺は叫んだ、あの音はきちんと捕まえなくてはいけなかった音ではないのか―!?
音をよこせ、音をよこせ、音を―あの音を俺に
あの音を
俺に
俺に…











0

夢のように確かなバクテリアたちのパレード(葬列)  











すべて夢だ
すべて夢だよ
俺達は
波打ち際の
白い泡みたいなもんだ
波が引けば消えてゆく
何も無かったみたいに
生まれて忘れられた
飢餓地の子供みたいに
現れては消えてゆく
現れては消えてゆく
そのかたちを
その思いを
懸命に残そうと試みながら
大きなものからみれば
まばたきに過ぎないようなそんな一瞬で
海底という暗闇に引きずりこまれているんだ
考えてもごらん
あれほどの水のたまりの中で
砂浜を目指す事が出来るのはほんの端っこだけだ
一瞬のために
一瞬のために
あの波頭たちはどれだけのときを漂ってきたんだろう?
俺達は
やつらの中のどの辺りなのだろう?
ずっと海底を見ていた
ずっと海底を
いびつな岩が不安定な輪郭を投げ出したり
イソギンチャクが
見るもおぞましい動作でそれでも生きるために魚達を絡め取っていくのを見ていた
ああ、俺もいつかは絡め取られるんだ
そう
思いながら
暗かった
光なんか届きはしない
光なんか爪の先ほども届きはしないんだ
闇よりももっと暗くて
何か話そうとしても
ボコボコと浮かんでしまうだけさ
海老と戯れたり
ヒトデを苛めたりしながら
海の底で生きてきた
浮上なんて
多分そのときは少しも思い浮かばない事だったんだ
ずっとそこにいるんだと思っていた、ずっといて
イソギンチャクの中で荼毘にふされるのだと
何故だ
どうしてなんだ
どうして浮かび上がってしまった
誰かの声が聴きたかったのか
それとも
知りたかったのか
自分自身が海底の岩のくぼみの
ちょっとした影なんかではないということを
浮上して
何を見るつもりだった?
今は判らない
波は寄せて返す
気が遠くなるほどのバクテリアという名のポエジーを
気が遠くなるほどのバクテリアという名のポエジーの亡骸を
気が遠くなるほどの
海岸線に
無造作に
無作為に
ただ
ばら撒きながら










0

冗長なチアノーゼの感触の重度のセレナーデ  













心臓が 壊死したようなか細い脈拍の紡ぎ
緩やかな哀楽に取り囲まれて五里霧中のステイタス、じっとした指先から落度のように汗が零れる
欲しくもないのに取り過ぎた食事、あと数十分で多分吐瀉物になるから
忌々しい内奥でのやりくりはそれで終幕だ
礼儀正しい芋虫みたいな秒針の孤独な行進、ぜんまいを巻く事が親密さのひとつだなんて―そんな風に語れるアンティークをひとつでも持ってれば良かった
アトムの子供らが作った時限爆弾からは稼動音なんて聞こえない、何もかも無駄に難解になって
気づいたときには四散しているというわけさ、拾ってくれ、拾ってくれ
野良猫が食い散らかした生ゴミみたいな俺の脳漿の有様
まだ書き終えてないポエジーが残っているかもしれないから!
…心臓が壊死したようなか細い脈拍の紡ぎ、清潔なシーツに落ちていくポンコツのメトロノーム、理由の無い人生に
血眼になって注意書きを書いている俺の事さ
牙だと信じていたがどんな観念にもそれは食い込みはしなかった、俺だけじゃないはずさ
みんなきっとうすうす感じているはずだぜ
みんな枯れた老木みたいなものを追いかけているのかもしれない、祀るあてのない貢物を持って
なにかを神格化したくて仕方がないんだ、人生にログインするパスワードみたいなものを―自分仕様のプログラムを適当にまとめてくれるそんななにかを―電子の時代だからってちょっと躍起になりすぎだよな
心臓が壊死したようなか細い脈拍の紡ぎ!何だか腐臭まで漂ってきたような気がするぜ
本気になれない事への言い訳かもしれない、なにか一歩後退りしたところで時を刻んでいる自分の―免罪符みたいなものを得たがってる詩篇も多分いくつか…
古い紙切れは本棚や…もう着ることのない洋服のポケットの中なんかで変色している
なあ、パピルスにも黄疸ってあるんだな
そこに刻まれたものが一緒に死ぬのかどうかまでは俺には判らないけれど
語りたがりたちは死んだ事にするのが好きだね
なにか新しいテーマを持ち出す事がやつらにとっては革命なのだろう、フィギィアの出来を語るようなもんだ
本当に新しい事が知りたきゃ鎮めておくより他に手はない、控えめなゴーストの足音を耳にしようと
決意したような心境がどこかになければ
心臓が壊死したようなか細い―いま表で誰かが叫び声を上げた、もしかしたらでもそれは俺の唇から洩れたものかもしれない
叫びにシンクロ出来ないやつに何を綴る資格があるよ?少なくとも俺はそう考えているぜ…個人的って言葉は便利だ
パーソナルなものを正当化するにはその言葉が一番だ、他人の領域にはみんな遠慮するものだ…真人間は
ここまで綴る間に秒針が何回転したか判ってるか?その間に死んだ細胞の断末魔が聞こえたか?その間に生まれた細胞の産声は?真理は必ず手の届かないところにある…アメーバにならそれが見えるのかもしれない
でも、アメーバにはそれが理解出来ない
シンプル・イズ・ベストにもセオリーがあるってこったな
こう…イメージが広がる事を―加速も減速もなく走れるホイールみたいな気の利いたものを―そういう願望は決して言葉にする事が出来ない、だから安心して長く綴ってみせるのさ、そうしてるうちに判ってくるんだ
キング・クリムゾンのやってた事は決して無駄な事じゃなかったんだなって
その気になれば世界中のカルチャーを知った気になれるこんな時代にパイオニアだけをありがたがるなんてお気楽過ぎないか―?
混沌としよう、混沌としようよ、兎にも角にも言葉を正座させたがる連中よ、混沌として、渾然一体となって、ぶちまけて広がるさまを残せ
内情吐露とは全色混ぜ込んだペンキで絵を描く事だ、おお、なんてことだ、近頃は悪夢ばっかりだというのに―
憂鬱な気分を味わった事がない、飢餓で死んでゆく子供にインタビューがしたい、日本にだって探せばそれは居る
彼らがアメーバになる前に、彼らがアメーバになる前にさ…テレビ・ショウのためのアメリカン・プロレスみたいなマイクを持って
きっと食べ物の方が嬉しいだろうやつらの口に近づけるんだ「いま、どんな気分ですか?」
彼らが最後に見る風景は俺だろうか、それとももっと観念的な曼荼羅のような絵柄なのか
ふっと死ぬさまをこの眼の中に残して欲しい―駅の構内で忘れられた伝言版に書き込まれたメッセージみたいに―俺はそれを誰にも伝えたりなんかしない、無数の言葉に変わるように変換を繰り返す、時々は数字にも
この世で一番最初に壊れるものはきっとヒューマニズムだ、それはヒューマンが証明して来た事じゃないか
心臓が壊死したようなか細い脈拍の紡ぎ―秒針はここまでで何回転した?当たり前なので気にならないスペシャルなこと、少し前に食ったもの達が食道を駆け上がってくる―やつらは命として主張し過ぎるのかもしれない、でも、食われないための権利なんて概念が彼らの中にある事はもちろんやぶさかではない―出来れば俺の消化器官に変なダメージを残しては欲しくないが―俺が噛み砕いたもんにそんな注文をつけるのは虫がよ過ぎるってもんかな
だけど、自分のことしか考えられないぜ、自分の事しか考えられない―それを否定出来る人間がひとりでもいるんならここに連れてきてくれ、俺はそいつに喰らいついて内臓を引きちぎる、生きるための権利と言うのは元来そういうものだろう?
何もかも歪んでしまった、何もかも歪んでしまった、何もかも歪んでしまって―目標を失った弾ばかりが放たれるから関係のないやつらばかりが死んでゆく、そいつらに報いる術はない、どうしたってない―だって、すでに四散してしまっているじゃないか、野良猫が漁った生ゴミよりもずっと酷い尺度で…それについて細かい数字なんか算出しようなんて俺は思わないけどさ
嘔吐っていうものは概念とか、現象とかいうものよりずっと余地がない、掻きこんだものが出てゆくだけ、節度の壊れた巻戻し、統制の壊れたハードディスク・レコード、もっと酷い過去へのタイム・スリップ、冷汗が色のない血液のように吹き出す、おお、俺血まみれだ、血まみれで便器に顔を埋めている、糞に喰らいついているように見えるぜ、糞に喰らいついているように見える、生き抜くつもりなんだろう、お前!そんな陰惨な景色を最も近いところで見ても―お前の誇りだっていびつな配列で巻戻されるのさ
壊れた人間が壊れた人生を、壊れた人間が壊れた人生を、壊れたままで構築しようとしている、それははたして完成したりするものなのか―?一生のうちでは目にする事の出来ない建築物、煉瓦を積み上げる、煉瓦を積み上げる、何から身を守ろうとしている、煉瓦を積み上げる、肺活量がズバ抜けた狼なんかやって来ない、おい、何から身を守ろうとしている…怯えているのか、たくさんの言葉を綴らなければ、伝わらない気がして怖ろしいのか?それは証明か、それは証明なのか…お前はなにかを証明しようとしてるのか、電子の時代に、アナログな手段を用いて―もう価値なんか無い、もう価値なんかないかもしれない、10進法か16進法で無ければそれはもう伝わらないのかもしれない、マシン言語なんて一生理解するつもりなんてない、アルゴリズムなんてバイオリズムより重要事項になることなんか絶対にない








冷汗がシャツに染み込む
俺は生身で死ぬまで生きようとしている















0




AutoPage最新お知らせ