脈動(RE-BIRTH)  














茎を薙ぐ鎌のような速い内臓の呻き
傷みと呼ぶには無自覚に過ぎて
骨に刻まれた記録みたい
袋小路の高いブロック塀を死に物狂いで超えたら
揺るぎないかに見えた路面は底なしの沼だった(人食いのような擬態、そして吸引)
人食いのような擬態、そして吸引―圧迫
心臓を起点に
血液が逆流を起こし始める、ああ、そのときにおいてなお
なおも他人事の阻まれた魂
思い知らずのうちに仰ぎ見た太陽の
なんと、なんと、群青色だったことか!
穢れもまた生命の喜悦である事を知るがため、知るがために
瞬きほどの行にすべてが見えたらと焦がれる
耳を捥がれた兎の
存在を問うその眼の赤みのようななんという火
天秤ばかりが真一文字に並んだそのときに
骸同然の肢体には仄かに電流が走るのだ
声もなく、ただ、声もなく、ただ
歪み、淀み、穢れ、失い、なお
水晶体の奥の奥は
まだひかりの見つけ方を知っている、細かに絞りを調節しながら
暗がりの中に臭う一点を探している
世はこれすべておぞましき飢餓
着飾ってしまうには遅過ぎるみたい
痛い、暗い、辛い、不意に迷い込むそれらは
その胸中にまだ希望が
朝露のように転がっていればこそ
強い雨よ降れ
呪いのように濡れる事が出来れば
衣服の重みとともに知ることがある、ああ、触れてこそ
触れてこそそれは知と
肌に刻まれるのではないか?
胸倉を激しく掴んで
引きちぎらんばかりに振り回すと
逆流していた血液が反転を始める(なぜだ、それは利口な蛇のようだ)
その胸中に、その胸中にまだ希望が
朝露のように転がっていればこそ!認知せずとも言葉は生まれる
傷みすら感じさせぬ
薄い刃のようなまたとない綴りが欲しい
(それを欲することは過ちの極みであるのだろうか?)
太陽が
群青色から血の色へ
胸を震わせるようなただ紅い血液の色味へ、眼は
眼をそれを深く知る
だからこそ
ひかりは求められるのだ、ひかりは
こころの中で赤い血流となり肉体を振動させる―そのときの音を
そのときの音を詩と呼び捨てるのは
まごうことなき穢れなのか!!
穢れた詩になりたい
穢れた詩になって
本物の喜悦をものどもの眼前に
ものどもの眼前にしかりと晒したいのだ
どれほどのことを文節は排除してきたのか知っているかと
どれほどのことを蓄積が揶揄してきたのか知っているのかと
愛したものは
たしかに愛しくその胸にふれたものなのかと
神は愛を知ることはない
なぜならそれは穢れあってのものだからだ
言葉が神のものだというなら
俺は神を殺すために言葉を紡ぐ百足となろう
地に居てこそ、地に居てこそ…地に居てこその傷みを、地に居てこその思慕を
存在として投げ出すために言葉を紡ごう
悟りなどあるべきではない
ひととしての
ひととしてのこころが肉体を超えることはない
肉体と…肉体とともに超えること、それこそが
あらゆる行の奥にあるもの―そうではないのか!?
強い雨よ降れ、強い雨よ…歪み、淀み、穢れ、失い、なお、
水晶体の奥の奥はまだひかりの見つけ方を知っている
肉体よ、お前とともに行こう
肉体よ、お前とともに歩もう
こころと身体をひとつの名前で呼べるそのときが来たら
俺はすべてをこの闇に晒す事が出来るだろう
肉体よ、肉体よ、肉体よ、肉体よ
指先を深く入れて血液の温度を知れ、それは喜悦だ
大蛇のように暴れるお前の欲望は
飛ばし方次第では優美な絵画となる
指先を深く入れて血液の温度を知れ
穢れと祝福を抱いて…穢れと祝福を抱いてひとは産まれ落ちるのだ
それをなんと呼ぼう
それをなんと呼ぼう!
底なし沼の深いところに
風に揺れるような美しい百合を見つけた
体躯をひねってゆっくりとそれにたどり着き
慈しむように手を伸ばすと
濡れためしべが蜜を放ち、深遠に…
深遠に浸透して
俺は
それからひかりを、まばゆいひかりを…
見て…
それから……………………





脈動が……………………………………………














0

死の前の粉降りしきる机上  














夜に震えた眼が覚めるときの、その感覚を明日まで持っていけ
時の嵐の中ではすぐになにもかもが曖昧な
曖昧な約束のようになってしまうから、そう
苗字を思い出すのに時間がかかる友達のような、そう
どこまで読んだのかすら思い出せないほど捨て置いたノベルのような
そしてなによりもそれが
おまえ自身の中にあるものだということについて―そう、
空白の時間に爛々と開いた、一抹の寂しさを持っていけ
特におまえという一生は
おまえの中で何も成される事はなかったはずだ、なにかがあったような、そう
そんな気がするだけの
眠る前に見せてくれる
眠る前に見せてくれる
眠る前に
神様はきっとそいつを拝ませてくれるから
夜に震えた眼が覚めるときの、その感覚を明日まで持っていけ
それは武器にはならない
それは機転にはならない
それは、闇を光に転化させるような気の利いた魔法じゃない
だけど
それが心のうちにあれば必ず
おまえの心臓は確かなビート感覚をキープ出来るだろう
ひとはもう荒野に出ることはないから
風のゆくさまを言葉にしたがる、胸に宿るものを―遠吠えの代わりに
いつか、そう遠くない昔に
俺は自分だけの遠吠えを手にした
言葉にしなくてもいいもののために
この湿気た夜にも言葉を連ねる、おお
戦闘機のような蛾がひとり、網戸に枝の切っ先のような足を絡ませて
俺に何らかの感覚を撃ち込もうとしてる、それは鱗粉となって鼻腔へ潜り込み―
俺の有機的な配列を僅かに改ざんして悦に入る―そんなことが何になるというのだ…
詩を読まんとするもののもとにはやつらはやたらとやってくる、おそらくは
片手で足りるような命をそこそこ誇らしいと思っているのだろう
そこには
詩人の理念など入り込む余地すらないのだから
優れた言葉はみんな悪あがきだ
あらゆる流れを受け止めないなら
子供のような駄々で済むのだから
俺はコミックのあいだに挟まっていたカードを拾い上げ
蛾が絡み付いている網戸の辺りにナイフのように投げる―やつは逃げたりしない
詩もなければ死もないというわけだ
俺はディスプレイに向き直る
『夜に震えた眼が覚めるときの、その感覚を明日まで持っていけ』
何度も繰り返されるフレーズはふざけている
俺は理解している、神様というやつがもしも居るとするなら―
恥辱に近い脆さに無表情を塗りたくるやつらに詩を促すのだ
俺は理解している、俺は理解している…俺の心中にはまさしくそんな塊がある
観念的な指先で触れてみると
たいていは同じところを切ってしまうだけなのだ
だけどもしもなんらかの法則によってそれが角をなくし
楽にどこかへ捨てにやれるものに化けたとしても俺はきっと躊躇するだろう
(もしかそれが俺に言葉を綴らせている動悸のようなものだったとしたら?)
夜に震えた眼が覚めるときの、その感覚を明日まで持っていくんだ
笑顔で語りかけてくるやつらは
心まで届くナイフを持っているぜ―しかも使い方をよく知っている
俺は武器を持たない
守るべき誇りを持たない
可聴音域のみに制限されたコンパクト・ディスクみたいに
整理された嘘など守る気にもならない
いつか、遠吠えを手にした―いつか、そう遠くない昔に
それに胸を躍らせた理由はもう忘れた
それはきっと
ただのスイッチの役割のようなものだったから
その熱が醒めたときに
喉笛が震える本当の成り立ちが判った
蛾が少しだけその向きを変える、やつは俺が書いているものを読みたがっているのだ
俺は窓を開けた
余計な衝撃を避けるように蛾は一度離れ
僅かな透間から光を求めて滑り込んだ
俺はそのままにして不定形な構築を続ける―ライトの傘にぶら下がってやつは
俺の指先の軌道を読んでいる
最後まで読みたいのか、と俺が尋ねると
やつは羽を震わせて紙吹雪のように鱗粉を散らせた
俺はそれをきちんとした返事だと解釈した
理由付けなんて如何様にもなるものだ―もちろん完全に否定することだって出来る
俺はそれ以上あちらこちらに気分を散らす事は止めて
目の前の事に意識を向かわせた、様々な思惑が生成を待たずに溢れ―
やがて一貫性のあるリズムが生まれる、俺はもう何も認識することなく
ただただ成り行きを見つめる少し忙しい傍観者だ
程なく俺はそれを仕上げる事が出来た
出来たぜ、と蛾の方を見やると
やつは、傘にしがみついたまま
もう
羽を揺らせてはいなかった
夜に震えた眼が覚めるときの―













0

時がそよぐ  















粒上のチョコレートがふたつ、迷子のように転がった街路
バケットパンを抱えた自転車の少女がその脇を通り過ぎていく―気づかないことを宿命づけられてるみたいに
時刻は夕暮れの少しあと、淡い蒼と暗い蒼が
近しい他人のようにすれ違うあたり



古い石だたみのその道は移ろいゆくときを知らず、知的な蛇のようにただ景色を受け止めて
変われたり変われなかったりするものたちの声を(はしゃぐ子ら、買物帰りの主婦、年頃の学生ら、働くものたち、働かないものたち…そのどこにも属さない詩人というものたち)受け止めて寝そべっていた



時折迷い込んだ自動車がうろうろとして―付近の住人たちのある種の目つきを浴びながら虚勢を張って出て行くとき、道は必ず丘の上から
小さな小さな風を吹かせた
ボブ・ディランが知ったかで歌ったような風を



その街路を設計したのは、戦前に西洋のほうからやって来た建築家で
当時日本で集められる最高の職人幾人かと組んで創りあげた
あまり自分のことは話さない男だったが
この地を去るときに少しだけ理由めいたものを話した
『ここが一番良かった。わたしの描いたイメージを受け止めてもらうには。』
職人たちはずっと彼のことを思いながら自分の仕事を続けたそうだ



建築技術が変わり、同じ事が三分の一の時間で出来るようになって
そこから下ったところにある大きな街の男が
この街路をそっくり真似ようとして骨を折ったが
どうしてもうまく作る事が出来なかった
完成予定を三年ほど延ばしたころ
とうとう彼はまったく違うデザインで仕上げざるを得なかった
街の人々は彼のことを嘲笑ったが
この街路に住むものたちは
そんな話には何の関心も示さなかった



ある日米国の方からやって来た男がふらりとこの街路を訪れ
涙を流さんばかりに胸を揺さぶられた
男は故郷に帰る事が出来なくなり
街路の一角のアパートで暮らした
天気の良い午前には二階の窓を開けて
ベランダにもたれて海の向こうを眺めていた
人懐っこくていいやつだったが
友達と呼べるようなものは誰も居なかった
どこから流れてきたのかはっきりしない噂のひとつには
彼は本国に妻も子供もいるらしいという話があった



その男が街路に居ついてやや二年が過ぎたころ
街路で生まれて街路を出て行った女が不意に戻ってきた―小さな子供の手を引いて
女は米国人の住むアパートの
道を挟んだ向かいの小さな家に居を構えた、そこは女の父親が管理していた家で
誰かに貸していたらしいがもう長く空き家だった
少なくとも女の父親が死んでからはもうずっとほったらかされていた
越してきた日、女は
家中の窓を開けて大掃除をした
子供はかいがいしく手伝いをしていた
米国人は二階から見るともなくそれを見ていた(彼はいつもその部屋に居た―働いているようなところを誰も見たことがなかった)
子供がゴミを入れたポリ袋を持って表に出てきたところに
バイクが突っ込んできたのを見て彼は外に飛び出した



子供を避けようとしてハンドルを切ったバイクを
石だたみの路面はめちゃくちゃにつっ転ばせた
ライダーは放り出され、背中を強く打ったが
どうにか生きているらしくひどく呻いていた
米国人がアパートから飛び出て子供を抱き上げたころに
ブレーキの音を聞きつけた女が青ざめた顔で飛び出してきた
ダイジョウブ、と言って米国人は微笑み
子供を母親に抱かせてウィンクをした
母親は子供を見た
激しく泣いていたが腕をかすっただけらしかった
「ありがとう―サ、サンキュー…」
女は口早にそれだけ言うと、子供の手当てをするために家に駆け込んだ―米国人は無礼だと知りつつも開いた窓から中を覗いた
まだ整理されていない僅かな荷物の中から、女は絆創膏を探し出そうと焦っているようだった、子供はもう泣き止んでいた―女の切羽詰った空気をなんとなく感じているみたいに見えた
米国人はさっと自分のアパートへ戻ると、小さな箱を持ってすぐに戻ってきた
そして女の家の玄関をノックした
表では誰かが指示をしてライダーのために救急車が呼ばれていた



子供を抱えたまま女は玄関にやって来た「あ、さっきの…」と口篭った―彼が日本語をどこまで喋れるのか判らなかったからだ―ダイジョウブ、と男はまた言った
「スコシ、ハナセマス…ソレヨリ。」男が持ってきた小さな箱を開けると、中には最低限の医療道具が入っていた「ワタシ、ドクター…オイシャサン。」男はウィンクして消毒液とガーゼを取り出した



そんなことがきっかけで、米国人と出戻りの女は親しく付き合うようになった―女の助言で、男はきちんと許可を取って街路で最初の医者となった(下の街にしか医者は居なかった)
二人はやがて結婚した
そんな話が昔あった



粒上のチョコレートがふたつ、迷子のように転がった街路
道はもうずっと蒼く暗く
月はある程度雨雲に主張を譲っていた
古い石だたみのその道は移ろいゆくときを知らず、知的な蛇のようにただ景色を受け止めて
変われたり変われなかったりするものたちの声を受け止めて寝そべっていた








青い目の父の死を三年も知ることが無かった

ボブ・ディランが知ったかで歌ってたような風が吹いている














0




AutoPage最新お知らせ