予想以上のことが出来るといい  













派手に着飾って、香水を叩いて
俺を迎え入れる準備をするんだ
不手際を見つけたら二度とは訪ねないぜ
完璧なスタイルで物事を始めるんだ

街路には迷子が散乱してる
年端もいかない母親どもがこぞって欲情して
小便臭い愛を撒き散らした結果だ
アーチェリー・ゲームのプロセスみたいに
そのうちの何人かは惨い運命を辿らされる
口に咥えている偽者の乳房は
昨夜一晩中台所で汚染されたものだ

出迎える準備を整えて
上等の態度を取れよ
不手際を見つけることがあったら二度とは訪ねてこないぜ

車道ではでかい風船みたいに通行人が跳ね飛ばされ続ける
車を売るために廃止できないから
金をたくさん貯めた馬鹿どもが排気ガスと同等の迷惑を撒き散らす
エコカーの通ったあとだって別にかぐわしい匂いってわけじゃない
あそこの曲がり角の死体は
片付けられた事がない気がするのは俺の気のせいか?

出迎える準備を整えて
本気でやる気でいろよ
不手際を見つけることがあったら二度と訪ねてはこないぜ

パーティー会場では流行のセレブとやらが
主体性の無いヘルス・フードについて思いを巡らせている
ヴィジョンの無い計画は必ず頓挫するとしたものだ
俺たちは何度もそれを見たことがあるのに
いざただなかに飛び込んだときには誰も気づくことが出来ない
まずは切って張ったようなその成り立ちを
一枚ずつ引っぺがしてやる事が出来たらいいのだけど
残念ながら刷り込まれた概念とやらはかさぶたみたいに簡単に剥がれはしないとしたものだ

出迎える準備を整えて
本気でやる気でいろよ
そういう気持ちが見えたら俺は失礼に当たるような真似なんかしないぜ

見返りなんか求めるようなものじゃないってジュリア・フォーダムなら歌うかもしれないけど
ギブ・アンド・テイクでいこうや、スリリングじゃないと先に行けない
とことんまでやりつくした探りあいのあとで
まっさらな気持ちになれる瞬間を貪りあおう

昔誰かとベッドにもぐりこんだら過去にそこで重ねられた思いの数々が
大きなビニールの塊みたいに横たわっていた、そいつは俺たちを挑発しているように見えた
君たちそんなに上等な事をしてるわけじゃないんだよ
ここで行われていることがどれだけみっともないことかということについて考えて見たことがあるかい、そんな風に言ってるみたいに見えた
まあ、もちろん
そいつはただそこに居ただけなのかも知れないけれど
俺はハンドルを握りながらあいつのことを思い出す、今夜あの女が完璧だったら
俺はまたそいつと対峙することになるだろう、そいつは今度こそ何らかのスタンスを提示してくるかもしれないが(というのも俺があのころよりも話が判るような感じに見えてるかもしれないからで)
俺は相変わらず真剣さとそういうことは関係が無いとか言って
そいつの存在を邪険にするだろう
そんなものに関わっていても血液は沸騰したりしない
身体で感じるものを選べないのなら子宮を潜る意味さえ無い

連れ出す準備は出来ているぜ、完璧なセオリーを踏んで
今夜おまえをあのベッドへ連れて行く、あのビニールの塊にまざまざと見せ付けて
それがちょっとした祈りであるという側面を悟らせてやるんだ

出迎える準備を整えて
上等の態度を取れよ
不手際を見つけることがあったら二度とは訪ねてこないぜ

俺は適当に相手をしたりなんかしない
おまえの神秘を信じている
おまえの燃えるような愛撫を信じている
おまえとの



祈りに近い感覚とやらの徹底的な上昇を

準備は整っているか
今夜はそのことがとても重要なんだ














0

と、いうような意味のありそうななさそうな戯言を僕は大きく足を広げて立った状態でほとんど書き上げた  














俺のあたまのなかにひとつの答えがある、おまえのあたまの中にもうひとつの答えがある
それはおなじことについてなのに、まったくちがうことについてのふたつの答えのように見える
だけどそれは間違いなくひとつの出来事に対するそれぞれの答えなのだ
さて、そこで問題は浮上する、おれたちはそれについて必ずひとつだけ答えを出さなければならないのか
あるいはふたつ、もしくはそれ以上の複数答えを用意しても構わないのか―そこのところが妙にはっきりしなくて
ロダンの彫刻のように思案の闇に入り込んでしまっているのだ(だって下手をしたらそこに、答えなんてなくてもたぶんなんとかなるんだというような可能性まで入り込んでくるかもしれないなんてことを考えると本当にもう)
そもそもそれがもともとなんについての答えだったのかもすでにはっきり思い出せなくて
伝言ゲームのように次第に奇形化したそれをさらにこねくり回してああでもないこうでもないと
それからもうだんだん判らなくなるのは承知の上だが
それはセオリーとしておれたちは求めなければならないのだ、かりに答えを求めるまえに
それについて求め始めた動機というのはどんなものだったのだろうかなんてことを考えてみようよなんてことを俺は提案してみる、するとそんなものよりみちだろうとおまえは言うのだ、さもそういうのが楽しいのだと暗に言いたげな得意げな顔をして
「動機に立ち返ってみるのはわるいことじゃない」と俺はさらに食い下がる「動機に立ち返ってみることでシンプルになる、そうすると判りやすくなる」『そうすると判りやすくなる』とおまえは俺のまねをして言う、お前が真似をするとまるで俺はほんものの馬鹿みたいに見える
「いまさらシンプルにしたところでどうなる」とおまえは言う
「いいかげん歳を取った後で子供に返れと言ってるようなものだぞ」悔しいが俺はちょっと言い返せない…それが完璧な理論ではない事は判っているのだけれど、あまりにもうまいタイミングでそう口にされたものだからおまえの言葉は上手く環境に適応してしまった
俺は、本当はもっとすごい真実を知ってるんだぜという風を装って考え込む、同じ線上じゃいけない、同じ引き出しからものを出してきては
もっと奥のわけの判らない引き出しの中から一生懸命重たいものを引っ張り出してこなくては
俺は平静を装いながら脳味噌をフル稼働して新しい感覚を導き出そうと企んでみるが、そのあいだにおまえはどんどんなれた言葉を継ぎ足していく―これは気にしては駄目だ、これは一種の現象のようなもので
一見凄いもののようだが並んでるものはいつもと大して代わり映えのしないものだ…だがしかし、俺が引っ張り出そうとしているものはいつも少々重たすぎるらしい、引き出しの隅で鎮座ましましててこでも動こうとはしない―俺はさじを投げる、そしておまえが半ば恍惚としてぽいぽい放り出していくものをせめても順序良く並べなおそうじゃないかとあれこれやってみる
こういう作業ってちょっとまともなもんじゃないななんて思いながら
俺とおまえは同じものを作り上げたいと思いながらここにこうしているはずじゃないか
俺が苦心して配列しなおした部分はおまえがすべて元に戻してしまう―おまえは反復が好き、中身よりも連続するリズムのような旋律が好き
それで俺はいつもパーカッションのような役割を果たす事になってしまう、それで――






――それでいつも、こんな似たような代物がそこここに陳列されてしまうってわけなのさ、俺とおまえのやってることって一体全体


どこに向かって、突っ走っているって言うんだろうねぇ?













0

べつに渇いちゃいない(Do you like me?)  















夕焼けが雨雲に隠れて
使った後の絵具バケツみたいな色になる
マクドナルドの店先で備え付けの灰皿に吸殻を押し付けながら
やがて来るだろう雨の気配に唇をゆがめている
「オレンジの缶詰を買ってくる」と言ったきり
二度と帰ってこなかった娘、だけど
別に心底愛していたわけじゃなかった
ただひとりでいるよりはマシだろうと
たったひとりでいるよりはマシだろうと思ってただけ
趣味のいい制服を着た小学生の男子がふたり
水溜りを跳ねながら通り過ぎていく
早く帰らないともうすぐに日が暮れるよ


此処に吹く今時の風が妙に冷たいのは
高層建築のおもてをたらふく撫ぜてくるから
鉄筋コンクリートの匂いを
存分に含んで吹いてくるから
ひとりという現象を受け止められないやつらの携帯電話が
開花のようにそこら中で開きだす、パカ、パカ、パカ
二度と地面を蹴ることの出来ない蹄鉄の哀れさに似ている
もう少しで破れてしまうタンバリンの哀れさに似ている
交差点で若い女の心許無いミニスカートが舞い上がる
性欲を刺激するには
節度に欠けすぎる柄に苦笑する
セオリーの中身なんてそんなには変わらないものだ
輝けないバタフライの方が本当は多いのだろう


タワー・レコードを見かけると入ってしまうのは
べつに音楽を欲しがっているわけじゃない
そこならなんとかしてくれるかも、なんて淡い期待を
イエローとレッドのロゴが不思議と感じさせてくれるから
「パート・アルバイト募集」なんて告知をしばらく眺めてみる
俺の年齢はギリギリで募集の外側、それでも夢想してみる
(もしもここで働いてみたら、わたしは音楽を嫌いになるでしょうか?)
様々なフロアーで様々な音楽を耳にして
その都度リズムを刻んでいた自分に後から気づいた
ニュー・アルバムのリリースだけは
大真面目でチェックしておこう
(もうあと五年はベスト・アルバムは出さないでおくれよ転がる石)


何時のころだったか、初めてこの街に来たのは
つつましい給料の半分をつぎ込んで、ジェット機に乗ってやってきたのは
あれはまだ運命に足首をつかまれて
ジャイアント・スイングをされてるみたいな世代だった
改装する前の羽田空港の側の工業地帯を
何故だか少し暗い気持ちで見つめていたっけ
あんな景色を何度こころの中に見ただろう
スモール・タウンの片隅でもがきながら
スモール・タウンの片隅で寝苦しい夜に寝返りを繰り返しながら
それが都会的な孤独の景色というものなら
俺はまさしくそこで生きるために生まれてきたような人間なんだろう
寂しさがなければ本当の気持ちはきっと死んでしまう
寂しさがなければひとは内奥を覗き込んだりはしない
過ちの数を数えたり
傷のメモリーを傷めたほうと傷められたほうに分類して、そのそれぞれにいっときを苦しくしたりなんかしない
エコー・アンド・ザ・バニーメンのセカンドのジャケットを見ながら
まだ終ってもいないものを良かったのか悪かったのかと考えたりしてみた
きっとあの娘は
そんな俺の佇まいがいつしかたまらなく嫌になったのだろう
あるいは
本当に欲しいオレンジの缶詰を求めてマーケットからマーケットへ根気強く旅を続けているのかもしれない


もしもあいつがオレンジの缶詰を景品のように両手いっぱいに抱えて戻ってきたら
そのときはこれまでよりもう少し愛想よくしてやろう
そのときはこれまでよりも
近づけるかどうか試してみよう
カフェ・オレの缶を一気に飲み干しながら
昼間より明るい陰鬱な世界へ身体を傾けた
後悔の言葉はない、それが




確実に届くと判っているときにしか














0




AutoPage最新お知らせ