クロール、おそらくは過酷な  











すべてに○をつける
自分に関わる
すべてにでかい○をつけて
眺めたり撫でたりしてみる
眺めたり撫でたりしたあとは
かたっぱしから
憎んだり殺したりしてみる
憎んだり殺したりしたあとは
深呼吸して
そのうちの幾つがほっとさせ
また
そのうちの幾つが苛むのか
じっくりと見極めてみる
時には泣き
時には怒る
後悔の種類は無限にある
希望は多分
たったひとつの丸い窓


自分の中で死んだものが大好き、終わったものは歯向かわない
墓も作ってやらない、野ざらしにする
無残な死体をついばんで
新しい生命が産まれるのだ


野ざらしの死体どもは腐り始めて固体と液体の中間くらいになる、そこに飛び込んで向こう岸を目指すのだ、おそらくは生涯で一番力を必要としなければやり遂げられないクロールで…たどり着く岸辺には子の宮が開門している、子の宮はちょうどよい状態を保ったまま新しい生命がそこを潜るのを待ち…待ち焦がれすぎて少しよだれを垂らしている、いつかその小さな門から溢れ出すだろう新しい生命、それは新しい泥にまみれている…ちょうど死体の海によく似た固体と液体の間みたいな
それはちょうど死体の海によく似ている、ただほんのわずか、ただほんのわずか、紅色のコントラストが強いのだ…それは女の色で有り、新しい生命の色でもある…その泥の中に手を差し入れてより分けるのだ、産まれたものとそうでないものを―新しいものが初めに知るものはきっとそんなものにまといつく臭いのことなのだろう―そこには実際、凄まじい臭いが漂っている…それは女の臭いであり、また新しいものの臭いでもあるのだ


すべてに○をつける
すべてに○をつける、もっと女のように
新しいもののように産んでいかなければならない、手を差し入れたときの感触を覚えているか、ただの温もりではない温度の在り方を、すべてに○をつけなければならない、すべてを憎んで殺してしまわなければならない
殺すことをよくすれば愛することもよく分かる、新しいもののように産んでいかなければならない、死体の数を数えて罪の種類を把握するんだ、それがどろどろの海に変わってしまう前に
眺めたそのときと憎んだそのときは変えがたい瞬間なのだ、そこに知ることがある、そこに知ることがある、そこに知ることがある、そこに、そこに知ることがあるのだ―すべてを見つめることは出来ない、次は必ず用意されるから
同じことを違う深度で何度も何度も繰り返す、同じ指先が同じものを探すのに






僅かに違うものを
確実に知っている













0

さっきの道?それともどこか別のところ?  














見たこともない空を飛んでゆく鳥
涙の流れない道を駆けてゆく野良犬
どうしようもなく乾いたものには
硬っ苦しい名前がべたべたと貼り付けられているものさ
枯れた桜の枝で哀しみを潜める
12月に忘れられた淡い色味
太陽が死んだままの報われない雨上がりに
靴の先にまとわりつく汚らわしいものたち
狩を忘れたひもじい獣、柔らかそうな幹で爪を研ぎまくれ
偽者のソリッドでも光らせていないと
強奪される心が必ず在るぜ
水溜りに捨てたものを見られてはいけない
そこには死に等しい泣言が刻まれている
交差点を西に渡り大通りを避けて横道へ入るとき
誰かの視線が俺の背中に不恰好なシミを見つけたような気がする
不法駐車のマークツーのバック・ミラーを覗いてみても
俺に関心がありそうな奴らの姿はどこにも浮かばなかった
暗がりに転がったままの誰かのキャンディ、そんなものが
他のどんなものより怖いと思えるのならまだ狂っちゃいない
祭られることのない供物のアイデンティティ、羊歯の葉の裏に隠されている元素記号を
記憶出来るまで何度も反復してみるんだな
それはいつかきっと役に立つときが来る
それはいつかきっと役に立つときが来る
それはいつかきっと
役に立つときが必ずやってくるはずなのさ
どんな事実でも知らないよりは知っているにこしたことはない
人目につかないところで必ず
脚を大きく開いているヌーヴェル・バーグの筋書き
セクシーな空想に溺れすぎたら
帰ってくるまでの時間を読み違えてしまうぜ?
ハイドンをハミングしてる2羽のカラス
ライドンをこき下ろしている片目の子猫
ぽっかりと空いた眼窩には
アイス・バーの当りくじがコレクションされてやがるんだ



潰れた酒場の入り口の小さなカウベルが
明かりを点すことの出来る誰かを求めて風に鳴く
もうハッピーになれる時代じゃない、埃を被った年老いたホンキィ・トンクでは
一流のモルトと一緒に大人たちのメルヘンは消え失せてしまった
ごみを捨てるのに使っていたらしいスティールのバケツに
ハルク・ホーガンを三人まとめて絞め殺せそうな大蛇が巻きついていた
それが本当は丈夫なゴムのホースだったことが判ったあとでも
幻覚だったと気づいたあとでも痛みは残ったままだった
もう歌えないジュークボックスが静かにブルーズを流している
路地を抜け出した先のバス乗場横で
欠伸をしていたタクシーを捕まえた
『この辺りで一番美味いピザを食わせる店へ』それは冗談だったのだけど
まるで自分はそのためにずっとここにいたんだとでも言うような勢いで運転手は車を滑らせた
半時間近く走ったあと
一軒の小さな店の前で車は止まった
俺は金を払って店に入った、運転手のテクニックには―信ずるに値するだけのものがあったからだ
店の中で流れていたのはザ・バンドのファーストで
それがこの辺りで
最も美味いピザを食うために適した音楽なのかどうかは俺には判断がつかなかった
ツナとベーコンをグウの音が出るまで焼いた薄手の本場風のピザは確かに美味かった
おあつらえ向きに
バンドはアイ・シャル・ビー〜と歌っていた
すっかり満足して外へ出ると
さっきのタクシーの運転手に腕をつかまれた
「どうでしたか?」
最高だったと俺は答えた、そうでしょう、と彼は頷いた
「この辺りにゃこの店以上のピザ屋なんかありませんよ」
運転手はそう言いながら俺をタクシーまで誘導した、金は要らないというので甘えることにした
「さっきの道ですか?それとも、どこか別のところですか?」
その前に聞いておくことがある、と俺は彼に言った
「なんでしょう」
「あんた、この店の奴の身内じゃないよな?」
そして俺たちはひとしきり笑った、『さっきの道へ頼む』と俺は声を嗄らしながら言った




その後タクシーの中では別段会話らしいものはなかった、俺たちはピザ好きという以外に何の共通項も無いらしかった
「では」
俺を下ろすと運転手はばつが悪そうにそれだけ言って走り去っていった、まるで抱きたくもない女をしこたま抱いてしまった後みたいな感じだった
テールライトを見送って―俺は長い息を吐いた








この次、あの店で会うことがあったとしても、あいつはもう俺を送ってくれたりすることはないのだろう














0




AutoPage最新お知らせ