けれどももしかしたら砂浜のことを忘れているのかもしれない  












足元の砂のことは気にしないで、ゆっくりと時間をかけてここへ来て、まるでふたりのあいだにとてつもなく手強いドラゴンがいるみたいなシチュエーションで、この短い距離をあたたかな緊張で満たして欲しい、時刻は夕暮れ、雨の予報のせいなのか、釈然としない空模様で…語り合うにはいまひとつの灰色だけれど
足元の砂のことは気にしないで、どこか他のところから降ってきたのに違いないから―だって今日は砂浜のほうには出かけていないもの、そんなものが靴下に混ざったりすることなんてありえない、ゆるやかな態度がすべてをニュートラルに戻せることをどうか忘れないで
音楽は流れ続けているけど、何を歌っているかなんて気にしたりしてはそこからいろいろなものがこぼれ落ちるから、空中をただよう蜘蛛の糸のようになんとなく見つめるだけにして―真剣さについて少し簡単に考えすぎているでしょう、そんなことはないと言ってもそんなことはあなたが決めることじゃない、足元の砂のことをいつまでも気にしていたりはしないで、本当にどうしてここに落ちているのかまったく見当がつかないのだから…今日は砂浜には行っていない…砂浜になんて一歩も踏み入れたりなどしていない、いつか話したことなのかどうかもう覚えてないのだけど、ときどき真っ白になってしまうことなんてあれは遠い昔のお話、いまはデジタル時計のカウントと同じくらい正確に把握している―雨の音が聞こえた?予報ではまだずいぶん後のことのように言っていたけど…早くなったり遅くなったりすることなんてそんなに珍しいことじゃないから―緊張感が判らないのならコーヒーでも入れましょう、洒落っ気があるのならサイフォンの方を選んで
雨の音について考え込んだことがある?世界に落ちる最初の一粒が弾ける音を聞くのはいったいどういう種類の人なのかって…ミルクを少しだけ入れて……それがいつの間に落ちてくるのかということについて考え始めると時間が溶けていくような気がする、最初の一粒なんてきっと誰にも耳にされることなく弾けていくのだ…雨の音とサイフォンの音が奇妙なシンクロを始める、シンクロは不思議だ、なにか目にとまらないものたちがかすかな和音の中でゆっくりとかたちを変える…その動作をどことなく感じているみたいな気分になる、じっとしてそれを聞いていると雨がコーヒーを作っているのだと…少しずつ漂ってくる豆の香りは世界の外からくるのだと、そんな気がして…ミルクを少しだけ入れてってもう言った?洗っているマグカップはいくつある…?次第に雨足は強くなる、アフリカのパーカッションが数百と鳴っているみたいな―響き、エコー
マグカップに口をつけると、濡れた紙のように蒸気が張りつく、ミルクが溶けて…コーヒーは新しい匂いになる、匂いが変わるだけで…新しい飲み物になるのだ、呼び名はそのままで…飲むのはもう少しよそうと思う、せめてミルクの渦がゆっくりと茶色に沈んでいくまで…
雨は降っている?雨はまだ降っている…?さっきまで強い音がしていた、あれは確かにここで鳴っていたはず―気まぐれさが空で踊るような雨なのかもしれないゆっくりと、時間をかけて、あたたかな緊張を持って―最初のひとくちを始める、ピアノ協奏曲の最初のタッチのような感覚が下りていく―それは食道を伝い―まるで身体の中でコーヒービーンズのマーキングが行われているみたい…母なる大地の身に私は身体を捧げる、雨の音がまた聞こえだす、よかった、あれはずっと昔のことだもの…雨の音などに神経質になる必要なんてどこにもないのだ
コーヒーを飲みながら雨の音を聞いている、役目を終えたサイフォンが安堵の息をつく…








かみなりのない雨は好き














0

春の日、膿んだ傷みの反芻  











どこへ行くこともなくその空で遊んでいたきみ、クリーム色の雲がまだ少し寒い季節を足早に過ぎていく、そんなエターニティ
綴った手紙の文句は何度もリテイクされた挙句続きを書かれること無く
アドレスを押すたびに会えるような気がしていたのは純粋無垢の証だったのか
プラトニックを笑えばシニカルだなんて、かっこいいけど誤った認識を抱きしめたままいつの間に大人になったのだろう
口ずさめる歌はすべて一昔前のメロディ、ラブソングはところどころ君の名前で記憶していた、あの日の公園、あの日の約束、匿名性の中にありありとある景色
春は足早に思い出をさらうように強く吹きつけて、咲いたばかりの淡い花弁は覚えられたとたんに忘れられる
いつもは留まらない記憶ほど、こころには果てしなく響くのかもしれない
雨が多すぎたあの年には、甘い香りが余り無かった、今にして思えばそれがすべてだったのかもしれない、苦しみや悲しみが
よく出来た絵画のように思い出されてしまう今となっては、もう
もう余り水を吹き上げなくなった中央公園のベンチに腰を下ろして
バターロールのような雲が飛行船のようにしとやかに移動するさまを見ていた、ハロー、聞こえますか
こちらは少し埃がひどいです
通信は誰かと繋がるためのもの、いったいこれまでに幾度、オフのままの通話口に呼びかけてきただろう、返事をすでに怖れてしまっていたのだ、そこから何かが返ってくることを
それが装いであれ正直であれこの上なく怖ろしいものに違いなかった
強い想いの中に本物の恐怖がある、飲み込んだ空気に少し砂が混じるみたいに、強い想いの中にある本物の恐怖
青信号のメロディが聞こえる、僕はそこに向かって歩いたりはしない
行く先を忘れたみたいにずっと腰をおろしている、頭の中には確かに当面こなさなくてはならないことがあったはずだけれどそんなことはもうどうでもよくなって
そんなことはもうどうでもよくなって空を見上げたり汚れた靴の先を眺めたり
深呼吸を繰り返した挙句肺の空気を一瞬すべて失って、「どうか」という言葉の正しい響きを知った、それは足元に都合よく落ちているパンくずを探す鳩たちに話したところで到底伝わるはずも無く
と言って他に口を開くための口実はそこいらには見当たらなかった
口実を探し続けることで僕らは饒舌になっていく、意味を考えるまでもなく吐いた言葉をついばんでいくのはすでに死んだ詩人たちの列だ「こんなに」「こんなところにまで」「こんなことまで」彼らのさえずりはそんな風に聞こえる
ごめんなさい、でも許してくれとは言いません、時代は常に変化しているのです、さまざまな形態が選択出来るこの時代に遺産ばかりに目を向けているわけにはいかないのです、なんて
気をそらせてみようと下らないごたくを並べてみたけれどもちろん何も変わるはずは無く、とたんにどんどん冷えていく胸のうちと、突然爪が伸び始めた誰かをなぞるためだった両手、さらすことを躊躇った傷がもうかゆくてかゆくて
叫ぶことが出来ない叫びというものを歌うためにどんなスペルを用意しようか、そんなものを得るためには
水が出なくなった噴水の吹き上げ口を探すべきなのかもしれない、僕は人工的なたまりの中に足を突っ込んで
裾を濡らしながらジャブジャブと歩いた、近くに腰を下ろしていた老婆がねえ、あなた、と声をかけた
もちろん僕は答えたりしなかった
噴出し口に片目を近づける、ちょうど顕微鏡を覗くときみたいに繊細な注意を払って
なにかが、映る
映ろうとしたそのとき、警官が僕の腕をつかみ、噴水の外に引きずり出した「こんなところでなにをやってるんだ、ここに入ってはいけない、さあこっちへ来なさい」僕はぼんやりと彼の顔を見つめてみた、僕と同い年かあるいは少し上くらいの屈強な警官「なぜそんなことをする?」僕はぽかんとした表情を作って首を傾げてみた、もちろん彼が何を言っているのかは重々理解してはいたけれど
警官はもう少し何かを言いたそうにしていたけれど面倒になったらしく僕を噴水から遠ざけて去っていった「何をやっているかは全部判っていたさ」僕は演劇的にそうつぶやいた「そうだね」背後で声がした、僕が噴水に足を踏み入れたときに静止しようとした老婆だった
「パンでもお食べなさい、おにいさん」彼女はそう言いながら小さなビニール袋からあんぱんをひとつ取り出して僕に渡した「あたしは少し買いすぎちゃったから」そう言ってそそくさと去っていった
彼女が去った後僕はあんぱんを見つめながら
もう少ししたら暑い季節がくるのだなと



ふと、胸を傷めたのだ











0

二度と羽ばたけない羽なら捨てることもまた飛ぶことだ  














遠雷の様な耳鳴りを含ませた渦巻き管があらゆる配列を狂わせる
小鳥の死体がうずたかく積もった廃墟ホテルの階段の見てしまう美
壊れたものはなんだった、コードの切れた黒電話の受話器を耳に当てたら
忘れられたものたちの慟哭が囁きの様に聞こえた、薄い刻印を指でなぞり続けてるみたいな時間
不思議なくらい長い冬だったね、何に凍えているのかも判らないまま
浮浪者たちがのたれ死ぬスプリング・セールさなかの商店街
汚れたコートのすそを丸っこい子犬が鼻先で突っつく
詩について語りすぎる詩人には短い詩しか書けない
(そこにいれば安全だ、はみ出すことさえしなければ、どんな世界に居たって大切なのは節度だ)
いっそのことみんなで脳味噌にねじまきを仕掛けようじゃないか、生き残ったやつだけで幸せについて語ればいい
壊れたものはなんだった、コードの切れた黒電話の受話器を耳に当てたら
不要な性器を処理するみたいに迂闊な心が吸引された…屋上に行きたい、施錠されている
屋上に行きたい、施錠されていても
踊り場の窓はみんな割れていてうんざりするくらい暴力的だけどそこに潜むテーゼが霞むことは決して無く
割れたガラスが頚動脈に触れるまで首を突き出してみるんだ、偶発的なギロチン
物理的に不可能な首が断ち切られたら誇らしげにぶら下げて帰ろう
(どうしても開けることの出来ない錆びついた鍵を開けるための手段を模索することは無意味だろうか)
模索しないよりはマシかもしれない、だけどね
それにはやっぱり何の意味も無いかもしれない
浮浪者のコートを嗅いだ子犬は次の日タントに首根っこ轢かれて死んだ
首輪をしていたけどそれは誰かが泣いてくれるという保証ではなかった(あいつは金で買われてきたんだ、小さなショーケースの中から)
誰かが頭を撫でたいときだけあいつらは存在している、同じことだ
車道だろうが歩道だろうが同じことなんだろう
コードの切れた黒電話の受話器の中にはそれと同じ形をした透明なゼリーが詰まっていて
飲み込んだものたちをただそれだけのものに変える
(ただそういう形をしているというだけのひとつの物音のような物体に)
配列の狂ったものたちが汚れたみぞれになって憧れの屋上を静かに鳴らしている、ああいう静けさをいつの間に無くしてしまったのだろう?
(生まれ落ちたときに母親の乳房よりも先に本当は求めていたもの)(惜別の間合いだけは本当に秀逸になったものだよ)
死んだ浮浪者のコートのポケットには誰にも読めなくなった遺書があった、ここで語るほどの理由もそこにはないけれど
死んだ浮浪者のコートのポケットには誰にも読めなくなった遺書があった
窓から吹き込んだみぞれが控えめな太陽を反射しながら足元に散乱したガラスの破片を弾いた
死んだ浮浪者のコートのポケットには誰にも読めなくなった遺書があった
屋上に上がる階段はコンクリートが劣化していて扉が開いていたとしてもそこに出ることは出来なかった
あそこが開いていればすべての配列を組み直すことが出来たような気がする
あそこに続くドアが、あそこに続く階段が閉ざされてさえいなければ
これはきっとずいぶん後からやってくる種類の絶望なのだろう、と認識しながら
引き返すための段差に足を下ろしていくとみぞれが少しずつ止む
寒くなるのか暖かくなるのか判らないけれど
飛び立つ術を知らない雛の前でも
蒸発の様に世界は明日へ流れていくのだ












0




AutoPage最新お知らせ