2009/1/25

宵闇、半端な色味の懐かしい影と紛れ込んだゴブリンの鋭利な指先  











上皮が裂けた左手の指にいつか巻きつけた絆創膏の糊の痕、冷たい、冷たい気持は午後を滑落しながらやがて来る夜の暗闇の中へ俺を誘う、そんな景色は何度も見た、そんな景色は…まるで形骸化した示唆の残留思念の果てなきリフレイン、土埃をまとった小さな窓にどこかの窓からの反射が攻撃を仕掛ける、見ていないで…見ていないでそんなものをいつまでも…強い光は眼を傷めるばかりなのに…投函されて届いた一通の封筒には宛名は無かった、何故…微細な血流を幾筋も浮き上がらせた青白い郵便配達員に俺は問いかける、彼は「自分の与り知らぬところ」と言うように首をただ横に振った、二、三度だけのそんな仕草はまるで時間に無意味な点を打つようだ…誰が俺の住所を知っているのだ、誰にも教えたことなど無いのに…投函された手紙には宛先など記されていなかったのに…?
死者に鞭打つように壁に掛けられてねじを巻かれ続ける柱時計はのそりと時を告げ、夕刻に鬼が忍びながらここに訪れる、俺が恐れるものがいつか俺を救済するだろう、すべのない時間にはそういうことわりが信じられるものだ、俺が恐れるものがいつか俺を…冷えた飲物を口にして何度も狂ったけれど、ただただ座していた、微塵も無かった、肌を越えてくる渦巻きなど…ただ宛先の無い手紙のように俺は座していたのだ、どこに行く当てもない薄ら寒い暮れ方だから、訪れた鬼すら数度首を横に振るだけのやり過ごす暮れ方だから…同じ姿勢のままで居過ぎて脚に痺れが走る、痛むがいい、痛むがいいさ、宿主を殺す寄生虫みたいに際限なく痛むがいい…どうせ俺はお前のことなど忘れてしまうから…忘れてしまう痛みなど何度繰り返したって哀しみに変わったりなどしない
長い廊下の幻想が半端なまどろみに犯される脳裏に影を伸ばしている、見知ったことのない学び舎の光景…誰の記憶がそれを俺に語るのか?長い廊下の先には誰かの影がある、でも俺はその影を追うことは無いのだ、それはきっと俺の記憶の中に居る誰かではないから…それはとても身体の細い女のようなシルエットだ、激しい逆光のもとに居て詳しい成立ちは少しも掴むことが出来ない…ほんの僅かに配色された影のようにそれはそこに居るだけだ、影としてはそいつはきっと蔑まれるぜ…実体か、本当に実体なのか、誰のものかも判らない記憶の中で、お前は確かにそこに存在しているのか…?俺にそれを確かめるすべはあるのだろうか、まどろみの長い廊下の先を、お前の影が見えるところまで走って?だけど、辿り着いたところで、お前は俺に名前すら告げることはないだろう…俺がそれを求めることもたぶんないのだろう…理由の無い世界、長い廊下にただただ光と影、おあつらえ向きな窓からの光線のかたち
廊下の先に居る女の腰の形を見つめているうちに、記憶の層の最も深いところにある何かが蘇る、(思い出してはいけないものかもしれない)なんとなく俺はそんなことを考える…奥底にあるものが放つ臭いなどだいたいそういう気持ちを呼び起こすものさ、思い出してはならない、だったら思い出さないとでも言うのかね?あれはきっと深夜の光景だ…俺は粘土細工のような目鼻立ちの無い形だけの生徒になって彼女のもとに居たのだ、そこでおいたをして彼女に叩き潰された、叩き潰されて…蠅のように終わったのだ、陰鬱な真夜中の運動場から戻ってきたばかりのあの…長い廊下で…もう一人居た、俺と一緒に殺された…顔の無い子供…記憶さ、ただの曖昧な記憶なんだ…死ねるやつから死んで、死ねるやつから死んで、儀式のように終わる幻想の時間、あの夜あの時、あの空間は幼い俺の頭を叩き潰すためだけに存在したのだ、その事にはたぶん間違いがない…あの女は、あそこに見える影だけの女は、その世界で俺たちを統率していた、在りがちなスタイルの俺たちのボスだった、そうだ、どうして今頃こんなところに現れるのか…運命のやることは俺にはまったく理解出来ない
いつの間にか暮れ方さ、今日の日もまたいくつかの暗闇を飛び越えるだけで終わる…幻想は消える、俺に奇妙な記憶を思い出させるだけに留めて…今度はどうするんだい、今度はどうするつもりなんだい、俺は排除されたのかい、お前は俺にそのことを悟らせるためだけにあっちから出てきたとでも言うのかい…おあいにくさまだ、俺の立ち位置などどれほどの時間が経ったところでおそらく変化することなどありはしない…明日もきっとこの場所でただ座しているのさ、迷子になったまま受け入れた汚れた子供のような眼をしてさ、ただただここに座しているんだ…ただただここに存在しているのみさ…毎日をかけがえのないものだなんて考えたことはない、その日その時はただ下水管に流れ落ちていく水のようなものだ、濁流の中でむざむざ流れ落ちることもないといくつかの出っ張りにしがみつこうとした足掻き、その出っ張りに残した剥げた爪や、指先の皮膚や肉片…そんなものが綴られているのがこれさ


薄暮に紛れ込んでやってきた鬼が俺の首筋に手をかける、お前、何を遊んで居やがるんだい…




最後の時はたぶん一瞬なんだって
俺にだって見当はついてるんだぜ












0
タグ:



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ