俺の中にはもう誰も居ない -ZOMBIE-  







俺の中にはもう誰も居ない、よく晴れた朝に死に絶えてしまった
俺の中にはもう誰も居ない、毒の流れ込んだ湖みたいに
跡形も残らず死に絶えてしまった
俺の中にはもう誰も居ない、バクテリアどものパターンのように
幾つかの秩序がだらだら繰り返される
俺の中にはもう誰も居ない、暗く湿った午後に死に絶えてしまった
指先で掻き回してももう何も出てこない
形すらない死体の群れを見たことがあるか
腐食すら許されない、白紙のような死体の群れ
蒼く醒めた海岸に降り注ぐ、得体のしれない
理由のない空気のように降り注ぐ死体の群れ
俺は黙っていた、言葉にするとそいつらが溢れてくるから
廃棄物のように俺は沈黙していた
ただ時間だけが他人のように淡々と流れていた
春のうららかに阿呆のようにくたばり
夏の熱風に焼け焦げてくたばり
秋のメランコリックに精神を病んでくたばり
冬の寒さに芯まで凍えてくたばった
俺の中にはもう誰も居ない、俺は湾曲したプログラムのひとつの記号に過ぎない
俺の中にはもう誰も居ない、その中の真意をお前のそばで曝すわけにはいかない
俺は幾千の死の記憶によって出来た開かずの踏切の陽炎なのさ
日常的なチアノーゼを抱えて過ごしているうち
新鮮な空気に異物感を感じるようになってしまった
よく晴れた空、爽やかな風、真白な雲、そんなものに
窓辺に釘をやたらに打ちつけて、ひび割れてゆくプラスティックの最期を眺めていた
俺の中にはもう誰も居ない、不詳の夜にみんな死に絶えてしまった
電話帳でも住所録でも開けて確かめてみるがいい、そこに書かれていたはずの名前はすべて消し去られた
俺はもはや死体が詰め込まれた薄皮の袋に過ぎない
肌が壊れてしまったのは飲み込んできたもののせい
口が歪んでしまったのは隠してきた言葉のせい
爪が尖ってしまったのは床に刺した憎しみのせいさ
俺の中にはもう誰も居ない、取り消し自由だ、もうもはやすべて
谷から投げ捨てるみたいに万事塗り変えてしまおう
時間をかけて造り上げてきたものなど
一瞬の隙で壊れる
蓄積だけを信じたりしない
地層から読み取れるものは過去に蠢いて居たヤツのことだけ
誰かが間違えて投げ込んだニュースペイパーに
洒落た名前のスペースシャトルが月へと飛んだと書いてある
パイロットのことが気の毒で仕方がない、そいつが
帰ってきてから眺めざるを得ない景色のことを思うと
遠い昔、俺のもとから
帰れないところまで飛び立っていったヤツも居たっけなぁ
俺の中にはもう誰も居ない、どうぞお好きに探して御覧
逆さに吊るしたり、腹を開いたり
頭蓋骨を割ったりして心ゆくまで探して御覧
俺の中にはもう誰も居ない、俺は生命の根源へと戻って
アメーバのように記号的に増え続ける
その先端をお雨にも見せてあげよう
来い、来い、来い、来い、この先端をお前にも見せてあげよう
来い、来い、来い、来い、目にしてみなくちゃ始まらないぜ
俺の中にはもう誰も居ない、最も冴えたやり方を探して








俺は山ほどの死体が詰め込まれた皮袋になる










0

毎日には特別することがない  












胃袋から絞り出したが、たいてい
気持ちのいい言葉にはならなかった、そもそも
てめえの中で渦を巻いてるものなんて
薄々は判っていたはずだった
俺が見ていたのは同じ景色
俺が信じていたものは同じ感覚、いつでも
いつかは犬のようにくたばる自分
俺が言葉にしようとしているのはいつでも
そんな自分をなだめるための鎮魂歌
雨に塗りたくられた暗い朝に
世界の果てを見つけた気がしたよ
いつまでも消えそうにない眠気と
血縁のようにまとわりつく潜在的な疲れの中で
繰り返していたのはどんな歌だった、ねえ、ノーウェアー・マン
くしゃくしゃになりながらヴェランダで雀が叫んでいた
"これだけはどうしても言っておかなくちゃならないんだ"
とでも、言わんばかりの懸命な調子で、ああ
俺がもしも雀だったのならあいつとはきっと美味い虫がついばめただろうにな
おはようございます、と、テレビが言った
俺は挨拶を返さずにテレビを消した
愛想よくしたところでどうせやつは聞いちゃいないから
喋りたいことを一方的に喋り続けるだけで
さめざめとした空気、心を持った埃みたいな匂い
ささやかな匂いなのに全てに勝ってしまうのは何故
シグナルの青が恨みつらみを隠しているみたいに見える
いつでもベストな感覚とは言い難い
いつでもベストな感覚なんて到底言い難いが
ベストな感覚なんてきっと持て余しちまうに決まってる
トゥー・バッドなぐらいが
生き延びていくには多分丁度良いのさ
「いつでも笑顔で」なんて
「いつでも憎しみで」ってなぐらい不自然なこだわりだぜ
ランチはハンバーガー、理由は簡単、安いから
100円、200円の理由の為に
10人目に並ぶことを苦痛と思わなくなった
ああ、プライス・ダウン・ジェネレィション
安価なレシートで絶頂する致し方ない世代
胃袋から全部絞り出したけど
全く気持ちのいい言葉にゃならなかったぜ
企業秘密のフライド・ポテトの
フレッシュな油の匂いがそこら中に漂っただけだ
並んだ言葉をMのカップに詰め込んで、素知らぬ顔でゴミ箱に捨てた
「お客様、ケチなポエジーはご遠慮願います」
カウンターの店員はそんなこと言わなかった、そりゃあそうだ
ジャンク・フードがゴミの選り好みなんてしちゃあいけない
「ありがとうございました」と
慣れた優しさでそう呟いただけだ
毎日には意味がない
さて、毎日には本当に意味がない、うんざりするくらいに
本当は詩人こそがそいつをやかましく書かなきゃいけないのだけど
綺麗な空と明るい未来を
売り物にしてる連中ばかりだ
雨はしつこく降り続けている
おためごかしを強要されるぐらいしかやることがない仕事の中で
ぼんやり椅子に座って雨の音を聞いてる
梅雨が明けたって話を誰からも聞かなかったけれど
日本全国が言うにはだいたい明けているらしい
どうせ濡れるなら同じことだけどな
どうせ濡れるんなら全く同じことだ
どうしても濡れることが出来ない甘ったれのせいで
狭い道路は軽自動車で渋滞している
運転席に居る連中の大半は
携帯電話を耳にあてた若い女ばかりさ
撥ねてから気づくんだろう
轢きつぶしてから気づくんだろうな
自分の無分別について
雨の音が聞こえなくなって
空がだんだんと明るくなってくる
毎日には意味がない
毎日には本当に意味がない
おかげで俺が吐き出すものは
毎日同じビートで塗りたくられる
まあ、それも、致し方ないことだ
持って生まれたビートに嘘をつくことなど出来ない
きっと気持ちよく晴れた空の下でも
俺は雨に濡れたみたいな気分でいくつかの詩を読むだろう
それはいいことだ、そいつは多分すごくいいことだぜ
きっと
「今日はいい天気だ、頭の中まで天国だ」
なんて
そんな詩を読んだりするのに比べたらさ



さて、そろそろ帰ろう
まったく





毎日には特別することがない












0

旅立ち、と未熟が吹かしたがる  













切傷のように震えた呆然の午後、路上で渇いた迷いミミズの跳ねる光を右目で受けて
どこかで聞いた歌の一節を思い出そうとしていた、結果として叶わずともいいような、そんな願望
だけどそんな願望ほど激しく騒いで余所事を考えさせてはくれないのだ
駅に入る六両編成の特急列車のざわめきが青黒い梅雨の晴空に立ち上る雷のようなエコー、旅に出るのか、バラバラと乗り込む、影のような奴らの緩慢とした移動
ベルが鳴り、扉が閉じ、荒れた有袋類のような音を立てて車輪が軋む、滑りだすときの速度にはいくらかのナルシズムが確かにあるだろう
そいつが行ってしまうと駅前通りは空っぽの籠のようになり、ちょうど赤信号で少し静かになった交差点には黙祷の佇まいがある
自動販売機に群がる学生のグループはさっきの列車から降りてきたのだろうか、流行のムーブが知恵遅れみたいに見え始めたのはどのくらい前からだっただろう
青信号に変わる瞬間に本当にそれを渡りたかったのかどうかほんの数秒自問して、結論を待たぬまま歩みは続いた
浄化出来ない霊魂のような湿気がまとわりつく、風にほんの少し、雨粒が混じったような気がしたのは気のせいなのか?傘を開き始める幾人か、反応の速さだけが自分を守ってくれるのだと言わんばかりに
どのみち雨になれば俺は濡れるだけだった、自分を守る術なんかはっきりそうと知ったことなどなかった、だから鬱血のような空の下でも足を速めることすら思いつかない
降ればいい、濡れればいい、それがなんの問題でもなかったみたいに滴らせながら歩いてみればいい、そんな有様が抱え続けてきた断層に違いないのだ
破れ傘をかざしたみたいに見上げながら、そう、待っているのか、待っていないのか、何を、誰を、どんな成り立ちを
あるのではないかという浅はかな感触、居たのかどうか判らないやつの墓への地図を根掘り葉掘り漁るような細切れの日々が続いて
舞台化粧の仕方を忘れた道化師のような悲喜劇を確かに知っている自分に気づく、演じるとはどんな種類の本質にも決して近づけないということなのだ
癇癪のような夕立が路面を濡らした時間にはアーケイドの中に居た、なにを見るつもりもなかったのにどうして
雨の音を聞きながら濡れずにいたら濡れることが怖くなり、悲しいことなど知らなかったみたいな笑顔の老婆が腰をかけた一番近くの洋品店の店先のビニール傘を買って差した
雨音と足音がリンクする帰り道を、いつしか何も考えずに歩いていた、アナログのメトロノームの前で見た白昼夢のような時間、腰をかけたままの時間を、笑顔でずっと見つめている老婆、老いたいのか、老いて、幾つかのことを諦めたいのか
それが成就だとは俺には思えなかった、傘を折るべきか、折って濡れるべきか、だけどやはり折ることも出来なかった、癇癪のような夕立の中、濡れずに居たのだから
駅に次の列車が滑り込む、まるで新しい世界がそこに開けるみたいに儀式的に、俺は信じなかった、時刻で区切られてゆく定期稼働の誕生など、駅を歌おうとする詩人など乗車券とともに轢死してしまえばいい
ほどなく雨は上がる、諦めて、濡れたやつらが空を見上げて一息つく、段階を飛ばすように太陽が光度を上げていく、濡れた身体はすぐに乾くものだ、日向に立つことの喜びを彼らは知るだろう、それは再生だろうか、あるいは治癒だろうか、傘の下に立つ俺はその意味を知ることが出来ない
滑り込んだ列車がまた鳴声を上げながら逃げてゆく、ホームにはそれを見送る連中がぽつぽつと雨粒のように
どこかへ行くのか、どこかへ帰るのか、行くあてはあるかい、会いたい人はいるかい、誰かを迎えに行くのかい、誰かを捨ててゆくのかい、傘をたたんで高架下に立つ、自動販売機には売り切れの表示がある、出ないと判っているのに何度か押してから隣のカフェ・オレを買った
砂糖不使用、ミルク60%、守られるあてのない約束、約束はだれを喜ばせるのだろう、果てがないのなら嘘で構わないのに




新しい列車が急ブレーキをかけた、絶望的な叫びが聞こえて――――――――









赤い雨が
少しだけ降った











0




AutoPage最新お知らせ