2009/9/26

すべては気まぐれみたいに行われるのがイカしてる  散文








ナマの心臓の感触というのはなかなかそうと膝を打てるような言葉にはならないものだ、本来俺たちはそうしたものの動きには無自覚なものだし、そもそも下手に自覚なんかしてしまったら日がな一日胸に手を当てて過ごさなければならなくなる。潔癖症の主婦が薄いゴム手袋と布巾とポリ容器に入った洗剤を終始手にしているみたいに。鼓動というのは多分、無自覚であるようにとあらかじめ設定された事柄のようなものなのだ、何故そんな風に設定されなければいけないのかって?そうだな、それにはいくつかの理由が考えられるよ―例えば世界中のドクターが自分たちの価値を一般市民よりもひとつ上のランクに留めておきたいがため、なんて、これはくだらない冗談だけれどもね。そうだな、とにかくそれは100年は休まず動き続け、鳴り続ける可能性のあるものなのだから、下手に自覚的につきあうとなるとこれはかなり厄介なんじゃないかって…そんな気、しない?無自覚であるというのはすごく大事なことだ、光合成のように凄く大事なことなんだ、光合成というものが自覚的に行われる場面というものを想像して御覧よ、こいつはちょっとぞっとしないぜ…取り込み具合や出来具合なんかにいちいちしつこく頭を悩ませるような光合成を想像してみな?そんなことをしながら育つ植物がいくら全植物の中で最高に合理的でファッショナブルな光合成にたどりつくことが出来たとしても、種族としてそいつらはきっと長続きすることは出来ないだろうさ…行為、行動というものはたびたび人をストレスの塊にする、それは自覚的に過ぎるからだよ、自覚的であることなんて、ほとんど自虐的であるというようなものだ。そこに重要な目的というものが存在しているならなおさらだ、そのことは判るだろう?重要事項について考えるとき、俺たちは自覚的にそれをやろうとし過ぎるんだ、それは必ず達成されなければならないとガチガチになって、まるで隕石を一人で食い止めることになった、なんて宿命を背負ったみたいな顔になっちまう、力み過ぎて、それが原因でやり遂げると決めたことの半分も果たせずに終わってしまうのさ、そして悔いる、やらなければならないという気持ちはとにかく人を悔いさせる、どうしてそれほど打ちひしがれてしまうのだろうというほどに、地べたまでずり落ちてしまう。やり遂げなければならないことほど無自覚的になるべきなんだ、本当は―例えば今、俺が書いているこの文章にどのような意味合いがあるか判るかい?無自覚的にことがなされるべきなんだ、というテーマについて書かれる文章は自覚的に書かれてはいけない。何故かっていうと…もう判るよね?無自覚でいなければ、伝えよう、読ませようという気持ちが先に立ってしまう。気持ちが先に立ってしまうとたいていのことは読みづらくなる、暑苦しくなる、青少年の恋の告白みたいなもんさ。思いが強いほど口が必要以上にぱくぱくとなって、同じ所で何度もつっかえてしまう、あ、あの、その、僕、僕、君の、君のことが…無自覚、といっても誤解して欲しくないのは、出鱈目じゃ駄目だということ。それがどこに行こうとしてるのか、それだけはきちんと把握しておく必要があるということだ。ナビに従って車を走らせるということさ。悩む必要はないが、行先を見過ごしてはならない。行先を見過ごしちゃうと当然たどりつけない。忘れたことに気づいて慌てたりすると事故にあってしまうことなんかもある。下手に事故ったりするとそのままこの世からはおさらばだ。自覚的にやるところを無自覚的にやるというのはなかなか難しいことで、人によってそれについて語ろうとしているこういう文章を目にするだけではなはだ矛盾しているという印象を受けるかもしれない、だけどそれは間違いだ、それは絶対に間違いだよ…無自覚でいるというのはこういうことだ。障害物のない見通しのいい直線の道路を選ぶ。そして、辛くない程度にそこを走る。速さなんて全く気にする必要はない。なにしろそこは見通しのいい直線道路で、しかも君には約束もなく、君よりほかにそこを走っている奴なんて誰も居ない。映画「激突」みたいに君を押しつぶそうとする馬鹿でかい車なんか追っかけてこない―俺がこんな話をするのはとにかく、無自覚であるということの面白さを確かに感じてほしいと考えるからなんだ。多かれ少なかれ、ここにいる誰しもが、いつまでも指先が止まることなく動き続けるのではあるまいかなんてなんていう感覚を感じたことがあるだろう?ああいうのってすごく楽しいと思わないか?つまり、任せちゃうことだよ。動き始めたら変に手を止めて考え込んだりしないで動き始めたものに流れを一任すればいいんだ、列車に乗る、なんて例えでもいいな―列車に乗るってことを考えてみるといい、然るべき切符を手に入れて、そこに書いてある然るべきホームに、然るべき時間に立って、然るべき服装で…まあこれについては人それぞれだろうけどさ、滑り込んできた列車に乗り込めば、あとは寝ようが窓の外を眺めていようが腹が痛くなってトイレにこもっていようが、列車は君を必ず目的地まで連れてゆく。いったん乗り込んだなら君が気にすることはただひとつ、切符に記されてある行先と同じ地名で下車することさ。うっかり乗り過ごしちまうと終点で途方に暮れたり、なんてところに落ち込んじゃうかもしれないぜ。


ともあれ、無自覚ってとても面白いものさ…じゃ、俺降りるから。











0

2009/9/23

混濁する変質のミックス、鼓膜を欠く蛇の剥き身からの血液の模様  










精神の欠片の中に迷い込んだ羽虫が悪いものを喰って死んだ、そいつの死骸がだんだんと腐って嫌な臭いをそこらに立ち上らせ…朝を二度迎えた後でなにもなかったみたいにそれは消えた
臭いの終わった死体は静かに、体躯を分解され、7日目の夜に忘れたように消えた、だけど流れた体液がその場に洩れたインクのようなしみを作って…渇いた血のように突っ張った痛みが長く続いた
眠り、という概念が冗談みたいに思えるような幾日かが過ぎ去ったあとで、あまり歓迎できない光が目の端にちらつくのを見ていた祝日、てのひらは微弱な電流に触れたように短く震え…まるであてのない思念のように
洗面台の端に両手を乗せて焦点の合わない目の奥を覗き込んでいたのはあれは昨日の話だっただろうか?オーバーヘッドプロジェクターのスライドする画面みたいな無機質な記憶、最も信じられないのはいつだって自分自身だった
途切れ途切れに見た夢の断片を繋ぎ合せてひとつの辻褄を合わせようとした、嘘なんだと呟きながら…そのあとに見えるものがどんな形かなんてそんなことはどうでもよかったんだ
見えたものは嘘だ、見えたものなんて全て嘘だ、最も信じられないのはいつだって自分自身だった、オーケストラが突然調和を乱すみたいにブレる感情の波をどんなふうに語ればいい、そしてそれは誰かに伝わることなどないのだ
正体!正体などあるわけがないのだ、虚けたようにただひたすら感情の波形を記録して変換してゆくものになど…風が強くなったな、おい、ひどく吹いているなぁ、あまりの勢いに首が根元からもげそうだ
枯れるにはまだ早い、全てのものが枯れ落ちてゆくには…なんといううんざりするような地熱だ、深酒の後みたいないびつな汗が身体の奥から滲み出してくる、晩夏―古い音楽のようにところどころ途切れがちな、晩夏
俺は口をつぐんでいたのだ、虫のように、静かに手をこする蠅のように、ぼんやりと…湿気と冷たい風がかわるがわるに訪れる季節に赤子の涎のようなネバつきを脳裏に感じながら
のたうちながらまぐわう蛇の記憶、こんな季節には必ずあの景色が記憶の表層をうろつく、あれを見たのはいつぐらいのことだったか…もういない人間がたくさんいた、あそこには、あの場所には
艶めかしい光を放つあの皮を剥ぐんだ、あれはいつか太陽に不気味な色を添えるためのフィルムのように思える、剥いで、血で、血で、血で、血で染めろ、ああは、剥き出しの肉片からゆっくりと流れる赤い血は、まるでそいつの存在がただの血管であると語るかのようだ
ホゥリィ・エンド、耳にしていたのはいつも予感だったんだ、それ以上、どんな形にも変質することのない…硬直した鼓膜に先端数ミリのドライバーで致命的な傷をつけてやれ、そうすることで画像に変換出来ないものが増えるから
落としてゆく、お前は落としてゆく、それ以上、どんな形にも変質することのない幾つかの血小板を…それはお前の本質的な欠陥だ、落としたものは拾い上げることが出来ない、なぜならそれにはもう違う組織がこびりついているからだ
本質的な欠陥、偏執的な本質、技巧的な欺瞞を懐に忍ばせながらすりガラスを伸びた爪の先で擦り続けるような音を聞いていた、梅雨時の雨音を退屈しのぎに数えているみたいな調子で
変質した、もののことを確かにそれと感じることが出来るか?たとえばそれが手の中におさまるものでくらいのものだったとして、何かが…形態や、目方や、質感が、変質した、そのさまを感じることが出来るだろうか、なぜそれを見ている、いつか放りだされた手紙のような文節を…
正体、本質、真実、真理―なぜそんなものについて知りたがる?変質こそがあらゆるものを正しく言い表すたったひとつの言葉だというのに…この身体が有機物である以上、断定出来る事柄などありはしないのだ、その認識こそが俺を生かせているすべてだ
落ちるように新しい音が、生まれる、生まれる、生まれる、生まれる…インプロビゼイションの度が過ぎるエンドの領域の痴呆、眼球が裏返ると見るまいとしたものの姿が垣間見える
ムービー・ショーの後でまっぷたつに裂けた犬を見たのはいつのことだったか、あの時のメノウのような大柄な犬の目つき、それが目にしたのはきっと終わりではなかったはずだ―あらゆるものを見て、そして忘れてしまったのだ、忘却だ、おそらくは極上の…
オーケストラ!オーケストラ、譜面通りの進行など投げ出してしまえよ!そうすれば拒絶の数が減るんだ、そのことが判らないのか、そのことが判らないのか、お前達には…乱れたリズムに泣くことがお前たちの命題ではなかったはずだろう
長くあとに残す、うんざりするようなフレーズがいつまで経っても終わることがなくて、俺はドライバーを握る手に力を込め過ぎて致命的なまで欠陥を鼓膜に残してしまう、上出来だ、上手くやったぜ…それはそう言ってごまかすことだって出来るのだ








0

2009/9/2

エロティック  









うち捨てたときの痛みをお前は信じ過ぎた、渇きの挙句ひび割れた生体の表面のごとく、ただあるというだけで約束された気になっていた理由が音もなく崩れる、死際の夏が悪い足掻きのように放つ胸のムカつくような熱をさばく術もなく汗にまみれる9月の初めのこと


その日俺の中にあったひとつの叫びは取るに足らないもの、多分お前の中にあった叫びだってちょっと似たようなもの、身につけたシャツはもう俺という生体に少し犯され始めていて…俺は脳みその記憶をごたまぜにして新しい語感を作り続ける、アナザー・サイド、真実なんて結構そっちにあるとしたもんだよ、確信なんて所詮は表層の出来事さ、確信なんかを振りかざしてはいけない、そんなものを強力なウェポンだと思いこんでしまったら、どんなに掘り下げても意識の器の底辺で行き詰るものさ…外壁に張り付いたツクツクボーシのうるさ過ぎる遺言状、もはや当たり前になってしまった甲高いフレーズを誰の心に植え付けようとしているんだ、どんな理由がお前の中には渦を巻いているんだ、「次も同じ」を繰り返すだけの果てのない輪廻、ノンストップでリピート再生されるレコーダーの記録映像、変わらないことこそが美徳だと言うのならなぜお前らは進化などしたのだ、焼けるような脳髄、アア、夏の走馬灯が俺の意識に入り込む、時に叫びというものが一瞬の間合いで遥かな沸点に喰らいつき心魂を屠らんとするその理由を俺に諭そうとでもするみたいに…夕立ちを告げている、夕立ちを告げている若い男のアナウンサー、だけどこのところ雨なんて見たことがない、雨はまぼろし、雨はまぼろし…流れ去っていくだけのものに誰が心など求めるだろう?


異常性欲者のように暴走したハロゲン・ライトを連想させるどこかの窓からの太陽光の反射、マシンガンで片端から跳ねるものたちをぶち割ってやろうか、物質に対する根源的な憎しみ、それに名前をつけるとしたら悲劇かそれとも喜劇か?撃ち抜きたい衝動なんてどこのどんな奴にでもあるだろう、聖者ほど長く誰かを殺し続けてるとしたものだし


鳴くだけ鳴いて飛び去って行った一匹のツクツクボーシ、あいつの小便が渇くまでに時間なんかそんなに要らない、判っているものは見届ける価値などない、どこかの隙間から潜り込んだアシナガバチをジェイ・マキナニーのハードカバーで叩き落としたとき、狂った夏は俺の中枢にそれの分解を命じた


細いドライバーで俺はそれを分解した、羽をむしり、針をもぎ、体液がデスクに小さな溜まりを作った、そいつのどこかしら淫猥な丸い腹がぴくりと震えてそれきり動かなくなったとき、死あるものの理由を知った、生命というのはそれだけでどうしようもなくエロティックなものなのだ、暑い、ちくしょう…




ドライバーの先端を見つめた、アシナガバチがそこに残したわずかな組織が










垂れるように
泣いていただけだった








0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ