あなたの右手は狂人だ  












白濁色の幻聴がミミズのように潜りこむ寒さ、よりの朝、寝床の感触は死に忘れ、生ぬるい亡者の笑い混じりの生業まみれ
汚れた目尻を洗う時に思いついた今日最初のポエジー、目尻から糞、目尻から糞まみれ、Go For It,Baby.
正しさなんか求めたことはない、いつでもスッキリやりつくして眠りたいだけ、だけど寝床の感触はたいてい死に忘れ、どうすりゃいい、どうすりゃいい、どうすれば清々しく、新しい朝とやらに飛びこむことが出来るっていうんだい、感情線からキチガイ飛び出て俺の手相は破綻した、占い師に見せたら悲鳴を上げて卒倒しちまった、当面、予定など爪の先ほどもないこちとら、ご親切に救急車を呼んで病院まで付き添い、注射点滴雨アラレ、やっこさんが生気を取り戻すまでずっと待ってやった、なのにやつは目を開けるなり、礼も言わずに帰ってくださいときたもんだ、「あなたの右手は狂人だ」「そんなの判ってる」そんなこんなで病院を出ると辺りはもう夕焼けに包まれていて、このへんに土地勘のない俺はとりあえずバス停を探したがよく考えるとバスに乗れるほどの金を持っているのかどうか定かじゃなかった、さて参ったなとポケットを探ったら占い師の札入れが出てきた、そうか、倒れたときにヤツの懐から零れたものを拾っておいてやったのだった、渡すのを忘れていたが、もう渡さなくたってかまいやしないだろう、札入れを開くと10数万の金が入っていた、やれやれ儲かるもんだな占い師ってのはなんて思いながらタクシーを止めてもといた街へとゆったり帰り、ちょっと豪華な夕食を食べて、部屋に帰ってテレビをつけるとニュースの時間だった、「占い師病院で死亡」そんな言葉がいきなり飛びこんできた、俺は狼狽したが、誰も今日のことを俺のせいだなんて思わないだろうと思って気持ちを落ち着けた、念のため札入れはきちんと処分して、残った金を自分のポケットに入れた

次の日の目覚めは最悪だった、死に忘れに他人の死がまとわりついているわけだからどれだけ酷いか想像も出来ようってなもんだ、俺は自分の右手をしげしげと眺めた、たいしていいとは言えないがそんなに禍々しいものだとも思えない、ただそこからキチガイが飛び出して、手相が破綻してるだけだった、だけど今日は昨日の街の方には出ないことにした、俺のことを覚えてるやつだってまだたくさんいるだろう、面倒なことには関わりたくないのだ、占い師にはすまないことをしたという気持ちもないではないが、俺だってあんなことになるとは思ってもみなかったんだ、電車に乗って少し離れた繁華街まで出かけた、ホームに降りた途端に若い男がわけの判らない言葉を喚きながら俺に飛びかかってきた、倒れた俺にまたがり、犬のように歯を剥き出しにして俺の喉笛を掻き切ろうとした、完全にイッちまっているがそこそこハンサムな野郎だった、俺はヤツの牙を避けようと右手を伸ばしてヤツの顎を押し上げた、するとヤツはもの凄い悲鳴を上げて俺から飛びのき、いままさにホームに滑り込まんとしている快速の前に飛びだした、轟音、無数の悲鳴、嘔吐する声、バタバタという足音、猛烈なスクリーミンがホームを支配した

俺はほんの少し警官と話をする必要があったが、男が喚きながら俺に襲いかかったため、たくさんの人間が俺たちのことを見ていた、誰もが電車を降りた途端に俺が襲われたのだと証言した、「まあ、いいでしょう」と警官は言った、「災難でしたね」「まったく」と俺は言ってそこを離れた

駅のそばの喫茶店で少し休もうと思ってソファーに腰をおろしコーヒーを頼んだが、困ったことにそれに口をつける気分には全くならなかった、諦めて背もたれに身体を沈めて目を閉じた、しばらくそうしているだけのつもりだったがやがて眠りこんだ

金切り声と右腕の焼けるような感触に目を覚ましたら、入ってきたときにはいなかったウエイトレスが血走った目で俺を睨みながら俺の右腕に何度もナイフを突き立てていた、騒ぎを聞きつけた近くの客や他の店員が彼女を俺から引き剥がした、俺の右腕はやすりにかけられたみたいにボロボロになっていた、店の責任者が青ざめた顔で何度も詫びながら俺を病院まで連れて行ってくれた、治療を済ませて待合室に出てくるとさっき駅で話した警官がいた、さすがに彼も今度は少し俺のことを疑ったみたいだが、この人は寝ていただけなんです、と店の責任者が証言したので警戒を解いた、「災難でしたね」話が終わると警官はまたそう言った、きっと彼らの癖みたいなものなのだろう、俺は今度は笑いも答えも出来ず、ただ黙って首を横に振った、警官が家まで送りましょうと言ってくれた、パトカーの中で俺はずっと右手を固く握りしめてポケットに突っこんでいた「気を付けてくださいね」警官は最後にそう言った



眠るどころじゃなかった、その日は。












0

動脈のような潮騒  











青い光、死に急ぐ時、俺は
時を吸い込んだ埃にまみれながら
網膜の疲労のせいで動脈のように赤い
海岸線を見つめながら無力であろうとした
出来たことを数えながら見送るなんて、ただ見送るなんて
もうそんなくだらない後悔にはうんざりしていたんだ
まばたきがひどく速いせいで世界は点滅する
光源に向かいながら落ちてゆく夜の深さ、足元で遊んでいる
半透明の腐敗した示唆
真実、お前のもとに行きたいと思った時俺はいつでも
どこか追いついてはいけないと考えている自分のことを知っていた
何が怖い、知ることか、終わることか、だけどそんなものに
これだと指し示すことが出来る一点などあるわけもないのだ
海岸線は動脈のように赤く点滅しながら終わる、ああ、終わった
ああ、終わった…
海老の死体のように砂浜に積み上がる今日という思念の死体、俺は枯れ草を集めて火をつけた、思念の死体の死にざまは気に入らなかった、全然気に入らなかった
なにを、なにを幸せそうに終わっていやがるんだ、てめえはなんにもかなえられなかったじゃねえか
綺麗な言葉がつらつら出てくるのはそんな自分を判っていたせいだろう、墓碑銘が飾られるのは哀れみみたいなもんだろう
なにを幸せそうにくたばっていやがるんだ、そんなもの俺は良しとしたりしないぜ、絶対に良しとしたりしない
動脈のように赤く今日の思念の死体は燃える、闇夜を照らして…
踊る炎は星を掴もうとしているかのように見えるのだ、あはは、絶対安全なドリームの領域、届かないことを必ず理解している無心、うすらぼけた茶番の終わりには最高に似合いの幕引きさ、なあ、そうだろう、今日の思念
今日の思念は少しばかり何かを言おうとしたみたいに見えたけど、それはあぶられていることによる筋肉の収縮かもしれない、ただの
筋肉の収縮、失われていくのだという形態の摂理
自然現象で片付けるにはヤツの目はまっすぐに見据え過ぎているような気がした、俺のことを
生き延びたから誇らしいとでも思っているのか、とヤツは言っているように見える、誇りなんてこんな所には無いさ、と俺は答える
誰かを荼毘にふそうとするとき、生きてるものの誇りなんてそんなもの何の関係もない、俺は持つべき時をそこそこ心得ている、誇るべき時をなんとなく心得ているんだ、お前にはそのことは判らないだろう、なぜならお前はもう誇ることもないからだ
みっともない死、みっともない死、ただただひたすらみっともない死だ、お前を焼いた煙は
さめざめとなく幽霊のようだ
ううお、と北風が殴りつけるように吹いて、お前という哀れさがたちまちに砂浜に散らばる、埋葬すら残されなかった、俺はジッパーを下げてそのあとに小便をした
小便は独り言みたいな泡を吐いてから夜に溶けていった、アンモニアの夜、アンモニアの海、いなくなったお前のあとに
足元が深く砂に入る、海よ、海よ、俺を食らおうと言うのか、お前に俺を食らうことが出来るのか
お前の絶対さだっていつか壊れる、お前だってきっといつかは過去のものになる、俺は滅びたくない、滅びることのないただの思念になりたい、いっとき砂浜に散らばった、やり切れない不完全さとは違う滅びることのないただの思念に
お前は俺になることが出来るか、お前は俺になることが出来るか、俺は靴底を撫でる波の先端に向かって話しかける、これ以上どんな言葉が必要なのか、俺がお前とは違うものだと言うがために
永遠は滅びるものにしか綴れない、だからこそ俺はここに居るのだ、そうだろう、そうじゃないのか?生まれたい、生まれたい、生産してくれ、永遠の砂浜
構造に爪を差し込んでこじ開けるような毎日、だから指先はいつも痺れたような疲れに取り巻かれている、俺の指を優しく包んでくれる真実、だけどそれはたったの一日で死に絶えてしまう、荼毘に付される夢を見る、生きたまま、手足を縛られて…うずたかく積まれたからからに乾いた藁の上で身悶えるのだ
熱い、熱い、熱い、焼けただれた皮膚が今生にしがみつくんだ、俺の指先を見ろ、またこじ開けようとしている、そして赤い熱に包まれ、動脈のような赤い熱に包まれ…
夢から帰ってくるといつでも目の端に赤い炎がちらつく、長いこともう死んでしまっているみたいな気分で東からの光を眺め続けてしまう、夜明けだ、夜明けだと、小鳥たちが囀る、排気ガスが彼らの喉を少し壊してしまっているかもしれない
あー、あー、俺はカーテンを開き窓に顔を張り付けて叫ぶ、生き残った、生き残った、夢から生き残った、夢から生き残ってしまった、どうすればいい、どうしたい、幸せそうに死んだなら羨んでもらえたのかい
なにもかも捨てるには積み上げてきたものが尊過ぎて、そうだ、俺は自分の人生をそれなりに愛してきた、だから歳を食ったのだ、得てきたもののすべてが長々とくすぶり続けるから




潮騒が聞こえる
終わったんだ



すべて














0

汚れた川面を見つめている右目だけのアリサ  










日の暮れかけた堤防沿いに横座りして汚れた川面を見つめているアリサ
「時々この川がすごく美しい流れに見えることがあるわ」と彼女は言うのだ
アリサの左目は幼いころに父親に傘の先で突かれてまったく機能しなくなった、まるで生きてる目のように動くが
その存在意義はミルク飲み人形のそれとたいして違いはなく、ただまぶたの下でころころと転がっているだけであった
「この景色が誰かに見えないかって思う時があるの、わたしが見てるみたいにきらめくものに見えないかって」
アリサは自分の目の話をよくする、だけど自分の父親のことはめったに話すことはなく
他に家族がいるのかという問いについてはどちらともとれる笑みでしか答えなかった
「きらきらするのよ」
アリサの顔にはまるで表情というものがなく、綺麗だと思いながらそれを突き放してるみたいに見えた
「右目ってきっと光を見るためにある目なんだわ」
そんなことはない、と俺は言う―無粋だってことは充分判ってはいるけれど
「そんなことどうでもいいのよ」
アリサは川面から目を離す、まっすぐに俺の顔を見る、川面を離れた瞳は心まで届かせることのない悲しみを湛えているみたいに見える、俺は彼女の隣に座る、彼女は頭を俺の肩に乗せる
「わたしと同じ景色を見たいって言って」
見たいのかもな、と俺は答える
「おまえの右目は奇跡だよ、誰にもそんな風にこの川を見つめられはしない」
二羽のハトが俺たちの足元でパンくずを探している
「わたしの見ている世界はみんなうそ?それともほんとう?」
「そんなこと誰にもわからない、俺が見ているものだってそのどちらかでしかないのかもしれない」
「どちらかでなければいけないのかしら?」
「どちらかを求めているのならね」
「あなたは求める?」
俺は爪先でハトをからかいながら考える、そういや…
「求めたこと、ないな」
アリサは右目だけでまばたきをする―時々そんなふうになることがある
「どうして求めないの?」
俺は立ち上がる「どうしてだろう?動きやすいからかな、そう思わないか?」
どうかしら、とアリサは笑った
「街を歩いているとね、こっち見るなって言われることあるのよ、わたしはその人のことを見てもいないのに…きっと左目のせいね、こっちにはなにかを見るという意識はないから、どうしているのか自分でもよくわからないのよ」そして少し考え込む
「選ぼうとすれば、求めようとすれば、手に入らないものはそれだけ増えるのよね」
そう言うとアリサは頭を軽く振って風に遊ばれた髪を落ち着かせる、彼女の髪はとても聞き分けがいい
「帰りましょう」
堤防沿いを歩きながら俺は考えた
アリサ、おまえはその右目でどんなものを見ようとしているんだ?真実も嘘も、俺たちが人である以上一生判らないものなのかもしれんぜ…


ある日仕事から帰ってみると、アリサの姿がなかった―「生まれた街に行ってくる」と置手紙があった
俺はその手紙を広げたままピザを食った
アリサの分も一人で食べつくした
珈琲を二杯飲んでから手紙をたたんで机の引出しにしまった


アリサは二カ月の間帰ってこなかった


帰ってきたとき、アリサは少しすっきりした顔をしていた
「父親の墓に唾を吐きかけてきた」と言って笑った、そして泣いた
彼女の父親は彼女の母親に殺されたのだそうだ
彼女が家を飛び出して数ヶ月経ったころに
「左目のことなんかどうだってよかったのに」
アリサは何度もそう呟いては身体を震わせた


アリサが貨物列車に飛び込んだことを知ったのは次の日の昼ごろだった
馴染みの駅員が電話で知らせてくれた
「わたしのこと忘れないで」と書いた俺あての手紙が
彼女の血をしこたま吸い込んだポーチの中から出てきた
俺はその手紙を机の引出しにしまった




夕暮れ時の堤防沿いはもう、すました顔で座っているにはちょっとキツいくらい寒くなって
俺はダウンジャケットで身体を包みながら
太陽が完全に挫けるまでそこにそうしていた
汚れた川のおもてはやはり汚れたままであって
俺はただひとりで
汚れた川のおもてを見つめているだけだった
右目だけのアリサ
いまでも俺は




おまえと同じ景色を見たいなんて考えたりすることはないよ











0




AutoPage最新お知らせ