列の向こうで烈しく輝く太陽は決して俺の足下を照らすことが無い  









列の向こうで烈しく輝く太陽は決して俺の足下を照らすことが無い
唇にこびりついたフルーツの香り、俺はいつも何かひとつ子供じみた失態を犯してしまっていて
記憶のノートをめくり返すときはいつでも、同じ頁でいたたまれない思いになる
小さな雨が延々と降る木曜日は哲学者がもっとも嫌うだろう袋小路のどん詰まりを想像させる
俺は哲学者じゃない、だけどちょっとしたゲームみたいにそんななりをすることは出来るぜ
嘘をつくことに尤もらしい理由を被せたら芸術って呼ばれかねない
面白がるのは構わないけれど小難しくし始めたら事態は複雑になるんだ
濡れた交差点に立って小さな声でサイモン&ガーファンクルを歌うことさ
それをどう受け止めるかなんてたぐいの話はしていない、少なくとも、いまここでは
受け取るときにどんな顔を作ってみせるのか、そのことについてもっとよく考えてみた方がいいな
ヒントが多すぎる謎々なんかをずっと面白がったりしていちゃいけない
複雑に絡み合った糸をあらかた解いてその中に何が隠れていたのか目の当たりにするとき
本当の快感がそこにあることに気づけるかもしれない…もしもいままでそのことについて何も知らなかったのなら
いま一番近くにある本を始めっからじっくり読み返してみるべきかもしれないぜ
思考はリズムするべきだ、もっともっと深いところへ楽に潜って行けるように
脳下垂体を激しくグラインドさせて意識をほどよくちらかすのさ、どこからが意識的でどこからが無意識なのかぼんやりと気づけるように
すべての考えの中を新しい風が吹き抜けるのをしっかりと感じるべきさ
考えの停止したやつはそこで最後さ、そんなやつの頭の中にはピーナッツみたいな間抜けな確信がたったの一個転がっているだけさ
信号が青になったら交差点を向こうへ渡るんだ、一番シンプルなプロセスの中にこそ心理が隠れていること立ってあるぜ、流れを見つけたら乗ってみるのもひとつのアイデァだ
どんな風にしたい、どんな風にして向かいの歩道に渡りたい?方法は無限にある、危険なものから安全なものまで、いつも自然に選択しているんだぜ
列の向こうで烈しく輝く太陽は決して俺の足下を照らすことが無い
それならば俺はその太陽のことを選ぼうとは考えなくなるかもしれない
あるいは別の手段を使って自分の足下を明るく照らすかもしれない…そこに満足があるかどうかはまた別の話さ、判るだろう、受け止め方を間違えるのはちょっと恥ずかしいことだぜ
列の向こうで烈しく輝く太陽は決して俺の足下を照らすことが無い、それなら俺はまずその太陽に名前をつけよう
どんな名がいい、アダム、アリス…太陽は男かそれとも女なのか?判るわけないから中性的な、どっちともとれる名前にしておこう…
俺はノートを開いて太陽のイラストを描き出す、さて、そこから動き始めるんだ…










0

錆びた三輪車は深いよどみの中へ走る  











冬の欠片を舐めながら
消え去ってゆく一羽の鴉
数秒前までやつの止まり木だった
徹底的に錆びついた三輪車は
生まれる場所を間違えた珊瑚のように見えた
いびつに変化した
小さなハンドルの上で
そいつだけの時間がだらしなくうつろっている
10年ほど前
そこである企業の経営していたカラオケスタジオが廃業した
8年ほど前
薄暗い建物が取り壊されたその頃から
その三輪車は瓦礫の中で主を待っていた
詳しい話は知らない
俺が聞いたのはそれにまつわる噂でしかない
働き詰めでおかしくなった店員が
たまたま遊びに来ていた店長の子供を刺し殺したとか…
2階のフロアーが
浸水したみたいに子供の血で濡れていたそうだ
店が廃業したころからそんな噂がまことしやかに流れていた
三輪車はそのとき殺された子供のものなのだと
だが
俺はその頃そんな事件があったというニュースを見たことがないし
そこで働いていたというやつにも会ったことがあるけど
そんな話は一度も聞いたことがなかった
と、首を傾げていた
「まあ、もっとも」とそいつは口をとがらせて
自分は最後まであの店にいた訳じゃないからそんな事はなかったとも言い切れない
そんな事を言った
「僕は店長に子供がいたことも知らなかった」
さて、それじゃあどうしてそんな話になったのか
はたしてここで子供は死んだのか?
三輪車を見ながら
噂について考えているうち
俺はそのことを少し検証してみたくなった
ずいぶんと少なくなった瓦礫を乗り越え
三輪車の方へ歩いた
今まで何人ものもの好きが
こんな風にして瓦礫を乗り越えたのだろうなと考えながら
近づいてみてもそれは
三輪車というより珊瑚という方がしっくりきた
ハンドルに手をおいて軽く揺すってみたが
それはほんのわずかも動くことはなかった
錆は不思議なほどにあらゆるパーツの上に盛り上がっていた
それはもしかしたら…
そう考えたとき突然周囲が入れ替わるような奇妙な感覚があり
その感覚は軽い眩暈を呼んだ
少しの間目を閉じてそれから開けると
三輪車の向かい側に
血まみれで
肌の下の組織をあちこちからはみ出させた子供が
ハンドルに手をかけて俺のことを見ていた
子供は
切り刻まれていることすら気づいてないみたいに見えた
俺たちは長いこと三輪車を挟んで向かいあった
やがて
子供は瓦礫の中から白い石を拾い
形の変わった胴体を苦労して屈めながら
足元の
基礎コンクリに「パパ」と書いた
そして
再び三輪車にを挟んで俺と向かい合った
(そうか、喋れないのだ)
と俺は思った
不思議なほどに気持ちは落ち着いていた
子供の口は骨まで砕かれたように裂けていたのだ
「ここにはいないよ」と俺は言った
そして
迷子に構うように子供の頭に手を置いた
手のひらには確かに感触があった
「君はもう死んでる」
子供は悲しそうな目になり
首を横に振った
「身体を見てごらん」
子供は身体を見ずにもう一度首を横に振った
まあ、無理もない
俺だっていつかこんな風にどこかでさまようかもしれない
「悪いけどおじさんは君のパパのことは知らないんだ」
判ってた、というような顔で子供は頷いた
「悪いけどもう行かなくちゃ」
子供はまた頷いた
そして苦労して小さなバイバイをした
俺は振り返らずにそこを後にした
瓦礫を乗り越えると妙にうれしそうな年寄りがふらふらしながら立っていた
「ね、ね、あんた、ここで何してたの?」

妙に幼い口調でそいつは言った
俺は三輪車の方を振り向いた、子供はこちらに背中を向けて立っていたが
何かを感じてこちらへ振り向いた
年寄りが長く高い悲鳴を上げた
「ごめんなさい、ごめんなさいー!」
年寄りはそう言いながら地面に突っ伏して痙攣し始めた
俺は子供の方をもう一度見たが
その姿はどこにも見当たらなかった
年寄りに視線を戻すと仰向けになって泡を吹いていた
今にも死にそうに見えたが
突然目を見開いて立ち上がると
「僕が殺した!」と叫びながらよろよろと走り去った
俺はしばらく背中を見送ったが
暗くなる前に家に帰ろうと踵を返した


そこには子供がいた
俺と目が合うとにやりと笑った






早く帰らなければならない













0

傷んだ洗面から賛美歌は始まる  










瞬きの間に世界が反転したような疼き
ただ真っ白な洗面所にめり込むほど顔を落として
流れ落ちる水のうねりは熱意のない鎮魂歌のよう
午前6時の切断は排水溝に埋葬される
毛根に残された水滴からは吐瀉物の臭いがする
そんなものをため込んだ覚えはひとつもないのに
白み始めた朝の中でそれまでのすべてが水泡に帰してしまった
(水泡に、まさしく水泡の中に)
目覚まし鳥の消化不良なくちばしの中での呻き
気をつけろよユーザー、呑気に見えて
そいつらは結構人を選ぶぜ
渦巻きの中に俺自身が消えたから
行動という概念が心中とうまくシンクロしない
スティック仕様のパンをくわえて2、3度噛んでみたけれど
チャート上位の流行歌みたいな気分はひとつも染みちゃこなかった
そんなとき
インスタントのコーヒーの
おざなりな感じは結構救いになるものだ
雨が上がったよ、水滴にきらめく街はまるで
最適化された天国のようだよ
スタンプ・カードを満欄にしたやつから
一人残らず扉をくぐってあっちの水へ行っちまえ
腰までズボンを下げた天使がたるんだ調子で迎えてくれるさ
不満があったら掲示板へ書き込めばいい
同調や反論が我も我もと涌いてきてくれるぜ
窓を閉めて施錠したらタイピングの幻聴がゆっくりフェイド・アウトした
効果的に事を運ぶための巧妙なきっかけの連鎖
これまでに何度そんなもんに右往左往してきたのかね
コンビニエンスストアの不作法な照明
山ほどの無意味なショート・カットを連想させる駅の改札
マウス・ゼスチャーで終点まで行けるだろうか
乗り越し精算だけがきっともたつくんだろうな
旧型セドリックが交差点の真ん中で腹を出していた
口を開けなくなった鰐みたいに見えた
ねぇ、ストレンジャー
おまえの欲望はセンター・ラインの向こうまで飛んでいくことが出来たかな?
例えば頭と身体が分かれちゃったりしていても
それはそれで結構オンの字としたもんなのかもしれないな
俺ももしかの終焉の時には
ミサイルのように最高速度で終わってみてもいいかもな
公園の便器に残された落書き
「俺は最強、やりたいやつ誰でもこい」といった内容の文字と
080、から始まるナンバー
まったくみみっちい最強もあったもんだ
こいつが今でも元気にしてたらいいんだけどな
手洗いの蛇口は壊れていた
最強とかいうやつの仕業なのかもしれない、夜の夜中にスパナやベンチで…
ここ数日狂ったように吹いていた風は少しなりを潜めて
不思議なほどに通りは穏やかに見える
記憶しておこうよ、雨粒にきらめく手頃な天国


昼間になったらなにもかも渇いて死んでしまうぜ











0




AutoPage最新お知らせ