フラット  






きみはずっと、おれにそっぽを向いてなにか、おれたちのこととは関係ないことに躍起になっている、まさか世界はおれを残してすこし構成を変更したのか?そんなふうにしか考えることが出来ない四月の終わり間際だ、スピーカーからはシャムロックが流れていて、そのサウンドは彼らがデビューしてから二十年が過ぎた今でも充分にイカしてる……おれはしかたなくディスプレイに向かって、無関係な世界の動向を確かめる、どこかで、だれかが、死んだ、ムービーの数々、それはいまではいとも簡単に見ることが出来る、幾つかのキーワードで検索をかければ、すぐさ……ときどきおれは、なんでこんなものを見るのが好きなんだろうと考えることがある、どんなものを得たくてこんなものを眺めているのかと……楽しみや、喜びとはまた違う、奇妙な興味とでも呼びたい感覚がそこにはある、むかしだれか、有名なアーティストが言ってた、「恐ろしいものに向かってしまうのは怖がりだからだ」って……おれはなにかを恐れているのか?そんなムービーと果てしなく向き合ってしまうくらい、なにかを恐れているのだろうか?それで、正しいと言えなくもないだろう、実際、恐れていると言ってもかまわないだろう……それはフォーマルとカジュアルの、同じサイズの靴の履き心地に違和感を覚えないような人間なら、この感じを恐れているという枠に入れるかもしれない、じゃあ、仮にそういうことにして話を進めてみようか……それはいつか寝床で見た夢の、忘れられない風景に似ている、あるいは、数年も経って新しく思い出してしまう風景に似ている……思い出すという作業は再構成に似ている、いちどばらばらになったものを拾い合わせて似たようなものに作り上げる、同じものではない、それは決して同じものではない……いちど壊れたものは二度と、同じかたちになることなどない……細かくちぎった写真を拾って貼り合わせるようなものだ、残るべき情報さえ残っていれば、些細な違いは問題には出来ないものだ、写真を貼り合わせることと比べて違いがあるとすれば、あきらかに違う方になっていたって構わないということだ……もちろんそこに納得出来るだけの感触が存在するのならということだけれど



きみはずっとおれにそっぽを向いてなにかおれたちのこととは関係ないことに躍起になっている、それは威嚇か?それとも拒否か?それとも時間稼ぎか?もちろんおれには関係のないことだろう、それはおれにしてみてもそうなのだ、もちろんきみとは違う意味で……おれはリボルバーを取り出して弾を込める、一発あれば構わないはずだが、念のためにもう一発込める、さらに、感情が破裂したときのためにもう一発、そして、その一発で満足出来なかった時のためにさらにもう一発……いつのまにか手の中の弾丸はなくなり、リボルバーは弾の数だけ命を吸ったみたいにずっしりと重くなっている、おれは手の中に汗をかいている、シャムロックはリピートされている、きみが絶対におれの方を見ないことは判っている、きみがこちらに顔を向けなくともおれのしていることを確認出来たりするようなことはない、どこにも、鏡の代わりになるようなものはない、窓のカーテンはすべて閉じられている、大丈夫だ、問題はない、あらゆる可能性について考えた、もう絶対に、失敗することなんてない……おれは音を立てないようにきみの後頭部に狙いをつける、いつかはこの手の中であたたかい温度を放っていたきみの頭部、もうそうじゃないなんてとても残念だ、それはこれから温度を失い、すこしは損傷もして、ソファーの上に転がって二度と思考しない……この生活の終わりを告げるオブジェになる、そうだ、おれは、あらゆる可能性を考慮したのだ、出来る限りのことを……出来る限りのことを考えたのだ……引鉄に指をかける、これで、なにもかも、おしまいだ…………そのとききみがくしゃみをする、そしてこちらを見る、おれは銃を隠す、きみには見られていない……「ああもう」「風邪でも引いたのか?」「花粉かな」「そうか」きみは立ち上がる、「先に寝るわ」「それがいい、あたたかくして…寝るといい」おれは我知らずにっこりとほほ笑む、きみもつられて笑う……きみが寝室に消えてゆくのを見送って、おれはジャケットを着て車に乗り込む、エンジンをかけて、ゆっくりとアクセルを踏む、きみがそんなおれを見下ろしているのが見える、そう、これでなにもかもおしまいなんだ、おれはカー・ラジオをつける、ビリー・ジョエルが歌っていた、タイトルがなにかは判らない、いくつもの曲を聞き流してやがて海岸沿いに出る、海の上にはラッセンが描いたみたいな鮮烈で下品な月が浮かんでいる、おれは車を止める、エンジンを切り、車を降り、波打際に行き、銃を握り、銃口をこめかみに当てる、それは不思議と親密なものに感じる、親密なあたたかさを感じる、風は強いけれど寒いと感じることはない、さっき耳にしたビリー・ジョエルの曲を口笛で吹いてみる、高音がすこしフラットしてしまう、だけど、そんなことは、べつにはじめてというわけじゃない……鼻をすするような小さな音を立てて、波がおれの爪先に触れる、おれは引鉄にかけた指に力を……こめて…………





0

そんなことどうだっていい  






雨が窓に描く模様は
脳幹で鳴り続けるノイズの色をしてる、指でなぞると
細胞がどのくらい損失しているのか判る
軽く頬を叩くくらいの雨降りのくせに
それは必ず鼓膜まで届いてくる
浮浪者のていで路に横たわる悪趣味な神の静かな予言の様に
今はもう日が暮れてしまった、輝きが欲しいなら明日まで待ってくれ
今はもう日が暮れてしまった、明日まで…
非常階段で誰かがベンドし続けてるハモニカの音色にはくっきりと
「この例えようもない孤独」と
くっきりと記されている
ブレスのたびに雨に打たれてジャンクヤードに転がってゆく
おれは街角に立って
いつかの約束のやり直しをしてた
それがもう二度と果たされないものだとは
ずいぶん昔にしっかりと理解していたけれど
それでも傘をさして街角に立っていた
こんな雨の日にはそれしかやることがなかった
別に非常階段のハモニカを聞いていたいわけじゃなかった
ブルースは
それを歌い続けようとするやつのためだけにそこにあるものさ
昨日まで渇いていた街は一日中
しみったれた雨に濡れて
クラシックなデザインの街灯たちはみんな
涙をこらえているみたいに見える
果たすも果たせぬもない約束のためにここにいるのは
そうしたことで自分が満足したいせいなのだ
そういうのってもう本当は約束とも呼べない
だけどおれはそれを約束と呼ぶ、それだけでここに立つ理由になるから
約束は今日、義務の様に試されなければならなかった
おれはモデルハウスの様な存在理由で
ただここに立っているだけだ
ハモニカが止んで叫び声がした
それから
おれの傘に何か固いものが当たり、カラカラと地面に転がった
それは多分さっきまでうたっていたハモニカだった
それから男が降ってきた
雨とはずいぶんと違うやりかたで
(途中で排水パイプにぶつかって角度を変えた)
おれはハモニカを拾い上げ雨で洗った
そして軽く吹いてみた
地面に落ちた男は僅かにすら動くことはなかった
頭から流れる血液は
雨の夜でもはっきりとそう判るものだ
おれはハモニカを吹きながら
半ば砕けた男の顔を眺めた
年のころは二十代半ばだろうか、激しく泣いたような痕が頬にあった
ああ、ブルースは…ブルースは落下して砕けた、そんな風に終わりを迎えるブルースだって決して珍しいわけじゃなかった
その後の生体となってかれは雨に打たれ続けた
おれはかれほどに上手くベンド出来なかった
おれは約束をお終いにしてそこを離れた
ハモニカはなんとなくポケットにしまってしまった
そのかわり、傘を
かれの頭のあたりにかかるようにさしてきてやった
もうベンド出来ないことに比べたら
ずぶ濡れになることなんか大したことじゃない
ハモニカはまだ
死んだ男のものとは思えないくらいの熱を記憶していた
ポケットの中で発熱してるみたいだった
おれの約束はなんだったのかって?
そんなこと、どうだっていいじゃないか





0

冷たい溶岩流  







無呼吸性の暗示が
一番脳に近い毛穴で
不快な韻律の
歌を刻むころ
次々と実を落とす
植物は塗り潰された
路上で乾いた
失血死の痕跡を思わせる色に
落ちた実を齧るとどんな
いたたまれなさが残るのかと
嗄れた喉で夢想し
そんな果汁で満たされた身体は
どんなふうに眠るのかと
どんな夢を見るのかと
器具で挽かれる食材の様な
予感がのたうつ五十八分
電波時計が入れ替える瞬間は
剪定の様に無情
故意に目をやる無灯の部屋
脳を抜かれた吾身の残像
大口を開けたさまは
まるでウツボカズラで
見え過ぎる影のようだ
動かない時間のせいで
そんな残像が消えずに残る
隙間風に揺れるカーテン
怖気ながら拒んでいるようなカーテン
あいつには確かに見えているのだ
毒を吐き散らかすなにがしかの影が
葉の裏に張り付いた
油虫の様に
断片的な感情が
無軌道に喘いでいる
ササササと
薄紙が擦れるような音が
それらのすべての関係を
ないものと結論付ける
粘ついた血を吐くように
春の始まりにはりついて
断片を握り潰し
得た塊は
発音出来ない声に似ていた
センテンスに罪があるなら
それは存在ということだ
脳を抜かれた吾身がこちらを見ている
センテンスに罪があるなら
それは存在ということだ
肉片を寄せ集めるように
新しいなにかを綴らなければ
どろりとしているものは
傷にならないダメージだけを植え付ける
動脈瘤が
たびたび誰かを殺すみたいに
こと切れる蛇の様な
速度で這いずりながら
重力を植え付けてゆく
心への過重は
どんな類の力でも軽くは出来ないのだ
無灯の部屋を形にするならそれだ
無灯の部屋を重さにするなら
寝床に逆に寝っ転がって
あらゆる流れに抗おうとした
足の場所にある頭には
踏まれる気分が判っていた
こめかみに針の痛み
脳を抜かれた吾身が
影に乗じて
圧し掛かってくる
横になるのを待っていたのか
嫌な音を立てながら
肉体の中に戻ってくる
紗幕が張られた心情が
細胞に染み込んでくる
リアルだ
明らかなものより
ずっと
真夜中の現実は鉤裂きだ
どこにもない爪を思わせる
その先端の
おそらくは血の滲んだ
黒さを
ああ
人が焼けた後に溜まる灰だ
きっとそんなものに似ているのだ
この粘つきは
この過重は
書かれぬまま幾年も過ぎた
白いままの頁の黒さだ
ウツボカズラのがらんどうだ
無灯の部屋に染み込む吾身だ
息が途切れないから時間を数え続けている
いつからか気づけぬままに
夜の残像の中で生きていたのか
まだ冷える空気の中の断片を
がらあきの口の中に落とし込みながら
動けない理由が金縛りをかける
凍てつく血管の示唆あるいは記憶
ありとあらゆるもののうねりが
脳下垂体で具現化してゆく
温かいものが砕けてゆく
眼球だけが明かりの見つけ方を知っている
こめかみの痛みは床の温度の記憶ばかりを語り
同化した肉体はさらに剥離していくもののことを語る
目を閉じるとそいつらの生み出す塵が見える
激しい雨の様にまだら模様が脳裏に新しい歪さを呼ぶから
だらんと口を開けて歯を合わさぬようにしているのだ
硝子の壊れる音が断続的に聞こえる
そんなものを拾い集め飲み込んでいかなければ
きっと新しい血液は巡ってはくれないのだ
舌の根が絞殺を感じている
澱み過ぎるといつだってそうなるのだ
縊死はもう記憶の中にある
切れた白色電球の様な目玉に瞼を被せてくれるか
そんな風にしか眠れない
そんな夜も必ずあるのだ





0




AutoPage最新お知らせ