2011/5/30

ダンス・ダンス・ダンス・ダンス・ダンス  








「踊り続けることだよ」って、そう、いつぞやの懐かしいメッセージ
シンプルな言葉ほど確かに伝えるのは難しいものです
首を360度回転させて
まともに前を向いているみたいに見せるくらい大変なことなのです
「踊り続けることだよ」っつーてもね
フラフープだって一時間も回しゃーちょっとよろけたりするもんです
「体力の問題」じゃない、そう体力のそれではない、それはもちろん判ってます
千代の富士とは全然違う話ですから
まあ体力の問題っていや体力の問題かもしれないですけどね
それは持久力とか瞬発力とかとは明らかに違うもんですし
時には試験的な問題だったりもしますしね
「踊り続けることだよ」ってつまり
ムーブし続けるってことですよ、ね、言っちまっちゃ身も蓋もない
「ひと言でいう」ってそんだけアホなことなんです
ひと言のためにいくつもいくつも同じことを書かなければ


わたしはいまお茶を飲んでいます
ずいぶん前に沸かしたお茶です
沸かした時と比べれば味は若干物足りなくなっています
だけどわたしは沸かしてからしばらくたったお茶を不味いなんて思ったりしません
それを不味いと思うのはチャンネルが足りないだけなのだと思います
味気ないものにも味はあるものです
わたしはいまお茶を飲んでいます
夜はあまり水分を取らないので喉がカラカラになります
だけど小便に起きてしまうのであまり飲みたくないのです
そうした中でも味気ないお茶の味は判ります、判ります?この感じ


いまわたしがオーディオプレイヤーソフトでリプレイしている音楽は
「雑すぎる」とかでさんざん叩かれた音楽なんですが
わたしはその音楽が大好きで
雑だと言った人たちの感性は理解出来ないのです
さっきの話の流れで言えば
わたしにもその人たちにも少しチャンネルが足りないのだという感じになるかもしれませんが
たとえばチューナーの遊びに紛れ込む異国の放送のように
チャンネルの問題ではないものもなかにはあります
ならばわたしとその人たちとどちらが正しいのかなんて話になることもあるやもしれませんが
わたしはもちろん自分の方が正しいのだと思います
だってその人たちの文章には音楽は感じられませんから
音楽が好きな人の文章って旋律があるものです
それはチャンネルではなくそもそも
感性というものの問題なのだとそう思います


わたしは今日すでにひとつ詩を書いています
今書いているこれとは全く違う種類の詩です
眠ろうと思ったらこれが浮かんできたので
取り急ぎキーをタッチしまくってる次第でございます
わたしにとって五月は詩を書きたい季節ではないので
今書いているこれがどんなようなものかよく判らないのですが
思いつくままにスピードに乗って書いていくことは結構大事なことで
そういう欲求には従わなければならないということだけは判っています
踊り続けることってそういうことかもしれません
踊り続けるということについて考えてみるために
今夜のこの時間はあったのかもしれません
なので
「ダンス」をふたつ足しました
ふたつにしたのは語感がよかったからです
踊り続けよう
踊り続けましょう
踊り方にはいろいろとあります
すぐに判るようなステップじゃなくても問題はないのです







0

2011/5/24

朽ちた世界に降り積もる渇いた灰のささやかな音  







ヒスノイズ駆け巡る頭蓋骨抱えて朦朧する呆然のミッドナイト、乾燥気味の手の平で触れる顔は、切り刻まれた死体のように味気なくて空洞だ、どうしようもない睡魔を抱えたまま雨が落として行く一分一秒を眺めていた、通る…通り過ぎてゆく夜、透過的な百鬼夜行、この身に障りながら…風の中で瞬間に腐敗して渇き灰になりさらわれてゆく、日常という名の血肉、砂漠の砂のようにサラサラだ、蓄積しないものはゼロに等しい、確かなものは頭頂部の割目から抜け出して行く、霊魂が身体から抜けるみたいに…肉体はその余波を模倣して揺れる、だけどそれは正確な揺らぎとは途方もなく遠い、抜殻はだけど存在で輪郭ははっきりしていて、この身につけられた名前も成り立ちも周囲のやつらはみんな知っている、認識されれば命は出来あがる…鼓動など聞かせる必要は初めからない、温度など感じさせる必要は…冷たくても個人的で動作さえ目視出来れば…可能な限りまで折り曲げてみる関節、最後まで巻いたねじまきのような音が聞こえてくるまで…最後まで巻いたねじまきの音は浅い眠りの中の歯軋りの音に似ている、眠りが削がれている、眠りが…目を開けろ、流れを変化させて、死んだように眠る必要がある、だけどまぶたは開かない、同じ音が鳴り続ける、錆びている、とその音は語るだろう、どうしようもなく錆びついているのだと…そうして鳴らなければ気付くことが出来ないのだろう、と…一日の間止むことがなかった雨のためにそんな言葉は生まれる、どうでも構わないことをひとりで喋るみたいに、ぽつぽつと…ぽつぽつと、降り、床を打ち、流れてゆく、ベルトコンベアの上の部品にひとつずつボルトをはめ込み続ける工員みたいに、ぽつぽつと…ぽつぽつと…染み込んでゆく、染みついてゆく、リズム、どうしてそんなもののために、みそぎはあるのだろうか……同じ景色がうっすらと見えるだけだからカーテンを引いたままでいる、どうせこんな日は太陽など出ることはないし、窓越しに何が起こっているのかは知ることが出来るから…寝床の上で胡坐をかいてこんな日に濡れ続けているものたちについて考えた、役目もおぼろげにしか判らず、それがいつまでなのかも判らないまま…それは人が去り朽ちた家屋が語るものとよく似ている、その中ではたくさんの動物が死んでいる、たくさんの動物が死んで渇いている、もはや臭いもなくなっている…もう動物すらそこには近寄らないのだ、渇いていて…その佇まいは命とはリンクしないから、いつからか…床であった場所に散らばっている壁や天井であったもの、それらは牙のように地面から鋭角な先端を突き出している、まるで座礁した船のなれの果てだ、本来の目的を失ったものたちのなれの果て、錆びて、渇いていて…サラサラと少しずつ存在が消え失せてゆく、それらのものはかならずかつてという言葉ともに語られる、かつてなにかであったもの、かつて、そこに誰かが住んでいたもの、かつて、誰かがそれで海を渡ったもの…美しい女の死体写真のようにそれらは愛される、美しい女の死体写真のようにそれらは美しいのだ、いや、それらは美しい女の死体写真のように美しくあることでしかないのだ、それ以上も以下もない、開いたまま終わってしまった瞳孔のおだやかな艶だ、飴のように舌で転がりそうな…なれの果ては我知らず愛してしまうのが道理だ、己の中の渇きと、そう、同じ調べを見て…自分によく似た石膏像にキスをするかのように道理だ、渇いてひび割れてゆく己が内臓を、そこに重ねているのだ……少し肌寒いくらいの夜に起きていようとすると肩の付け根におかしな痺れを感じ始める、麻痺させられているかのような…じりじりとした微弱な電流だ、なにかに気付かせまいとするノイズだ、僅かな音でも気をそいでしまう、そんな種類の…抗うことは得策ではない、神経は消耗品だ、摩耗してゆくのだ、研ぎ澄ませようとすればするほど…気付いたときには劣化した電線のように焼け焦げて細くなってしまっている、流れに乗りながら見極めることだ、流れに乗りながら見極めることだ、あとどれだけ残っているのか…動くための機能は、あとどれだけ残っているのか…朽ちた家の張り出した屋根を叩く雨の音はどこかのドアをノックし続ける知らせみたいに聞こえる、お知らせです、遅すぎた、もう遅過ぎた…どこか新しいものを当たってください、この知らせに返信出来るような新しいものを…それがどんなものかは判りません、そんなものに知らせが行くことはありませんから…新しいものは知らせを必要としないのです…配達人は瑪瑙のような眼球でそんな言葉だけを繰り返すだろう、そんなものは殴り殺してしまえばいい、新しいものなどどのみち関係はないのだから……薄着をし過ぎて凍えている、凍えた身体は寝床を欲している、どこかに意地があるから一日を終わらせることが上手くない、本来の目的を失くしたまま濡れ続けるやつらのことを思う、それは渇いていて…死体のように味気なくて空洞なのだ。






0

2011/5/21

サム・ガールズ  





鏡の向こうのリストランテ、流しの下の下水管、子供の服着たアダルトビデオ、虫の姿の新聞勧誘員
新しい雑誌のページで人差し指を切ったメアリーは血が止まるまでそれをちゅうちゅう吸いながらなんだか朝から背徳的な行為だわとエセ詩人的なセンチメントにどっぷり浸かり
ベーカリー・カフェの店先ではスレンダーな女と恰幅のいい年老いたご婦人との激しい罵りあい、ご婦人の強烈な右のビンタがフック気味にスレンダー女のテンプルを捉えたときには誰もがこの喧嘩の終焉を予想したが、スレンダー女は凄い角度のハイキックを完璧に決めてご婦人をK,Oした、店のやつらが救急車を手配していたが倒れ方が倒れ方だったのでもしかしたら深刻な事態かもしれない
交番の中では昼間っからぐでんぐでんに酔っぱらってストリップ・ショーを始めた10代の女が、地獄に12回は落ちることが出来るくらいの汚い言葉を吐き続けていた、2人の若い警官がにやにやしながら彼女を抑えつけていたので実質何も出来なかったが…おそらく同じ年のころの娘でも居るのだろう年配の警官は、何とも言えない表情で娘を諭そうとしていた
その先の週末だけの簡易的な市が立ち並ぶ通りで見かけたえらく長身の女とチビの男のカップル、主従関係は明白と思いきやどうもかしずいてるのは女のほうで、あの小さな男のいったいどこにそんな魅力があったのか?まあ、肝心のブツがご立派ならば…
無条件におおよそが幸福になれる週末だがあいにく空は曇り空だ、もうすぐ空気がじめついてくる、嫌な雨が降ろうとしている、安普請のアパートメントに住んでいるカップルたちだけがハード・レインを待ちわびている、雨の音にまぎれて昼間っからよろしくやることが出来るから
早くから開いてる酒場は午後を待たずに酔っ払いで満員、ドアを開けて転がり出てくるやつは決まって路地裏に駆けこんでメタル歌手みたいな声を出している、幸せな文明は酸っぱい臭いがするものさ
自然公園のベンチに腰をおろしてうとうととしていると隣のベンチで誰かが煙草に火をつける、げほん、げほん、もろに吸いこんでむせ込むと煙を吹かしながらサイケデリックな女が舌打ちをする、それがつまり彼らのイデオロギー、判ってるよ、こちらが譲るべきだ、君に成長は期待出来ないのだから
遊歩道を歩いていると人気のない通りで首つり死体を見つける、だけど誰にも教えたりなんかしない、そんなことするとささやかな一日はたちどころに無駄になってしまうから―たとえそれが特別維持するべきこともないくらいのものだったとしても
公園のそばの古本屋でペーパーバックを物色して夕暮れ時に部屋に帰る、指に絆創膏を巻いてメアリーがドコイッテタノヨと咎めるような目つきをする、ドウシヨウ、チガトマラナイノヨ
明日の朝まで待ってみればいい、と俺は答える、「止まらなきゃ死んでるし止まってたら生きてる」メアリーは癇癪を起し手当たり次第にものを投げつけてくる、ほとんど先週買い直したばかりなのに…シネ、シンジマエ、バカヤロウ、フザケヤガッテ…エセ詩人的なセンチメントはいったいどこへ消え去ったんだ?それより避難、非難から!今来た道を逆戻り、あばよ週末のメアリー、次に戻るのは君がベッドでいびきと屁をしてる時間
夜はディスコティックだろ、世代的にそういうものさ、幸いにしてこの街は前時代的空気を維持してるから、懐かしいビート、重くて、丸くて、グルーブしてる…バーボンが回るのに身を任せながらカウンターでリズムをとっているとひとりの女が俺の肩を叩く、昼間、公園で会ったサイケな女、「さっきはごめんなさいね、イライラしてたものだから」返事を待たずに隣に腰掛ける、酔っているのかキマッテいるのか、トロンとしてて危なっかしい、ヤニ臭かったけど悪くはなかった「楽しくないの?」と彼女は何度も聞いた、80年代のストーンズに耳を傾けながら、俺はわざと生返事をする、はっきりそうと答えるよりも多くを語るシチュエーション、それだけは若いころから得意技なんだ、「ならば楽しくやりましょう」
洗面所の個室で俺たちは向かい合った「ひとつ言っとくことがある」「なにかしら?」「俺、既婚者なんだよね」「それがなにか?」「だから…余計に楽しめる」「ハッハ」重くて、丸くて、グルーブしてる懐かしいビート、ミラーボールの天井でウィークエンドが光に目を回して…




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ