もしかしたらそれはさっきの鳥かもしれない  








まだ淡い色の枯れ葉が積もる遊歩道を抜けて
偽善的な11月の太陽の陽射しを浴びに行くんだ
口元から漏れるのは20年前に覚えたメロディーと
歩きなれない道が植え付けた荒い息
新しいショートブーツは何度も君の足元を不確かにさせて
俺は立ち止まって何度も振り返って
そのたびに君は照れたように笑った
思えばそれがどんなつながりよりも確かな瞬間だったかもしれない
木漏れ日の中では全てが永遠に思えるものだ
遠くから聞こえてくるのはどこかの野外フェスのエッジのきいたギター
歓声が流れの速い雲の様に中空を泳いでいる
湖のほとりにはきっと誰も居ない
ロックン・ロールが聞こえなくなるまでは
そこは俺たちだけのために用意された楽園さ
世界が営みの真似事をしてるみたいに思える
長い長い時をただ空へ向けて伸び続けた
こんな森の中で息をしていると
もう少し我慢して歩けばいい
もう少し我慢してこの先へ行けば
苦労したことなんてきっと簡単に忘れられるさ
俺はなだらかな傾斜を君が上手く越えられるよう
ゆっくりと手を差し出して待っている
君の手を取るときいつでも
子供のころの初恋の記憶が左胸をかすめる
ペダルを踏み込むことがこの世で最速の出来事だったころの
世間知らずって片付けちまえばそれまでだったころの記憶
今日はもうきっとこれ以上は暑くはならないよ
ウンザリするような夏はもう終わっているんだ
サンドウィッチと保温ポットのホットコーヒー
胃袋に投げ込むまでもうそんなに時間はかからないさ
クラプトンのチョーキングみたいな鳴声の鳥が
遥か遠くの枝でライブしている
「ジャーニー・マン」やってくれよと俺がリクエストすると
お愛想的な角度で君は微笑むんだ
やがて水の匂いがし始める
混ざりもののない本当の水の匂いだ
湖面が反射する光を木立が受け止めて
俺たちはまるでカレイドスコープの中で生きてるみたいだ
君は湖に手を浸して冷たいと言う
「心臓が止まっちゃうかもしれないくらい」冷たいって
俺は笑いながら手を入れて
熱いものに触れたみたいに慌てて手を引っ込める
君は笑う
「だから言ったのに」そう言われるのがもう何度目かなんて
とっくの昔に数えるのは止めた
それからは口を聞くことをやめて
黙ってサンドウィッチとホットコーヒーを飲んだ
時々自分たちが肉体を失くした気がして
そのたびに目線を合わせて存在を確かめ合った
そよ風が吹くたびに
世界が湖の中にあるような気がした
誰かがメランコリックなチョーキングを響かせているけど
もしかしたらそれはさっきの鳥かもしれない









0




AutoPage最新お知らせ