2013/10/27

俺はこれを選んだ(含まれる代わりに)  







硬直した男根を吸い上げる炎にも似た女の表情が大写しになっているデスクトップ、唾液の滴る音まで聞こえてくるような絵面だった、バックグラウンドミュージックはずっと同じリズムをキープしていて、終ろうとしている夕暮れの先で欲望と共倒れようとしていた、閉ざされた窓の飾り硝子に刻まれていたのはずっと同じ文句で、縫い針の様に脳髄に混入していた、射出せよ、澱む人生―左の耳から右の耳まで静かに駆け抜ける一定のノイズ、もはや塗り潰すものが必要だとも思わなかった、身体は横たわりながらマントルの辺りまで落ちていくみたいで、限りなく近付きながら決して届くことの無い静寂の夢に焦がれていた、バーズ―誕生の瞬間―滅茶苦茶にセンテンスをぶちまける時、本能はそれを思い出している気がする、脈打つ妊婦の腹に手を当てて名前の無い鼓動を確かめているみたいに…静かにブロウしているマイルスデイヴィス、鈍色の血ですべては満たされていく…生存とは皮膚に残された無数の引っ掻き傷から動脈に至るまでの深度を持つものだけを選択して見せることに相違ない、沈みゆく夕日だけの灯りに照らされたこの部屋に横たわる肉体には名前は無かった、戸籍上のそれがどんなものであろうと―それは思考する死体だ、死人的な詩人だ―もしも肯定というものに幾つもの罠を仕込むのがそいつの目的であるのならば…ひとつの言葉をひとつの意志で済ませたくないだけ、ひとつの言葉をひとつの意志で済ませたくないだけ、ただそれだけさ、定義して見せることが答えの意味ではない―傷の様に受け止めてみせることだ、傷の様に受け止めてみせることだよ、無頓着に夢見がちな現実主義者どもよ、もしもお前が傷を負っているのならば、その血痕はお前の移動した範囲にしか残らないはずさ、傷の様に受け止めてみせることだよ、本当はお前にだって判っているんだろう…逃げるためにポリシーを築くな、それは無自覚でいることよりずっと恥ずかしいことだ、ほら、今日最後の太陽が色を無くし始めた…世界はもう美しく染められてはいない、だけどそれは当り前のことなんだぜ、だからみんな自分でなんらかの色を見つけようとするんだ、それは生半可なことじゃないし、構築された主義主張でどうにかなるようなことなんかじゃない、そんなことのために命まで裏切って見せるやつらが居る中で、生存する連中はどんなものを提示すればいい?夕暮が終われば灯りの無い部屋は深海と同じだ、思考だけが魚の様に漂っている…魂そのものが嘘なら、きっと本当のことなんかもう何も無い、もしもそれが現実なら、人生は捨てられた部屋に降り積もる埃だ―一日はあっという間に終わる、まるで一生を示唆しているみたいに、左の耳から右の耳まで静かに駆け抜ける一定のノイズ、どんなものも正解だなんて言うつもりはない、どんなものも嘘だなんて言うつもりはない…本当に必要なことはきっと、それが何を連れてくるのかって、それだけさ、もしもそれが食べ物なら、どんなものだって腹は膨れるはずだ、例え後で吐き出す羽目になったとしてもさ…スネアドラムの反響がなにかしらの残り時間を弾き飛ばしながら…ディスクは信号を進行する、静かにブロウしているマイルスデイヴィス、例えペットを下ろしていたってスピリットは途絶えたりしない、音楽がブレイクするとき心は何を求めている?それはきっとあれさ、男根を吸い上げる女の向こうの窓硝子に刻まれた文句さ―射出せよ、澱む人生―射出せよ、澱む人生さ―ハッハ、なあ、デジタルのポエジーは薄暗がりじゃ目を焼くぜ、いつまで見つめ続けていられるのか判らない、いつまで見つめ続けていられるのか判らないんだ、仰々しいお題目の為になんて別に生きるつもりじゃなかった、だけど気が付いたらそんなものに繋がる道の前に居たんだ、夕暮に導いて運命に気付いた欲望の様にさ、ただ気が付いたらそこに居たんだ、ただそれだけさ、俺はロマンチストじゃない、俺はリアリストじゃない、俺はポエットでもない、どんなリストにも含まれたくはない、しいて言えば、そんなコンテンツとは無関係なところに行きたい、ただそれだけだよ、ただそれだけなのさ、人生を這いずり廻って―自分以外の気配をどこかに感じているトカゲみたいに―人生を這いずり廻って、ただ知りたいだけなんだ、俺の中点をザワザワと騒がせるものの正体を…皮膚を剥ぎとる代わりに、肉をこそげ落とす代わりに、血を絞り出す代わりに、骨を叩き潰す代わりに、俺はこれを選んだ、ただそれだけだ、俺はこれを選んだ、脳漿をぶちまける代わりに―俺は思考する死体だ、死人的な詩人だ、俺は一定のノイズの中で生きている、灯りを点けるんだ、まだ何かを見るつもりなら。







0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ