ストレンジャー・ザン・サイレンス  













生きる理由を探していたら歳を食った
疑問符にこだわっていたら嘘に取り巻かれた
嵐のような風が吹く12月をあてどなく彷徨い
街の外れにたどり着いたら張り詰めた空だけがあった
身体の痛みは歩き過ぎたせいだろうか
冷たい空気を吸い込みすぎたせいだろうか
過敏に空気を気にするやつが増えて
顔を隠した行列のパレードだ
なにかを阻んだところで
ほかのなにかに脅かされるだけなのに


本当に狂っているものは騒がしくない
怖ろしく、怖ろしいほどにしんとしているものだ
真夜中にふとすべての音が途切れていることに気付いたときみたいに
怖ろしく怖ろしくしんとしているものだ


神の話をするやつらが時々部屋のベルを鳴らす
退屈なときには話を聞いてみる
彼らは平気で悪魔を除外する
そいつが居なければ信仰の理由だって判り辛いだろうに
この世には実に様々な種類の神が居て
そしてそれぞれが唯一だと信じ込んでる
検索窓に「神」と打ち込んで探させてみると
どれだけヒットするかやってみたことがあるか?


昨日は雨が降った
うんざりするくらい冷たい雨が
それは心中にこっそりと潜む殺意に似ていた
驚くほどに鈍く光る
長く居座ったままの殺意に似ていた


殺し合おうぜ
この世を
生き残ったやつらのためだけのものにすればいい
そのほうがみんなスッキリするさ
無差別級なら手段は問わずさ
体格、精神、スキルのハンデはそれでだいたいクリア出来るさ
足元の蛙を踏み潰した
半分萎んだ風船が破裂するような音がした


北の山に向かう一直線の国道をしばらく歩いた
近くの処理場から煙が上がっていた
なにかが燃やされている…なにかが
おそらくは弁解の余地も無く徹底的に
徹底的に徹底的に徹底的に灰になる
首元をしっかり閉めても
冷たい空気が入り込む
生きている限りはたぶん逃れられない


炎の前に立っていたことがある
炎の前に立っているのが好きだった、子供の頃
セメントで出来た古い焼却場の窓をずっと覗いていた
踊る炎と燃えてゆく廃棄書類をずっと眺めていた
子供らしい興味なんか露ほども無かった
ただただ、ただただ、ただただ、揺らめくそれに魅せられていた
燃え尽きるまで見つめていることが出来た
一度
女の教師が通りかかって
俺に面白いのかと尋ねた
俺は口を開けずにただ頷いた
女教師は微笑んで去っていった
おかしなガキだと思ったことだろう
焼却場が新しい安全なものに作り変えられて
俺は炎を見つめることは出来なくなった


今でも思い出す、あの
眼球に挑みかかる炎と
すべてが燃え尽きた後の黒い炭と白い灰
風が吹くと少し弾けて
馴れ馴れしくあたりを少しだけ舞った


小さな橋を渡り、汚れた川を見下ろし
道の駅の脇を抜けて
映画館の廃墟にたどり着く
入り口付近が半壊したその建物には
スクリーンと数列の椅子しか残されてはいない
俺は時々そこで映画を見た
3-12に腰をかけて
3-12にいつも腰を下ろして
映画に出ているのはいつも俺だった
上映されているのは
俺がこれまでにしてきた良し悪しだった
不思議なことに
現在の枠から逸れたそいつらの振る舞いは
まるで俺とは関係ないことに思えた
もちろん
そうではないままのいくつかのこともあった
だけどたいていの場合それはつまらない代物で
見ている俺が浮かべているのはだいたい苦笑だった
俺はそこに居るときだけ煙草を吸った
そこらに灰を撒き散らしながら映画を観た
灰は少しの間馴れ馴れしくそこらを舞ったあと
冷たい女のようにすぐに居なくなった
夕暮れ時が始まると
上映時間は終わる
ナイト・ショーは無かった
ナイト・ショーはいつだって
となりの席の背もたれで火を消して吸殻を弾き
立ち上がって身体をはたいた
「本日の上映は終了しました」
狂ったような満月が
崩れた屋根の上からこちらを覗き込んでいた










0

おいでよ、虫食いの予感 (かしゃ、かしゃ、ずるる)  









真夜中にまぎれて忍び込む虫どもが頭蓋をくり貫いて脳膜を啜り上げる、夜に棲む奴等にはこの上なく美味なのさ、俺がそこにしまいこんでいるものの湿度は…ずるる、ずるると、小さな身体で懸命に奴等は啜り上げる、その音が煩わしくて俺はまた眠りを逃してしまう、枕には奴等が吸い切れなかった体液が零れ、ゼリーのようにたわんでいる、ぞぞ、ぞぞと、特等席を取れなかった弱い連中がそこに群がって喰らっている、かしゃ、かしゃと動くたびにぶつかり合って音を立てているところを見ると、どうやら奴等は甲虫的なもののようだ、かしゃ、かしゃ、ずるる、かしゃ、かしゃ、ずるる、ぞぞ、ぞぞ、ぞぞ、かしゃ、俺は眼を見開いてその音を聞いている、別にそんなやつらに興味など、無い、だがそうしているより他に仕方が無いのだ、奴等が食事を終えて俺の頭蓋を元通りに塞ぐまで、俺は身体を動かすことが出来ない、動くと脳味噌まで寝床に垂らしてしまうからだ、奴等は脳味噌には興味は無い、小さな穴に小さな口を入れて脳膜だけを吸い上げる、かしゃ、かしゃ、ずるる…俺はその音を聞きながら、こいつらが初めて現れたのはいったいいつのことだっただろうと考えを巡らせる、だけどいつもうまく考えられたことが無い、思考は断片的に欠落している、いつも必ずそうなのだ、たぶん頭蓋骨に穴が開いているせいさ、そのせいで思考に欠陥が生じているのだ、かしゃ、かしゃ、ずるる、文字通り虫食いってわけさ、ふん、別に面白くもなんとも無い…だけど子供の頃から、こんなことはあったような気がする、その時俺の頭を啜っていたのは、こんな虫どもではなかったかもしれない、なにかもっと他の…得体の知れないものがやたらに駆け巡りながら喰い漁っていたような気がする、少なくとも、いまここに居る奴等のような律儀なプロセスは持ち合わせていなかった、そこには、法則というものが無かった、それはもしかしたら、俺自身がそうしたものを持ち合わせていなかったせいなのかもしれない、確かにあの頃俺の頭を荒らしていたのは、そうした法則を持ち合わせていないなにかだった…そういえば、いま俺の脳膜を啜っているこいつらは、なぜいつもご丁寧に頭蓋の穴を塞いで帰っていくのだろうか?そうしないと次また楽しむことが出来ないということが分かっているのか?だとしたらこいつらにとってこの俺は保存食のようなものなのだろうか、そもそもこいつらが啜っているのは、本当に脳膜なのだろうか?俺がいままで勝手にそう思い込んでいただけではないのか…?俺の頭蓋の中にある、なにかもっと別のものを、たとえばそれは人体図鑑には載っていないようなイレギュラーな組織であったりするのだろうか?あるいはオカルティズムの雑誌などによく載っているような、ある種の意識を喰らうような生物なのだろうか…?だとしたらこいつらは生物ではなく、そういう形を模倣している霊的な存在なのだろうか?ず…、と虫どもが一瞬、啜るのをやめた、どういうわけだ?食事の時間はもう少し続くはずじゃないのか…?奴等は静かに俺の頭蓋を塞いだが、去って行きはしなかった、俺の顔の両側に俺の方を向いて整列し、いっせいに笑い始めた、その声はどこかで聞いたことがあった、幼い頃に親に隠れてみた吹き替えの深夜映画の、蝿と一緒になってしまった男が上げていた声によく似ていた、いったい何匹居るんだろう?そういえばそんなこと今まで考えてみたことも無かった、十匹や二十匹では済まないような感じだった、そいつらは俺の耳元で笑い続けていた、そいつらがどうして笑っているのか俺には分からなかった、いや、そもそも、どうしてそんな奴等がここに居るのか、それすらも分かってはいないのだった、俺は為す術なくその奇妙な笑い声を聞き続けた、窓の外を疾走する車のホーンがかすんで聞こえるほどの笑い声だった、どれくらいそうしていただろう?気付くと俺は自分でも笑い出していた、きっと奴等の声に慣れて、つられてしまったのだ、真夜中に仰向けに寝転んで、天井を眺めながら俺は笑い続けていた、咽喉が掠れ始めてようやく正気に戻ることが出来た、あいつらとは金輪際もう出会うことは無いだろう、俺は今夜から大人しく眠ることが出来るだろう…なぜだか知らないがそれを確信することが出来た…俺は身体を起こし、部屋の灯りを点けて、枕元を確かめた、そこには何も無かった、俺の脳膜など零れてはいなかった…当り前のことだ…灯りを消して、再び暗闇の中に横たわった、もうなにもやって来なかった、静かな夜だった、俺は眼を閉じ、自分の呼吸の音を聞きながら、安らかな思いで眠りにつこうとした…だが、あるひとつの考えが、どうしようもない恐れをこの身に感じさせた、俺は眼を見開き、そのことについて考えた、それにはやはり、どうしようもないほどの確信があった




いままで俺は、奴等のおかげで生きていたのかもしれないと。






0




AutoPage最新お知らせ