ぐしゃぐしゃに食い散らかす ― Meatlocker ―  









甲殻類が内耳を食い破る夜だから
獣のように丸まって時を凌いでいる
リンパ管を持ち上げながら千切ろうとしているのは
錆びた鋏のような赤茶けた概念だ
真夜中の青に染まっていく
真夜中の青に染まっていく
零れ落ちるめくら撃ちの言葉達の渦
うず高く積み上げられて即席の
即席の墓標なのだ
祈りを捧げようとしても神の種類が定まっていない
だから放っておいた、山中の廃れた祠のように
焦れた墓標はそこいらの
雑多な思念を集めて膨れ上がり…


天井の暗がりに張り付いているのは
致命的にパースの狂った人間のような何か
故障のような呼吸音を立てながら
考えているのかいないのか判らない様子で微動だにしない
そんなやつの背中のようなものを横目で眺めていると
どういうわけか郷愁のようなものに囚われる
俺の名を呼ぶまだ若いころの母親の声や
怖れしか抱くことのなかった父親の拳骨なんかを
そんな思いに囚われているうちに、ふと
天井に張り付いているこいつは
連絡がつかなくなった友達のうちの誰かなんじゃないかと
次第にそういう気がしてくる
久しぶりだな、と話しかけると
びくっ、と震えて
紙きれのようにすすっと天井の角に消えていった
俺の考えたことが正しかったのか
それとも、気付かれていないと思っていただけなのか
ともかくも天井は黙り込んでいた


迂闊な眠りに嵌りこんでいると
昼間見た青空のことを思い出すんだ
あれは海のすぐ近くを走る
寂れた薄汚い二車線の道路だった
膨れ上がった海みたいな青空
膨れ上がった海みたいな青空
ああ、甲殻類はこめかみに移動したようだ
衝撃で骨格が振動している
夢を見るよ、日常に重苦しいフィルターを掛けたような
どんなものとも言えない不安によく似たそんな夢を
屠殺をしくじられた牛か豚のように
梅雨の湿った寝床の上でのた打ち回りながら
あぁ、芳醇な青空
なぜに垣間見ることしか叶わないのだろう


かなぐり捨てる?のた打ち回る?蟲瓶の中に落ちて蝕まれているような気分、もはや悲鳴すら上げる気はなくなった、外界は妙に静かで、まるでこちらで誰かの気がふれるのを興味津々で待っているかのようだ、誰がおかしくなるんだって?誰がおかしくなるんだって?誰が?誰が?誰が?狂気の発芽なんていまに始まったことじゃない、生まれてこのかたずっと誰とも相容れない自分自身を感じてきたんだ、こんな種類の真夜中がお似合いなのさ、こんな種類の真夜中がとてもよくしっくりくるんだ、脳髄がとろけるような温度の中で、不意に降り始めた小さな雨の音に気付く、そういえばそんなことを天気予報が言っていたような気がする、今夜から明日にかけて雨が降るでしょう、ところにより雷雨となる可能性もありますと、ああ、そうか、今頃迂闊な誰かが雨に濡れているのだな、憐れんだりなんかしないよ、俺の人生にはいつだって雨が降っていたもの、俺の人生はいつだって濡れそぼって生温さに凍えていたようなものさ、判るかな、騒がせない温度は蝕んでいくんだ、釈然としない温度は…


不文律の深淵の中に気がつくとどっぷりと浸かっていて
そのせいかどうかは定かじゃないが呼吸がままならない
なぜこんなに簡単に乱雑に乱れてしまうのか
それともそうなってしまうからこそ歌えと誰かしらが叫ぶのか
歯軋りの日付変更線、窓に張り付くルビーのような虫を見た
常世の国なんてものがもしもあるのなら
その入口はあいつの翅の模様のどこかに違いない
「死せる魂の道程について何か話せることはあるか」
そう尋ねてみると
やつはぶぶ、と短く翅を鳴らした
窓に隔てられていることを忘れるなよと
そんな風に話しているみたいに思えた
ルビーのような虫は何度か足場を確かめたあと
尋ねるべきどこかを思い出したかのようにふっと飛び去ってしまった
そんなときの虫は記憶のようだと俺は思うのだ


朝は来ないのだ、俺が待っていたのは
自転も公転も関係のないものだった
軸の無い軌道に漕がれて迷い蛾になって
やがて俺の背にもルビーのような血生臭い翅が生えるだろう


甲殻類がとうとうどこかを食い破った、俺は叫び声を上げて……













0

濡れることも出来ない夏なんて  







閉じかけた目をもう一度開いて
あなたの世界にあるものをもう一度見つめて
彼らはあまり音をたてないように
あなたがきちんと目覚めるのをずっと待っている


テーブルに置き去られた飲みかけの紅茶と
その脇に閉じられた読みかけの本
栞が挟まれたページは
もう何年も変わることがないまま


あなた自身を離れることでどんな孤独を手に入れたの
あなた自身から目を逸らすことで
確信を偽っても真実はついてくることはない
あなたの開かれた目がちゃんとたどりついたものでなければ


窓の外は雨だけれど、目指すべき光が必ずあるから
濡れることなど気にしないで外に出て行きましょう
風邪をひくかもしれないけれどいっときのことだから
そんな痛みも知らなければ尊さを知ることは出来ないから


時刻は午前零時、何もかもが新しく塗り替えられる
一日でたった一度だけの刺激的なチャンス
こんな時間に目を閉じているなんて絶対に許されない
未来が産声を上げる刺激的な時間なのに


痩せこけた野良犬がびっこを引きながら食べるものを探している
あの子はきっとすぐ先にあるごみ捨て場の
食べかけの捨てられたハンバーガーを食べて
悪いものにあたって短い命を手放す


街灯が雨に曇って真夜中の雲みたいに浮かんでいる
あの光の下をゆっくりと歩きましょう、ぬくもりを求める虫のように
凍える必要なんて何もないのに、こんな夏の夜に
馬鹿みたいに歯の根を鳴らしながら


街外れの空地の捨てられたタクシーの中で
くっついて眠りながら朝が来るのを待てばいい
フロントガラスに落ちる雨粒を見ながら
いつか夢中で読んだ小説みたいにボブディランをハミングする


今夜の表通りには不思議なくらい人も車も通っていなくて
私たちはまるで最後の人類のように歩く
街外れのおんぼろのシェルターを目指して
夏の夜に凍えながら馬鹿みたいに歩いている、それはきっと幸せなこと


そう、濡れることも出来ない夏なんて、きっと。











0

灼熱の化石には肉体の名残は無い  









時は捲れて机の上

日に焼けて、みすぼらしくて

風が吹くと啜り泣く

紐の解けるような音で



雨に濡れそぼつ街が、ほんの少し

友達のように思えたのは

そんな風に立ち尽くした夜が、自分にもあったこと

そんなことを

思い出したせいだろう



梅雨の晴れ間は

不思議なくらい静かだね

耳を片方

持っていかれたのかと思うくらい

時々

冥界なんじゃないかって、そう…


ぶるっと震える


甘い香りみたいな神様が

そんな夜の中には居て

ジョンレノンの歌みたいに

本気の偽善で話しかける

時々は信じてみるのもいいんじゃないか、なんて

そんな風に思えるのがキリストとジョンレノンだ



ジョーストラマーの歌声が二周半した

日付変更線はもうすぐだ

誰がどんなものを乗り越えて明日が来るのか

そんなこと誰にも判らないのに

夜は眠るためのものだ、そうだよ、だから

そんなことは

おざなりにされるのだ



太陽の下になんて、そんなに行きたいわけじゃない

迂闊な日焼けで身体中ムラになるし

目の玉は渇いて上手く開けてられなくなるしね

だけど

部屋の中に閉じこもってじっとしていると

夏の中に溶けていきそうで

夏の中に溶けて

始めからなかったものみたいになってしまいそうで、だから

炎天下!

僕たちは外へ飛び出すのだ

ここに居たって、ここに居たって

足跡を確かに残すために



新しい仕事はまだ全部覚えていなくて

この時間になるとまぶたがつぶれそうだ、だけど

だからこんなものを書き始めてしまうんだろうな

いつでもなんでもかんでもだらだらと

書き殴ってるばかりじゃないんだぜ、そう、確かに

そういうスタイルが一番しっくりくるんだけどさ



ロンドンコーリングって、あれだよ

リバーに似てるんじゃないかな、スプリングスティーンの

汗と油と

埃っぽい風の匂いがしてるんだよな

でも、だけど

そんなことよりも

チクショーッて気持が一緒なのかもしれないよな

そうさ、ひとりぼっちで雨に濡れながら

霞んだ街灯を見上げてチクショーッって呟くような感じのやつさ

それはきっと

アラクヴァグラミアンに幾晩も幾晩も

休むことなくアクセルを踏ませ続けたやつなんだ



フリーウェイなんかなくても

明日無き暴走はあるのさ

シチュエーションじゃなくてニュアンスなんだ

ぶっ飛ばしたことすらなくたっていい

そういう衝動を覚えたことがあればそれでいいのさ



あー、類稀なる静寂が深くなっていく

こんな夜に独り言を落としていく

子供の絵合わせゲームみたいに床に散らばっていくそれは

いつか整頓してくれる誰かを待っているみたいに見える

ごめんな、と僕は詫びる

それをしてあげられるのは僕じゃない

言葉を片づけたりするのは好きじゃない、言葉を整頓したりするのは

言葉に意味を持たせたがっている頭でっかちのすることさ

たったひとりで床に落とす

言葉のほうが確かなものに思えるんだ

女優のメイクはばっちりと決まっていてほしいけど

そこらへんの女はささやかに済ませてほしいっていうようなものって言えば判るかな

とにかく僕は詫びた

こぼれおちた言葉には名前を付けないんだ

乱雑な感情のままを映してくれなくちゃ



音楽が終わったら

誰のために語るの

静寂に塗りつぶされたら

どんなものが生まれるの

昏睡の中で見る夢のような

どんなふうにすればそれは語ることが出来るの

やがて僕の言葉は誰にも通じなくなる

頭の中で渦を巻いて

どこからも出てこなくなるだろう

もしかしたら

その時にはもう言えないだろうさよならを言うために

僕はこれを続けるのか

僕はこれを

ささやかなテーブルに残すのだろうか



静寂の中に

潜り込んで行け

傍観者なんかになってはならない












0




AutoPage最新お知らせ