気まぐれな風は少しおしゃべりが過ぎる  











何の気なしに、ただ、風が吹くように
始めてみようと思った、ただ、それだけさ
書きたいことなんか特にない、むしろそろそろ寝つきたい、となると逆に何かやりたくなるのさ
だからこんな時間に、もう明かりもなくなった部屋の中で、タブレットの文字を叩いている…なぁ、タブレットの文字入力って、何か活版所を連想しないか?こいつ、デジタルのくせして、妙にアナログなにおいがするんだよな…もしかしたらそれは、キーボードを押さないせいなのかもしれないな、この、タップというやつは、どうもそんなおかしみがあるよ
さていま画面最上段の小さな時刻表示を見たところ2:37だった、最近はいつも夜更かしが過ぎてしまう…早く起きる必要がないとどうしてもそういう風になってしまうんだ、直そうって気持ちがないわけでもないんだけどね…それにしてもこの時刻表示、もう少しでかくしちゃくれないものかね?倍くらいになったって俺は少しも困りゃしないぜ…
昨日からパソコンの調子がどうしようもなくて、ああだこうだと弄ってたんだ、まあどうやら解決したっぽいんだけどさ…まったく時間を無駄にした気分だぜ、書き進めたいことだって少しはあったのに…明日からは調子よく動いてくれりゃいいんだけどね…
調子はどうだい?フリーズしちゃいないかい?設定を見直すんだよ、洗いざらい見直してさ…余計な関係は切っちまうのが最良ってもんだ、余計な負荷がかかる前にさ…応答しないプログラムなんか待っていたって仕方がないのさ
調子はどうだい?調子はどうだい?書き替えるだけで快適になれたらこんなに愉快なことはない、無駄なヤツにだって付き合ってやらなきゃいけないことなんてごまんとある、そんな時どんなふうにしてるんだい、いっそのことシステムをぶっ壊してみちゃどうだい?
つまらない話で長ったらしくなる、だけどそんな遊びが楽しくて仕方がない、焦れてたヤツが飛び出してはしゃいでる気がしてさ、だけどそろそろ眠気もやってきた、俺自身の応答が怪しくなってきた、正気のデータが袋小路へ迷い込む前に、始末をつけてスリープにしなくちゃな、おやすみ、おやすみ、たくさんの友達たち、君の快適な眠りを祈ろう、君の素晴らしい明日を祈ろう、俺はもう少し踏ん切りの悪いまどろみを生きるだろう、なんたって今日は設定を弄ってばかりいたからさ…






0

リアルは断定しない ― 子守唄には戯言が一番 ―  








自身の毒を舐める夜更け、魂は闇の予感に馴染んで、点滅する蛍光灯は否が応にも近い未来を思わせた、意味を成さない呟きのような電気機器のノイズ、心拍はそいつらと同期しようと試みていた、一度小さな故障をしたことのある心拍…無意識に規則的なものを求めているのかもしれない、だけどそいつは無理だぜ、そんなものは求めるだけ…確か寝床に横たわっていたはずだった、状況が把握し辛いのは僅かの間眠っていたのに違いない、生クリームで満たされた海の浅瀬に寝転んでいるみたいな感覚だった、パソコンのオーディオプレーヤーが何か音楽を流しっ放しだった、ということはまだ眠るつもりではなかったということだ、いつのまにか意識をかっさらわれてしまったのだ…どちらに転ぶこともままならない状態だった、再び眠るには覚め過ぎたし、起き出すには足りなさ過ぎた、だから横になったままで…それがどんなデータだったか思い出せないくらいのボリュームで流れている旋律に耳を傾けていた、音楽を流したまま眠ることをいつの間にか止めていた、それは確かレコードからコンパクト・ディスクに変わったころのことだった、性質が変わった、あの時そう感じたのだ、これは何か違うものになってしまったと…寝床に寄り添うようなものではなくなってしまったと…いまではもうそんな風に思うこともなくなった、レコード・プレーヤーを持っていないせいかもしれない―でもいまでも時々考えることがある、いま耳にしているのは音楽の残像なのかもしれない、なんて―別に、そんな物事にしがみついてるわけじゃない、現在には現在の聴き方というものが確かに存在しているのだ、腕だけを伸ばして、音楽を止め、シャットダウンする、明かりを消してきちんと眠る準備をする、暗い部屋の中で、ルーターが回線をやりくりしている明かりだけが忙しく動いている、点滅する小さな明かり、それを見ていると古いテレビドラマを思い出す、宇宙人とか出てくるアメリカのドラマさ…子供のころは、宇宙が大好きだった、天文学者になりたかった、そんな歌があったな、まさにそんなフレーズそのものだったよ、馬鹿みたいに入れ込んで、いつしか飽きちまった、いまじゃUFOだのなんだのなんて昨日の新聞みたいなもんだ―子供のころから俺の脳味噌は現実に根を下ろすことが出来なかった、生まれてすぐに死にかけたせいかもしれない、あるいはあの時、本当にどこかが死んでしまったのかもしれない、俺の産声はか細かったらしいから…ここに俺が必要とするものはなにもなかった、いつでもそう感じていた、いまだってそうだ、意味合いが変わっただけで本質は何も変化しちゃ居ない、そしてそれは多分、俺自身のなにがしかの欠落のせいなのだ、簡単に言うなら、それは順応という類のものだ―忠誠、と言い換えても構わない、そうしたプログラムを飲み込むことが出来ない、飲み込んだように見せかけることも出来ない、それは恥ずべきことに違いないのだ、それは魂を失っていると吹聴するようなものだ…誰か俺をどこかに加えてくれ、と、若くして死んだロックシンガーは歌った、彼はどこにも属せず、なのにそれを求めていた、それが彼を殺してしまったのだろうと思う、彼が死んだとき、俺は属することなく生きようと思った、どこでなにをしていようと、そこにあるシステムやしきたりにとっての染みのようなもので居ようと思った、もちろん面倒なことは多々あったけれど、受け入れ、受け入れられるよりはそっちのほうがずっと楽だったのだ、おかしなやつでいるほうが、ずっと―こんなコミックがあるんだ、短い話で、都会の暮らしに疲れた主人公が束の間里帰りをする、そこでは村祭りが行われていて、篝火を囲んで村人たちが踊っている、人の形の仮面を脱いで…そんな歌が流れている、祭りを眺めるうち主人公は自分の仮面を脱いで、のっぺりとした顔になって踊りの輪に加わる、そんな話だった、でもそれは素顔じゃない、と俺は思うんだ、でもそれは素顔じゃない、それは、そこに加わるための仮面なんだって…俺はそうした方法に頼ることを止めようと思ったんだ、もちろん俺だって素顔で立ってるわけじゃない、ただ、なんというか、関係性を維持するために仮面をかぶるのはよそうと思っただけさ、そしてそれが具体的にどんなことをすれば成り立つのか、それは判らない、どれだけ歳をとったところで判るようなものではないのかもしれない、無駄骨に終わるかもしれない、だけどそう…なんだろうな、どうしても受け入れられないんだよな、かぶり続けた仮面の裏側はきっとたまらなく汗臭いだろ…欠伸は出るが眠くはならない、どこかで機能が断線している、でもずっとそんな感じだから、眠れたら眠れたで不安で目を覚ましてしまうだろう、生まれてこのかた欠落を保持している、そして見張り塔からずっと、自分自身を見下ろしている、「なんて厄介な生物なんだろう」と双眼鏡を覗きながら思わず呟いてしまうけれど、周りには誰も居ないから気を使うこともない、そんな独り言は電気機器のノイズと同じくらいの意味合いしか持たない―いつか俺は眠らなくなるのではないだろうか、そんな風に思うことがある、考えてみなよ、目を覚ましていたってきっと、夜ってのは夢に近い現実なんだぜ…。









0

空を飛び、血に塗れる、そこにどんな違いがある…?  








エコーするリズムの中に意識は隠れていく、反復と変則の入り乱れるアップダウンなビート、上下左右が判らなくなる拡販の中で目を閉じなかったのはきっと、そんな混沌の中でしか見えないもののことを知っていたからだ、日々に疲労した指先が痛みを覚えているけれど、だからって何も書けなくなるわけじゃない、適度な痛覚は意識的であるのには効果的だ


空に浮かび上がる夢をよく見る、高度は時によってまちまちだが、浮かび方はいつも同じだ、歩きながらその延長のようにふわりと、当然のことのようにそれまでと同じ速度で蜻蛉のように浮かび上がる、そこには感動も恐怖も無い、本当に、ただ歩いているのと同じように、ただ浮かび上がって移動している


一度、そんな風にして小高い山の頂にあるマンションを訪れる夢を見た、玄関からではなく、二階のホール部分に開いている窓から潜り込んだ、街中のように、住人しか入れないといったような防犯設備のあるマンションではなかったように思う、と言ったところで、そういったマンションが空からやってくるものたちに対応しているのかどうかはよく判らない、それはともかく、そうやって二階のホール部分に降り立って、ついさっきやってきたほうを眺めた、建物の中は穏やかさと同じ程度の薄暗さで、それはまるで胎内の中に居るようだった、そして、開口部から見える空を眺めた、たとえ飛ぶことが出来ても、そこから見える空はやはり美しく、ある種の羨望に満ちていた、あれからどうしたのかまるで思い出せない、多分思い出す必要なんかまるで無いのだろう


そんな夢を見るたびに思う、空を飛ぶ生物たちは、空を飛ぶことそれ自体はきっとなんとも思ってはいないのだと―人間が地を歩くことと同じように、飛んでいるのだと


どうしてそんな夢の話をしているんだ?朝はまだ訪れる気配が無い、当然だ、さっき日付が変わったばかりなのだから―この詩を書き始めたとき、どんなものを書こうとしていたのか忘れた、もっとも、それほど明確なヴィジョンがあったわけではない、おそらくこんな風になるのではないか、といったようなぼんやりとした塊があったに過ぎない…消えてしまったのならきっと、それは残すほどのものではなかったということなのだろう


戦争の夢を見た、それは街頭インタビューを受けるところから始まった、「もしも戦争が始まったらあなたはどうしますか?」こましゃっくれたショートカットの小柄な女は、何か面白い答えを聞かせてくださいよというような微笑を浮かべてこちらにマイクを向けた、「国が人を殺して良いって言うんなら、せっかくなんで軍隊に入りたいですね」そう答えるといわゆる苦虫を噛み潰したような顔―そんな顔の見本のような表情になって、唾を吐くような感謝の言葉とともに離れていった―面白いことを言ってやったんだがな―もっともそれはサービス精神から来た言葉ではなく、普段から漠然と考えていることではあった、無駄にしない自信があるのなら、どんな経験だってするに越したことはない、そうは思わないかね…そうして戦争は始まる、お望み通り兵隊になって、指揮官の号令のもとに銃をぶっ放した、夢の中だからなのか、あるいはそうした覚悟の違いなのか、幸運にもどんな弾も爆弾も食らうことは無かった、ひたすらに撃ち、手榴弾を投げ、たくさんの人間を殺した、これだ、これが死だ、ぶち抜かれる脳天、破裂するはらわた、そんなものの洗礼を浴びながら、様々なシチュエーションで、様々なニュアンスで、様々な声で死んでいく人間たちを見ていた、戦闘に関係ない人間だって殺した、それは、死とはどんなものなのかという実験だった、ハンマーを使った、銃剣を使った、指先を使った、靴底だって使った、昔の戦争と違い、資源は豊富にあった、いくら使っても咎められることはなかった、ディスイズウォー、ともに戦っていたアメリカ人の兵士はそう言って笑った、それは、チームの合言葉になった、ディスイズウォー、ディスイズウォー…硝煙と爆炎と血飛沫が、硝煙と爆炎と血飛沫が散水機の上げる水のように上がり続けた、血塗れになってパーティーは笑い続けた…


目を覚ますとつけっ放していたテレビでデモのニュースが流れていた、デモ隊が警官隊と掴み合いの喧嘩をしていた、「平和を我等に」彼らが掲げているフラッグにはそんなスローガンがでかでかと記されていた、ディスイズピース、思わずそう呟いてしかめ面をした、ふいに途方もない気配を感じて振り返ると、夢の中で殺したたくさんの人間たちが殺されたときの姿でたたずんでこちらを眺めていた、なぜなんだ、という瞳をして彼らは立っていた、立ち上がり、拍手を打ちながら叫んだ

ディスイズウォー!!

彼らは陽炎のように揺れて掻き消えた、そして何の変哲もない日常が訪れた、空を飛ばないものに訪れる何の変哲もない日常が…



夢の話には本来暇がない、だけどどうやら今夜はこの辺で止めておいたほうがいいようだ…。







0




AutoPage最新お知らせ