そこにある全てが失われていないというだけの  










胃袋に堆積した今日の摂取が
わずかな歌にも変われずに終わる頃
仮面を剥ぎ続けて
挙句顔をなくした俺の
首から下だけが横たわっている寝台
ヒートショックする精神のブレーカー
ダウンだ、大げさなアクションで
カウントを取り始めるレフェリー
ヘイ、俺の個人はまだ認識されているのかい
俺はそう尋ねるけれど
やつは自分の仕事をすることより他は考えちゃいない
当然立てない、バランスが良くない
整合性というものをすっかり欠いている
終了のゴングを聞いた
何が終わったのかはよく判らなかった
ただただ頭を失っていただけで
誰かが駆け寄ってくる
大丈夫かと声をかけてきたけど
そいつが呼んだ名前は俺のものじゃなかった
情報が混沌としている
情報が混沌としていて
落ち着くところがどこにもない
冷たいシーツがこすれるのを背中で聞きながら
俺は何を取り戻せばいいのかと考えている
たとえ本当の顔を取り戻したところで
それは俺の顔と言えるのだろうか
破り捨てたたくさんの顔の中に
もっと俺らしい顔があったのかもしれない
たとえ本当の顔を取り戻したところで
それは俺の顔と言えるのだろうか
仮面の下で忘れられていった顔など
取り戻すだけのなにかがあるだろうか?
もとよりそいつは取り戻すことなど出来るのだろうか…?
観客たちが立ち上がらなかった俺にブーイングを浴びせている
おい、俺が見えないのか、と
俺は胸中で奴らに反論する
俺の頭は失われているんだぞ
それがどういうことなのかお前らには判らないのか?
だけど
そんなことは馬鹿げたことなのだ
すぐにそのことに気づく
俺があそこにいたらきっと同じようにブーイングするさ
誰かの顔が失われることなど誰にも知ったことじゃないのだ
まして俺自身
痛みすらとうの昔に消えていたほどの手遅れなありさまで
なにもそこに生まれるはずがない
なにもそこに生まれるはずがないのだ
むしろそこには隠され続けたものしかなかったのだから
シーツはいつまでも温かくならなかった
失われたままであるのだから仕方がないのかもしれない
温もりを求めるには俺は至らな過ぎる
すべてに業を煮やした俺はどこかしら動かそうと試みた
するとそれは普通に動かすことが出来るのだ
そうして初めて冷静な思考というものが生まれてくる
まるで失われているみたいに見えるのにそれは決して失われてはいないのだ
なによりも俺の全身は連動していて
ひとつの使い慣れた意思によって統率されていた
それで少しはまともな気分になることも出来たけど
それはある意味でもう一度ふりだしに戻るみたいな感覚だった
さて
それでこれはいったいどうした状態なのだね

裁判官が俺を促す
舞台はいつの間にか冷たい寝台から
さほど厳格でもない小さな法廷にシフトしていて
さほど厳格でもない裁判官と
退屈そうな陪審員たちが俺を見つめている
俺はなにかしら自分なりの見解を口にしなければならないと思うのだけれど
当然の如く頭がないのだからそんなこと出来るわけがないという結論に至る
いや、だけど
動かせる、思考出来る、認識出来るーなのになぜ
頭だけがきちんとなくなっているのだろうか?
それともそれは俺にとってなくなっているというだけのことで
彼らには見えているのだろうか、もの言わず虚ろな目の俺の頭が
傍聴人たちがブーイングを始める
おい、待てよ
なんて
俺にはもう言うつもりもない
もしもここにあるのだとしたら…俺の頭がここにいつも通りにあるのだとしたら
失われてしまったという俺の感触はいったいどこからどんな風にやって来たというのだ?
静粛にしなさいと裁判官が言う
そして、例のハンマーをコンコンと鳴らす
傍聴人たちは静まりはしない
閉廷、閉廷だとあらん限りの声で叫びながら
裁判官たちは堆積してしまう
ブーイングが最高潮に達したところで
舞台は歪み俺は見知らぬバスルームにいる
耳の中ではまだ無数のブーイングが残響している
そうだ、鏡、と俺は思いつく
このまま鏡を覗けばいい
自分の目で自分を確認すればいい
誰が見失っていたのか、たとえそれだけでも
はっきりしないままよりはずっと良い
俺はバスルームを出て洗面所へ向かう
洗面所の鏡を覗き込み、思わず悲鳴をあげる
そこには真っ黒い靄のようなものがあるだけだった
そこで目覚めた
俺は洗面所の鏡を見ながら
大きく息を継いだ
そこにある全てが失われないというだけのものでしかなかった













0

ストレンジ・バット・トゥルー  






心臓は崩れながら歪み、実体の判らぬビートを作り出す、ああ、脳天から逆さまに降る、死、詩、私!降り積もったさまはまるで賽の河原の石積みのようだ、鋭利なナイフのような真冬の空気、肉体をすり抜けて内奥を串刺しにする、ドゥドゥ、ドゥドゥと、体内で迷う血液の音がする、吹き上がるものたちは降り積もるものたちと交差しながら、ふたつの存在しない裂傷を描き…限られた部屋の中空はひととき在りもしない境界に心を躍らせ、そして萎れてゆく…瞬きのようなものをうたにするには、どうすればいいだろう?その答えはやはり瞬きのようにしか見えないものだ、そしてそんなに長くは語れないものだ―睡魔を絞殺するように覚めていく意識は快楽殺人者の瞳だ、手を汚したものの問題定義は何故だかやたらと取りざたされるものだ…その汚れ方を知らないものたちには答える術がないからだ、そうだろう?もちろんだからこそ、そんなものには答える価値もないことさえ、すぐに判りはしないのだ―最後の瞬きが見つめる光のような月が空には浮かんでいる、端仕事の帰り道、そいつと目があったような気がした、僅かに荒んだみたいなイエロー交じりの白色は俺のあらゆる想念を―雑念のすべてを掬い上げて、秤にかけているような気がした、そいつが天秤を軋ませてくれれば良いと俺は思ったんだ、そいつが天秤を歪ませてくれれば良いと…月よ、俺の人生に溜まった塵はそこそこに価値があったかね?自転車のペダルを踏みながら帰った、月は俺の声を聞く気はないようだったから―俺はときどき眠りながら、肉体が失われたような感覚を覚える、消滅するのだ、意識だけを残して―その瞬間心に飛来するものは、怖れや焦りの類などではなく、まさしく解放と呼ぶにふさわしいものだったよ、俺は湖のような重さと柔らかさをもってそこに漂っているんだ、それはまさに自由という感覚なのだ、自由という感覚は本当は、日常なんてものの中には存在しはしないのだ、それはおそらくは肉体がある限り…居心地のいい不自由さに抱かれて安穏としているとそのことに気づけないのだ…鎖を幾重にも己が身体に巻きつけてストイシズムに勃起してる連中…まったく失笑ものだぜ!どこにも行けない足でどんな真実に辿り着けると言うのかね?身体と心を方々から串刺しにして、一斉に引き抜いたときに吹き出した血や体液が床にどんな模様を作るのか…死ぬまでにそれを出来る限り書き写す、そんな行為こそをストイシズムと言うのだよ、君―喪失の感覚から再び身体が概念的に再生されていくとき、どこから戻ってくるのか判るかい?それは骨盤だよ、それがすべてのベースと成り得るパーツなんだ、すべてのバランスをそこで統制するんだ、だからそこから始まる…そこを拠点にして広がっていくように、骨が生まれ、内臓が生成される、筋肉が張り付き、神経が駆け巡る、皮膚が、体毛が…そうしてふたたびひとりの人間として寝床に確かに横たわるとき、いつかの月のような存在である自分を感じる、僅かに荒んだみたいな、イエロー交じりの―白色―死も、生も、必ず人生の中にある、一番最後に訪れる死はきっと、自分自身とは何の関係もないものだ―ドゥドゥ、ドゥドゥ、血液が流れ出す、肉体を蘇生する電流、体温が始まる、目が…開く―ひとは自分の身体を、心を、確かに知るために生まれて死んでいくものだ、それ以外にどんな意味があるだろうか?始まり続ける終わり、終わり続ける始まり、それは確かに、途方もない痛みと共にある、だがひととき、そこを抜け出すとき、俺は冬の夜空の王のようなものになる、またいつか凍りつく寝床で肉体が失われるとき、俺はやつのまなこをすぐそこに見るだろう…




0

火曜日、あなぐらで気まぐれ  











朝の光を呪うなら寝床の中で、積もり積もった夜の逡巡に埋もれて震えながら
妙にかすれた猫の鳴声が聞こえる、目を覚ましたばかりなのかもしれない
大型の車両が集まり、道を掘り返す準備を始めている、今日は一日騒がしいままで終わるだろう
ポストに手紙が投函される音、用も無いのに玄関まで出て行くほどの価値がある手紙だろうか?回収するのは同居人に任せよう
外は晴れているけれど遮光カーテン越しの明かりで満足、のんびりと歩くのは先週にやりつくしたし、なにかを見つけても手に入れる金も無い
U2の悪名高いアルバムを聴きながら簡単なものを食ったりコーヒーを飲んだりした、物の価値はそれを欲しいと思う人が決めるのだと、あれはたしかコミックの中のセリフだったかな
午後三時には工事車両は居なくなってた、ケーブル埋設工事をずっとやってるから、きっとそれに関係するものなのだろう
昨日の仕事の汚れがまだ、指先に残ってる気がしてシャワーを浴びた、窓に日が当たる時間に風呂に入るのは好きだ
「ら抜き言葉を使っています」などと、ワードはいちいち線を引いてくるが、正しい文章のために書いているのではもちろんなく、もちろんそういうことも大事だけれど、道具の使い方は手にするものに委ねられるとしたものだ
たとえば小蠅が煩わしいとき、おれは新聞紙を丸めるか殺虫剤を持ち出すかする、少なくともそのために詩を書いたりはしない、そりゃまあ書いてるやつも見たことはあるけれど―それにはまったくどんな意味もありはしなかったよ
シャワーの後には食器を洗った、いまはピカピカになってふせられている、確かな仕事には確かな結果がある、時に視点を変えてみれば、そういったことはよく見えるものさ
ワンクリックでアルバムをチェンジする、音楽はとうとう円形ですらなくなろうとしている、だからおれは、飛び込んでくるみたいな声がある音楽が好きだ
あるシンガーが言ってた、「上手く歌うというのは吐き出すよりも飲み込むという感覚に近い」って、おれはその言葉が好きだよ、そこには確固たる柔軟さというようなものが感じられる
身体がなまってしまうからやっぱり少し外を歩こうか、それとも部屋でじっくりと動かすか…筋肉を損傷しない鍛え方というものを最近になってやっと覚えることが出来たんだ
いまはラナ・レーンが歌っている、彼女はサイコーさ、出てきて歌うだけで大体のことはオッケーなんだ、舞台の下で得意になって喋ったりしなくてもさ
また猫が鳴いている、今度はきちんと通るきれいな声で鳴いている、繁華街に程近い賑やかなこのあたりには、街路を走る学生の自転車と同じくらいの野良猫が多分居る、去年の夏に死んだ飼猫のことを思い出す、猫が死んで悲しい思いをすることはもうないだろう―ペット霊園の釜は一体分しかなかった、人間が行くところのように番号がついて並んでいる焼場じゃなかった、それを見るとおれは安心した、いつかおれが死ぬときもここで焼いて欲しいと思った、死んだ後まで誰かと並んで焼かれるなんて真平御免だ
頭の中には少し睡魔がある、でも横になると眠ることが出来ない、それが欠陥なのか仕様なのかはなんとも言えない、なんにせよ夜になれば何時間かは眠れるのだから―それほど気にかけるようなことじゃない―気にかけるようなことじゃない、そんなことばかりが毎日周辺でばら撒かれている、もちろんこちらにはそんな種をまともに拾う気なんかない
端末にメールが届く、どこかのサイトで登録したメールマガジンのようだ、もう何年も受け取っているけどまともに読んだことはない、きっと、なにかしらの目的のためにそのサイトにメールアドレスを教える必要があったのだ、そのとききりだったからパスワードを忘れてしまって、今でもそのサーバーは週に一度、俺の端末の着信音を鳴らす
斜陽は夕暮れへの準備を始める、いまおれは窓辺でこれを書いているから、日没と同時に冷えていく空気を存分に感じることになるだろう、休日というのは本当は、そんな景色を眺めるためにあるのかもしれない
ジョー・コッカーが居なくなって、ボビー・キースが居なくなって、ルー・リードが居なくなったこのところ、永遠なんてないんだと残された歌が話しかけてくる、また少しおれは新しい道具を試してみるだろう








0




AutoPage最新お知らせ