クリーン・ルーム  









デスクに投げ出されたままのボールペンが
扇情的なひとことを書きたがってる
牛乳で流し込んだコーン・フレークの糖分が漂ってるあいだ
チェアーの背もたれに身体を預けて口だけがとりえの年寄りみたいになってる
昨日電話をかけてきた友達の名前が思い出せない
一時期はかなりつるんでいたやつだったけれど
思い出そうという気にならないので
とりあえず運命にあずけておくことにした


天気予報の通りに雨は上がったがいまひとつすっきりしない天気だぜ
陰口の得意なやつみたいにグジグジとした空気だ
そのせいか飼犬のように表に躍り出るような気分になれなくて
昔書いた話を読むともなく読み返している
まだ自分に出来ることがあるのは愉快なことだ
それが自分以外の誰かにとってどんなささやかなことだろうとも


テレビで見慣れた人間が死んだというニュースばかりがこのところ
次から次へとメディアで飛び交ってる
B・B・キングが殺されたらしいって本当かい?
こんな安直な言い方はなるべくならしたくはないけれど
それが本当だったとしたらブルースマンとしては上等な結末に違いない


新しいロックがちっともロックには聴こえないから
このところローリング・ストーンズばっかり聴いてる
「そんなのはあんまりいいことじゃない」って何人かに忠告されたけれど
そいつらのほとんどは二元論で出来上がっていたんだ
ああ、俺は読みかけの本をまた読みかけのままで閉じながら
あいつらのお決まりのセリフを真似てみる
そうしておかしくなってひとりでげらげら笑うんだ
あいつらいつだって苔生した墓を守ることぐらいしか思いつかないんだから


今日日ニュー・カマ―には莫大な期待と責任が押し付けられる
新しいものは新しいとみんなが信じているからだ
見慣れない顔はなにかとんでもないことをしてくれるに違いないと
人任せな刺激に瞳を輝かせているからだ
新しいもののたいていは新しくはない
デビューの一声なんてたいていそいつ自身じゃない
まだ憧れの湖に首まで浸かっている段階だからさ
新しいものを期待するならやり続けている連中のところに行くのが一番
進化の種は気が遠くなるような蓄積のなかにしかないものさ


時々嘘つきのように魂の話ばかりをする連中が居る
そんなもの吹聴したって誰も納得しやしないさ
そいつの描き出すものに熱狂的な感覚がなければ
詐欺師と同じカテゴリに名前を書かれるのがオチさ
俺はテレビを見ながら少しずつ書くこともあるけれど
そうやって書いたものだから誰もなにも感じないかというとまったくそんなことはなかった
むしろそいつは俺にとってもお気に入りのひとつだったりする
スピリットが先走れば臭いにおいがするばかり
背筋を伸ばして書いたところで駄目なやつは駄目なのさ


ああ!夏の始まりのエアコンはなんて革命的なんだ!
アイス・コーヒーを飲みながらスティッキー・フィンガーズ
ロックンロールは死んだ、なんて小僧の話にゃ聞く耳持たない
このアルバムが何回発売されたか知ってるか?


ともあれもうすぐ呪うべき梅雨の始まり
六月の湿気はなにか刺激的なことをするのに適当とは言えないが
そんなときだからこそウォーミングアップをきちんとしておかなくちゃな
俺の英雄は六月に死んだ
バック・ドロップで起き上がれなかったんだ
あと二年もすれば俺、あいつと同い年になるんだぜ
歳を取るって本当に驚くべきことなんだ


ころころと変化する周囲に置き去られないように
目を見開いて世界を眺めている
眠くて仕方がないときもあるけれど
目を閉じてしまうにはすっきりする必要がある
だけど
そんなことより大事なことは
自分を見失わないようにしなくっちゃ
気持ちに引き摺られて自分を見失うと
落度があっても気付くことが出来なくなる
いつでも窓を開け放して世界を睨んでいるやつのその部屋の床は
吹き込んだ埃でこっぴどく汚れているとしたものだ


笑っちまうぜ
俺は
清潔な靴下を履いていたいだけなのさ






0

With 「Forty Licks」  







きみの瞳に隠れている世界のワナ
欺瞞の眠りを泳いでおれは
夜が明けるころには疲労困憊さ


キャロットとハチミツでこしらえるジュース
チーズを存分に溶かしたトースト
FMは囁くようにバロックを流して
おれはそう、ロックしたいとうなだれているばかり


夜明け前の消防車のサイレン
まるで隣近所が炙られているようなやかましさ
水のにおいと焦げるにおいが流れてこなかったから
うろたえることはなにもないんだと気づいてまた眠った
コンビニ全焼だってさ
初音ミクが焼け焦げていた


なにもすることがなく、あるいは
なにをする気にもならなくて
ストーンズを聴きながらぼんやりとしている
一日中太陽に炙られて
人間味は蒸発してしまった
詩なんか書きたい気分じゃない
そんな詩を書くしかない


ろうおうおうりん、と
ミック・ジャガーがこねくり回す
ころがせ、ころがせ、ダイスをころがせ
たったそれだけのフレーズが
世紀をまたいでリアルに存在し続けている
ああ、ミック・ジャガー
あんたは預言者に違いない
あんたに見えないものはない
女を繋ぎとめるやり方以外は


乱暴な晩飯のせいで睡魔は氾濫している
眠りたいのか眠りたくないのかよく判らない
詩なんか書きたい気分じゃないという詩を書いていると
ますます自分がなんなのか判らなくなってくる
だけど、そう
混乱して
氾濫して
着地点を探す夜の方が
自惚れている夜よりはやることが多いのも確かさ
個人の主張なんて
証明出来ないのならどんな意味もありゃしない
そこに
責任を持たないのなら別だけれど


失われたプールの夢を見る
どこかの山の上にあって
古臭いセメントで出来たプール
更衣室のドアは腐って倒れていて
深めの水溜りの中で時々揺れて
軍人の足音のような音を時々立てている
水はついぞ変えられたことはなく
緑色で
おぞましい生物を思わせる気泡がそこらで弾けている
いい天気なのに
なにも乾いていない


飛び込み台に座ってそんな水面を見ていると
混沌は自分で作り出すべきなのだという気がする
あらゆる作家がやたらと飛び込みたがるのは
そのことを知ってるせいだって


太陽は真上にあり
汚れた水面でゴッホのタッチになり
嫌な匂いがして
だけど、それは
確かにそこにしかないもので


ねえ、おしまいのプールを見に行こう
エンジンをかけてさ
そこにしかないものを見に行こう
汚れた水面を見つめて
嫌なにおいを嗅いで
そんなものを見たことがない連中の先へ行こう
新しいところへ飛び込もう


イッツ・オンリー・ロックンロール
オールド・ニューなフレーズ
信じるものが神になったらおしまいだ
絶対的な存在になったら
ミック・ジャガーは
いつだって冷静にイキり勃っている


ダラダラしてんだよ、落ち着いてくるぜ
眠いかどうかなんて知ったこっちゃない
必要とあればまぶたは自然に落ちてくるものさ
いまはただやらせてくれ、やらせてくれ、やらせてくれ
自分がなにをしたいのかなんてエクセルに打ち込む必要はないのさ
たかが人間、そいつをまっとうしたいだけ
他人の唾なんか放っとけば乾くからね


ちょっと待っててくれ
キッチンを片付けてくるから
そのまま明日の米も炊いちまうかもな
続きを書くかどうかなんてそれから考えるさ
決まってることなんかないほうが正しいんだ







0

甲虫たちは間違える ― the out of control  











時間は巨大な甲虫の群れに化け俺の足もとで猥雑なステップを繰り返す、俺は自嘲的な概念とでもいうべきものに動きを封じられていてなす術もない、やつらはそのままふたつに割れて釣針のように湾曲した爪の先を俺の皮膚に突立ててじりじりと俺の身体をよじ登ってくる、俺は痛みに悲鳴を上げるがそんなことはお構いなしだ、やつらは何を目指しているのか、俺の首か、俺の目玉か…なぶるようなスピードでやつらは登ってくる、一匹、二匹…やがては数え切れないほどの数、俺の姿はすでに外からは確認出来ないだろう、黒光りする甲虫たちの背中に覆われているだろう、俺は甲虫たちのキックミットのような腹を見ながら考える、爪を立てられた場所から血が流れ始めているのが判る、そいつはあとから登ってくる連中たちの摩擦を奪い、スリップしたやつらは先に登っていたものたちを巻添えにしながら落ちていく、俺の視界は急に広がり、周囲は風通しがよくなる、だが、それも一瞬の出来事に過ぎない、滑り落ちたものたちは悔しがってでもいるようにガチガチとモンキーレンチのような歯を当てて鳴らし、もう一度俺の皮膚に爪を突立てる、今度は滑らないように、しっかりと、深くまで…俺はどういうわけか悲鳴をあげる気にならず―痛みはさっきのと比較にならないぐらいの激しさだが―歯を食いしばってじっとしている、虫たちはさらにゆっくりと、一度ごとに体重をかけてそのかかりぐあいを確かめながら、しっかりとした足取りで登ってくる、今度は群がりはしない、一匹一匹が干渉しないようにある程度の間隔をあけて登ってくる、まるでプロの登山家のように…俺は目を見開いて登ってくる連中の無機質な眼球を覗き込む、彼らが何を狙ってここに登ってくるのか、それを見極めようとしている、そうしていればなにかしらの意思が交わせるのではないかというように、彼らの眼球をじっと覗き込んでいる、やがて一匹の甲虫が俺の眼前に到達する、そして俺の目のなかをじっと覗き込む、さあ、何がお望みだ、と俺は考える、やつは俺の目のなかを覗き込んだまま身じろぎもしない…そうしているうちに一匹、二匹と、虫たちは俺の顔にたどり着く、そして、最初の虫と同じようにじっと俺の目を覗き込んでいる…何がしたいんだ、と俺は思う、何匹かの虫がその思いをキャッチしたみたいに前脚をピクリと奮わせる、でも、それだけだ…そうしてほとんどの虫が俺の頭部に乗っかってくる、俺は彼らの重さに耐え切れず、前のめりに倒れる、俺の頭蓋骨の重さに彼らの鎧は勝つことが出来ず、手当たり次第に俺の目の前で潰れ弱弱しく痙攣する…なぜだ、と俺は呟く、はっきりと声に出してそう呟く、当然答えられるような状態のやつは目の前には居ない、俺の顔はやつらの体液でべとべとになる、クソッ、なんて不快な臭いのする液だ…俺は懸命に起き上がろうとする、目の前のやつらと同じように無様にしばらくもがいていると、やがて身体が自由になる、起き上がるころにはほとんどの甲虫は死んでいる―俺は彼らを見下ろす、なぜだ、とそしてまた思う、どうしてお前たちはこんなことをしたんだ、と…強固に見えたその鎧はあまりにも脆い代物だった、お前たちは自分の強度を過信していたのか?身体中の爪のあとが痛む、そこから流れているのは彼らの体液とはずいぶん種類の違う赤い血だ…俺はその場に膝を着いて身体と心を落ち着かせようとする、なにも、なにも理解出来ない、現象として不可解に過ぎる…そのとき虫たちの死骸の中から、一匹の甲虫が這い出す、そいつは、潰れていなかった、なぜだ、と俺はまた問う、虫は答えることなく、ただ俺の正面で歩みを止め、俺の顔をじっと見上げている…時間は巨大な甲虫の群れ、そのほとんどは無意味に無価値に、己の愚考のせいで潰れていく、時間とは本来そういうものだ―そして虫は地面に爪先を擦りつけ、不愉快な音を立てる、黒板を引っ掻くような、あの音だ…俺は黙ってやつのすることを眺めている、もう問いかけは無意味なのだ、きっと…


やがて甲虫は俺の前に綺麗に磨がれた爪先を差し出す、それは陶器のように丸く穏やかな形をしている、俺は無意識に腕を差し出す、甲虫は滑る爪先でバランスを崩さぬようしっかりと一歩一歩を確かめながら俺の腕を登り、さっきと同じように俺の顔に止まり目の中を覗き込む、俺ももう何を思うこともなく甲虫の目を覗き込む、どれくらいそうしていただろうか、ある瞬間、本当にほんの一瞬のことだった、彼の意識と俺の意識が境界をなくして溶け合うような感覚があった、気付くと彼の姿はなく、俺の傷は癒え、清潔なシャツを着て佇んでいるそこは間違いなく現実という感触だった。













0




AutoPage最新お知らせ