Rain Fall Down  






呪いのリズムで降る雨が
窓の外のリアルを囁いている
昨日よりは少しまともな頭で
昨日よりもくだらないことを考えている
なにひとつ語るべきことのなかった
今日が変更線でゼロになる前に


傘のない迂闊な数人の女たちが
けたたましい声を上げながら走り過ぎていく
彼女らはずぶ濡れで
俺はそれをここで眺めている
俺の身体には滴ひとつありはしないけれど
だから俺が彼女らより幸せかというときっとそうでもない


幸せなんて馬鹿にしか訪れないものだから


俺は人生が厭になっても
コンビニエンスストアで駄々をこねたりしない
許してくれる誰かを殺したりなんかしない
人でごった返す繁華街に車で突っ込んだりなんかしない
厭になっても人生には違いないので
同じ調子で飯を食い糞に変えて出す


証明出来ないことを断言したりしない


濡れていく路面は洗われるが
執拗な舗装も次第に剥がれて荒れていく
それは俺が日頃見ているものに似ている
俺が洗おうとしているものに似ている
路面は砕けて散らばるだけで済むが
俺が洗おうとしているものはたぶん血を吹き上げる


血塗れになって詩を叫べば幾らかのやつは本当だと思うだろう
もしもそこで読まれているのがただの円周率だったとしてもだ


グラスがひとつ割れる音を聞く
たったひとつだったものが数え切れない欠片になる
フローリングで溶けない氷のように光を弾くけれど
そのどれひとつとしてもう二度とグラスとして機能することは出来ない
おまけにそれは不用意な指先に結構な傷をつける
不器用に巻きつけた絆創膏に静かに血が染みていく


ブルース・ハープとスティールギター、1970年のローリング・ストーンズ
まだ幼さの残るミック・ジャガーはだけどすでに出来上がっていた
昨夜の寝不足が祟る頭をシェイクしながら
日付変更線でゼロになる前に
ああ、みんな、本当は誰も
本当に口にするべきことは判っているんだ


ロックンロールは反逆じゃない
ロックンロールは暴力でもない
ロックンロールは悟りなんかでもない
ロックンロールは
ロックンロールは
ただ、生きようとするための力なんだって


つい昨日のことだったか
古い雑誌で目にしたんだ
ビート、の語源はなにかを激しく叩き続けることって意味だって
なにかを激しく叩き続けること
たとえば寝不足で一日中ぼんやりし続けた頭とか
たとえばもう間に合いそうもない日付変更線とかね


ほら、だから、そう
激しく路面を濡らす雨だってビートだし
こうしてキーボードを叩き続けてる俺だってやっぱりビートなんだ
君はもしかしたらこれを読んで長ったらしいって思うかもしれない
こんなに長く書く必要はないって
でもそれは俺には短く書く必要がないってそれだけのことなんだ


日付変更線が過ぎればおそらく俺は夜明けを待つだろう
壊れてしまった眠りを時々つまみながら
どこかしらから窓を照らす夜明けを待つだろう
天気予報は明日も雨が降り続けるってことだけど
雨の朝だって明ければちゃんと明るくなることを俺は知っているからね
いつでも窓からどこかを眺めてる気分になる、こんな話をずっとしていると


雨がビートしている
うろたえる連中の声は



もう
ほとんど

聞こえない












0




AutoPage最新お知らせ