それは抽象性以上の具体性を持たない(そしてしばらくの間循環をやめない)  











夜更けに
ロック・ミュージック喰らい
寝具の中でサナギになる
血流はゆっくりと、くたばらない程度に
脳味噌はないものを見つめながら
まどろみをクルージングしている


いつも影ながら解き放たれる
そのときに拾った言葉を知るには
綴ることを忘れないでいること
そうすることでしか維持出来ない
インプロヴィゼイションを研ぎ澄ませること


重要なものなんてそんなにはない
取るに足らないものの為に躍起になっていると
魂は熱を伝導しなくなる
生身の機関のようなものになって
日常は日付以上の意味を持たなくなる
最後は捨てられた茶碗のようになってお終いだ


本当に見たいものを見ようとする瞬間には
その裏にあるものまで知ろうとしているものだ
目に映るものなんて入口に過ぎない
鍾乳洞を歩くように項目を辿らなければ
それがいったいなんなのかなんて決して知ることは出来ない
即断の皮を一枚捲れば愚直が隠れているものさ


真夜中になるといつも
どんな音も聞こえない瞬間がある
車の流れが途切れ、人の流れが途切れ
心が機能のいっさいを止める、そんな瞬間が
そんなとき俺はサイレントに
侵食されてただの体液になる


これはどんなことについても話そうとはしていない
これはどんな意味も含んでいないようなものではない
これはどんな示唆にも満ちてはいない、だけど
これはどんな示唆にも当てはめて動かすことは可能である
血液や髄液にかたちが存在しないのと同じように
モデルのある人生に違和感を覚えるのと同じように


眠りの中に溶け込んでいくとき
生まれたときのことを思い出している
それは明確なヴィジョンを持たないものだけれど
手にしているという感触だけはしっかりと残していく
覚えていることだけが記憶ではない
そんなものと無縁な場所に刻まれているものが必ずある


無意識になったときが自分自身だ
聴いたことのない歌が絶対的なメロディーだ
綴ったことのない詩はすべてを語っている
読んだことのない本にはなにもかもが書かれている
それが記憶とは無縁の場所に刻まれているから
俺みたいな連中がそれらを追いかけている―夢中になって


意味を追うよりもただただ喰らっていくことだ
知ることになんてたいした意味はない
本当は誰もが気付いていなければならないことさ
ひとたび喰らいついて噛み千切って飲み込めば腸内から肉体に吸収される
顎が疲れるほど噛み砕いた瞬間に血液の温度は変わっているのさ
あとはそれが循環するのを待っていればいいだけだ


なあ、俺はときどきこんなふうに考えるんだ
ある種の詩は血小板のいくつかが話したことなんじゃないかって
白血球とか赤血球でも構わない
とにかくそいつらのうちの誰か、ひどくお喋りな誰かが
「さあ、おまえたち聞いてくれ」と盛大に声をあげているんじゃないかって
だって俺がこれまでに書いたものの中には
いつのまにかそこに書いてあったようなものがいくつもあるからね


俺は人生を確信しない
俺は運命を知ろうとしない
俺は自分について知る意味を持たない
俺は自分自身に向かうべき指針を持たない
俺はいつでもしなければならないものを持たない
そのとき生まれたものに従っていくだけだ
俺の血液は常にポエジーを探している
俺の身体中をくまなく這い回って


空がぶん回されて再び太陽がのんびりと現れるとき
それを眩しいと感じるのは目覚めることが出来たからだと知っているせいだろう
眠りの中に溶け込んでいくとき
生まれたときのことを思い出しているせいさ
仕事でも、遊びでも、なんでも構わない
どこかに出かける用事があって
寝惚け眼に水を浴びせて支度を済ませて家を出たときに
踏み出した爪先が体重を感じる
そのときに感じる喜びで血液は喚起の声をあげるだろう
生まれたときのことを思い出しているせいさ








0

ガ  



夏に
その場所に貼りついて
そのまま
息絶えた
ひとりの蛾が


いつしか淡い影となって
冬には、なくなった


それはありふれた風景だったし
毎年のように
繰り返されていたこと
だが
しかし


その蛾には妙な意志があった
ついぞ
表に出ることはなかった意志だけれど
羽ばたくことにも
撒き散らす鱗粉にも
そのすべてに意志があった
それが在る時点で
かれは
もはや蛾ではなかったが
蛾であること以外に
術があるわけでもなかった


ときどき
かれは
壁に止まったまま、じっと
一点を見つめていたかと思えば
狂ったようにあたりを飛び回った
それから行き倒れるようにそこいらの枝に捕まって
地面を見つめていた
昼休みベンチに身体を預ける
スーツを着た人間のように


蛾が意志を持てば
蛾であることは不幸なことだ
人が意志を持てば
人でない自分を望むのと同じように


しかしそれは発芽である
同じ人生を生きた死骸が積もり積もった土壌で
新たな種を築かんと試みる生の本能である
種が生き残るにはふたつの方法しかない
まるで進化しないことを選ぶか
進化を求め続けることを選ぶかだ
それはある時点までは容姿のことであり
ある時点からは内面のこととなる
たとえば
人間は始め怖ろしいほどの思いで進化を求め続けていたが
それが落ち着いたいまとなっては
ゴキブリと同じで同じ姿を維持し続けるだけのいきものになった
蛾は見つめていた
ある家の天井の
電灯の傘の裏に止まって
見つからないように
見つめ続けた
彼等の食事と
性交と継承を
そして
それらがたびたび壊れそうになるのを
そして考えていた
自分がそこに居るわけを


見下ろしているいきものたちは便利な手足と大きな身体を持っていて
それらを自由に使いこなしているように見えた
かれらは自分たちでは飛べないようであったが
それ以外のたいていのことなら出来るように見えた
かれは
興味深くそれらを見続けていた


でもかれはそれらを知りたくて見つめていたわけではなく
かれが知りたいのはただ自分自身のことだった
おれがかれらでないことにはどんな意味があるのか
おれと同じような姿をした連中と
おれがまったく違うように思えるのは何故なのか
本当に違うのならば何故そんな風に生まれてきたのか?
いくら考えても答えが出ることはなかった
また、考え続けていると
自分自身が本当にそんなことの答えを知りたいのだろうかと
そんな思いが沸いてくることがあった


(もしやおれはなにかの間違いのようなものでこの世界に生まれて来たのだろうか?)
ときどきそんなことを考えて身震いをした
「生まれてきたのに生まれてきた意味はなかった」
そんな現象が含むものはただただ怖ろしかった
ある日かれはその天井を離れた
もうそれ以上見つめる意味はないように思えた
おなじころ生まれた仲間たちが次々と息絶えていく中で
自分だけがそこで生き続けていることが不思議だった
行くあてがないので上がれるだけ高く空に昇ってみた
そこからの眺めは
天井からの眺めよりもずっと美しかった
そしてその美しさは
かれにとってのかれの運命をさらに判らないものにさせた
(ここにある出来事はひとつではない、おなじかたちのいきものもそれぞれがまるで違う意味をもっていて、まるでちがうことをして生きている)
かれは懸命に羽を動かしながら
おれはずっとこんなことばかりして生きているな、と思った
そのとき強い風が吹いて
かれは大きく流された
羽ばたくことも出来ない強い風の中で
かれは生まれて初めて死を覚悟した
死にたくない、とかれは思った
もう少しこの世界を見たい、考えられることはすべて、納得がいくまで考えてみたい、そう思った
そのとき風が方向を変え
かれはどこか見知らぬ場所へと吹き降ろされた
そこにはこれまで見たものとよく似ているけれど
どこかがまったく違うものたちが生きていた
かれらはしょっちゅういがみあって
ときには血すら流れることがあった
なにか強い光と熱を放つものがしきりに飛び交った
かれはそれらを避けながら物陰に止まって
これまでとはまるで違う景色を見ながらこれまでとおなじことを考えた
見ている景色そのものはやはりあまり問題ではなかったのだ
そこには乱雑な死があった
それが死であることはよく判った
唐突で絶対的で
あまりにも数が多かった
あたりが静かになると
かれは物陰から抜け出し
そこにある無数の死と生を見つめた
それはとても圧倒的な光景だったけれど
そこにどんな意味があるのかはまるで理解出来なかった
でもそれはかれにとって
決して無視出来ないなにかを含んでいた
かれはしばらくの間留まることに決めた


それからずいぶん長い時間が過ぎて
その場所は突然大人しくなった
あたりを歩く連中の顔が穏やかになり
強い光も、熱も、感じることはなくなった
昨日までが嘘のように和らいだのを見ていると
突然かれは以前に暮らしていたあの天井に戻りたいと思った
どうすれば戻れるのか判らなかったが
ここにきたときと同じように高く昇ればいいのではないかと思った
かれは静かになったそこを離れ
空を高く昇っていった


かれが懐かしい天井へと帰ってきたのはそれからうんざりするほどの時間が過ぎたあとだった、以前のように隙間から入り込もうとしたが、入れるような隙間はどこにも開いていなかった、かれは中を覗けるところに止まってしばらく覗いていたが、そこで動いているはずのものたちは見る影もなく、ただただがらんとした空間があるだけだった
(かれらも死んでしまったのだろうか、あるいはおれのようにどこかへ移ってしまったのだろうか)
そう考えながらしばらくの間そこで
以前過ごしていた空間を思いながら過ごした


そうしてまた長い時間が過ぎた
その場所には誰も戻ってくることはなかったし
また誰か新しいものがくることもなかった
まるで空間が死んでいるみたいだった
かれはそうした気配を感じることが出来た
もうかれはあまり考えることがなくなっていた
空っぽの空間を眺めているうちに
自分自身のなにかがおなじ空っぽを抱えてしまったみたいだった
(ああ、もう、きっと…)




夏に
その場所に貼りついて
そのまま
息絶えた
ひとりの蛾が


いつしか淡い影となって
冬には、なくなった


それはありふれた風景だったし
毎年のように
繰り返されていたこと
だが
しかし


その蛾には妙な意志があった







0

暗転の種類  











脳髄に出来た亀裂から饒舌な空虚が垂れ流される夜だ、信号はどこかに、信号はいつもどこかに…アンテナのないところで途切れる、雨を待つ空は紗幕のように奇妙な光を放ち…まるで着地点のない独り言のようにぼんやりとしている、使い道がなくなったまま放置されている低い電信柱に取り付けられた外灯は明るく照らすためのものではない、いまここは夜なのだとはっきり知るためのエッセンスに過ぎない、靴の踵を上げて歩き出すがいい、そこには歌うべき言葉など落ちてはいないから…(受信されなかった電波は消え行くときになにを思うのだろう?)ポケットにつっこんだスマートフォンから流れているFMラジオはもうずっと無味乾燥な流行歌ばかりで、まるで紗幕のこちら側に居ても輪郭を掴みきれない古い亡霊のようだ、ほんの僅かの間雨が降って―上がり、電源に繋がれた冷蔵庫内のようにあたりは一気に冷え始める、呆然と立ちすくんだまま樹氷になる幻想を頭の隅に見ながら、帰路はいつでも保証なんかしてはくれない、代わり映えのしないものはいつでも新しいページを捲ろうとする腕を引っ張るものだ、それは知る必要がない、覚える必要などないと…ほんの数ページのお題目だけで、誰もが生きていけるんだって―そんな余計なものをすり抜けて、初めてきちんとした夜のように変貌した空は、スタン・ゲッツのサックスのように穏やかに居住いを整えていた、フォー・ビートの暗幕だ、雨のにおいはじきにしなくなり、靴音の反響は古いビルの壁面を駆け上っていく、それはまるで俺から離脱した俺の魂の欠片、俺の魂の亡霊―俺の魂の欠片が浄化するのを俺は見上げている、ようやく、夜の面持ちを取り戻した、フォー・ビートの頭上を…ああ、そして、雨の肉片、ガラス窓に、自転車の篭に、社屋ビルの花壇に、捨てられた週刊誌に、残った雨の肉片、雨のにおい…止んでしまえば嘘のような…夜の街角は、夜の路上は、たったひとりを見つめるためだけにあり、たったひとりの死を、たったひとりの生を、たったひとりきりのためにある色味を、ひとつ残らず知るためだけに―風は震え上がるほどに寒く、星は真正面から見た針のように鮮やかだ、メイン道路のひとつ北、幾分下がったところに隠れるように流れる川のそばを、題名を思い出せない歌をハミングしながら歩いた、コカ・コーラとビタミン・ドリンクの空缶が澱んだ流れの中でフラつきながらリズムを取り、それは気紛れに通り過ぎるエンジンの音に半分掻き消えながらしばらくの間続いた、澱んだ流れが暗渠に消えるまで…過去はあいも変わらず瞬時に死別していく現在で、そいつらには腐敗する暇すらなく、そのほとんどは見落とされたまま、在ったのか無かったのかすらろくに認識されることはなく―ただ概念的な死体のようなものが舗装の荒れた路面に転がっているだけで…だから夜には時計を見ない、正確に時を刻む文字盤を眺めることはない、それは死別の数を数えるようなもので、そして間違いなく時の概念よりも確実に、脳髄に、肉体に、精神に刻み込まれていくからだ、瞬きは臨終の音を奏でるし、呼吸はもうないもののにおいを嗅ぐ、鼻面に人参をぶら下げられた馬がそれを追いかけて走り続けるみたいに、夜に真っ当な路面を踏み、眠ることを忘れて彷徨い歩く…生はない、死はない、ただ歩く足があるだけ、たとえいまが真昼だろうが…微かなにおいを、微かな足跡を、追って―そうさ、それが誰のものなのかなんてことは、とりあえず置いておいて…行くべきだと感じる場所を嗅ぎ取るだけさ、魂は彷徨うものだ、向かうべき先の名を知らぬことが正しいのだ、通過する地点で、通過する地点で、勝手にすべては決定されていく、そこにどんな感情も存在する必要はなく、読後感のように残っていく塵を、拾って―夜と朝が巡り、昼に呆け、下らない時間のテレビのようにザッピングされ続ける、理由もないし気構えも要らない、必要なものは残っていくし不必要なものは切り捨てられていく、ただただ面倒くさい選択肢が次々と現れることもある、でも簡単なことだ、どれかを選べばいいだけだから…交差点でどちらに進むか決めるように…夜明けが来るころには部屋で眠りに落ちているだろうか?それともまだ歩いているだろうか―ずっとずっと空虚は垂れ流されている、失われた空間は死を迎えるための準備じゃない、そこに生を注ぎこむための準備なんだ……







0




AutoPage最新お知らせ