上手く眠れないのならなにかほかのことを  








もやのたちこめる裏通りを
うす汚れた天使が歩いている
ショック・ロックな服を着て
まるでアリスのダンサーさ

彼女のポケットにはリコリススティックと
ショート・ホープが二箱
滅多に食べないし
最近じゃ吸うこともなくなったけど
その重みがないと
落ち着かないって言うんだ
彼女は、いま
退屈しのぎのイラストを描くためのノートを
どこかで購入しようとまだ開いている店を探しているところ

そしてその彼女がさっき通り過ぎたコインランドリーで
全財産と言える数着の衣服を洗濯している男は
車の雑誌を読みながら
一二〇〇馬力で世界を呪っている
巨大なドラムが回転する音を聞きながら
そうすることでしか報われない魂を鎮めるすべを知らない
最後のページを読み終えてしまったら
なにもしないで汚れたフロアーを見つめているだけなのだ

ランドリーから二〇〇メートル歩いたところにある
レトロなゲームセンターのなかには
毎晩のようにアウトランの記録を更新しようと
小鼻を膨らませている女が居る
彼女はどこかの高校の英語教師で
年頃だが独身で相手も居ない
仕事以外はなにもかもが面倒臭くて
そこに居るときだけは無邪気に遊ぶことが出来る
ちなみに
そのゲームのハイスコアに刻まれた名前は
アリスのダンサーみたいななりのあの女さ

ストアの店主はいつも
「いらっしゃい」と静かな声で言う
なにかに気を取られていると聞き取れないくらいの声だ
そういう男だから店の片隅のレジの前に一日中座っていられる
チャールズ・ブコウスキーから狂気を全部抜いたような老人で
店内にはいつもクラシック映画のサウンドトラックが流れている
スカスカの棚には
いつも訪れる客のためだけの商品がぽつぽつと陳列されている
店主はあまり表情を変えない
客が店を出ていくときだけ微笑んだのかもしれないというような顔をする

ストアから大通りを北に渡ったところにあるガス・スタンドでは
この街を一度出ていった女が深夜番をしている
本当は女が一人で夜中に働くことは推奨されていないのだが
彼女は街を出て行く前にもここで長いこと務めていて
なにをすればいいのかということをすべて理解していたので
すべての人間が納得した上でそうして働いている
実際彼女の働きっぷりは大したもので
夜中じゅう騒いでいる荒くれものたちも彼女の仕事には一目置いている
ただ誰も彼女が本当に笑っている顔は見たことがない
洗車コーナーには大きなアイルトン・セナのフラッグがぶら下がっている

そのスタンドのさらに北にある駅では
最終まであと三本というところで休憩に入った駅員が居た
窓のない小部屋で
まだ若い細身の駅員はジタンを吹かし
天井の隅をじっと眺めている
まるで虫を見つけたときの猫みたいに
身じろぎもせずに静かに眺めている
それは休憩というよりは断線のように見える

街のあちこちで
ほとんどの建物の明かりが落ちて
そのどれでもないわずかな建物が明かりを灯す
それぞれの明かりにそれぞれの目的があって
いろいろな連中が様々な
様々な感情を抱えて立ったり座ったり
誰かと並んでベッドに横になったりしている
ラジオはロマンチックなインストルメンタルや
セクシーなジャズを流して
ぼんやりした照明をほんの少しだけ眩しいと錯覚させる

アルチュール・ランボーの嫌になるくらい有名なあの詩から店名を頂戴した
街外れの小さなバーで二人の男女が
嫌になるくらい憎み合って汚い言葉を浴びせ合っている
数十分前までは嫌になるくらい仲睦まじい恋人同士だったらしい
挙句の果てはWWEのレスラーみたいに張り手を打ち合って
スツールを蹴り倒しそうなほどの勢いで着飾った女は店を出て行った
着飾った男はバーテンに勘定を払いながら騒がせた詫びを言う
バーテンはほんのわずかな首の動きだけで
「なに、よくあることですよ、誰も気にしちゃいないですよ」
と語る
エルビス・コステロの猛毒を含んだポップスが流れている

イエロー・キャブを流している中年の男は
衰え始めた自分にいらだちを隠せないでいる
この街に来た頃には様々な思いを抱えていたのに
いまではまともそうな客をどれぐらい拾えるかということだけを考えている
四番街の角で誰かが手を上げる
アリス・クーパーの後ろでダンスでも踊ってそうな若い女だ
彼は若いころアリスのファンだったので思わず女に向かってそう言った
女はふんと鼻を鳴らして
「それも悪くはないけど」
「マリリン・マンソンよ」
「あっそ」
男は運転手に戻って行く先を尋ねる
「まだ決めてないの」と女は言う
「あのさ」と男はエンジンを切る
「からかってるんなら降りてくれよ」
違うの、と女は静かに言う
「ノートを買いに来てて…それはもう買ったんだけど」
「なんだかまっすぐ家に帰る気にならなくて」
「そうだわ、しばらく大通りを流してよ、あまり飛ばさないで―わたしが家に帰りたくなるまで、何度も何度も走ってくれない?」
男は鼻からため息をつく
「それがタクシーの役目かどうかわからないけど」
「今日はあまり売り上げが良くないからな―金は持ってるんだろうな」
女は当然よ、という顔で頷く
「それなら仕方ないな」男は再びエンジンをかけて、アクセルを踏み込む

草臥れた夜が始まった大通りを、目的のないタクシーはゆっくりと進んでいく
二人にそれ以上の会話はなく
タクシーのエアコンには十二月を駆逐するだけの意地がない













0

あしもとの小石を拾い上げること  






ベルベットの下には
死体からこぼれ落ちる
血液のような
ぬるりとした感触があり
流れている音楽には温度がない
倒れる時のことを思いながら
ステップを踏むバレリーナ
人生は、その
くるぶしの痛みにとてもよく似ている


世界有数の浮かれた恋人同士が
「戦争は終わった」と今年も口ずさむ
別に殺し合いがなくなったわけじゃないのに
いつだってそう、連中が
白か黒かと唾を飛ばして語り合うのは
馬鹿にも見えるようなことについてばかりさ
飢餓に見舞われて痩せ細る子供達を見て涙を流しても
近所でうずくまってるやつのことなんか気にも止めやしない
ニュースにならなければ
かなしいことなんてなにもないのさ
みんなクリスマスの支度にあくせくしながら
知り合いと酒を飲んで大笑いするだけさ


手の届かない話ばかり
そこにはなんの責任も背負うことがないからさ
そうだぜ、募金を愛だという気持ちがあるのなら
そんな気持ちはもっと
現実的なことに使われたっていいはずさ
みんなそんなことに関心なんか少しもありはしないくせに
いかにもな顔をして語り続けるのさ
幸せなことが後ろめたいのかい
飽食を雄弁に語っているみたいな
水風船みたいな自分の身体が恥ずかしいんだろう
すぐそばのことに目を向けるのさ
大事なことは新聞や電脳の世界には書かれてはいない
本当は誰だって自分で見つけて選ばなければいけないことさ
でもそんなことに気づかないやつが大勢居て
一番簡単なお題目にぴったり寄り添って
先にゴールしたみたいな顔をしているのさ
分からないのかい、そんなに早くゴールしてしまったら
残りの人生はその余韻だけをリピートして生きるだけになるんだぜ
一番遠くのゴールを目指さなくちゃ
一番遠くのゴールを目指すことだぜ
長すぎる人生が短いと感じるくらいの
とんでもない道を選んで見ることさ
旅と同じだ
移動した分のことしか俺たちは知ることが出来ない
だったらなるべく遠いところまで
行ってみるのが正解だとか思わないかい?
一番遠くのゴールを目指すことさ
きちんと選んだ道を行くことが出来れば
そいつはわりと出来のいい
人生ってもんに見えるのさ
世界のことなんか
気にしてるヒマはないはずだぜ
ひとりひとりが
まがいものじゃない自分を生きることが出来れば
その集合も自然に変わって行くはずさ
イマジンなんて拙い聖書みたいなもんさ


ベルベットの下には
死体からこぼれ落ちる
血液のような
ぬるりとした感触があり
流れている音楽には温度がない
大切なのは、そう


そんな気分になってしまうのはどうしてなのかということを
いつでも考えてみるべきなのさ









0

あらゆることが語り尽くされたあとに  









いのちは
こころのかたすみで
ふるえながら狂っている
枯れた木が
記憶だけで
まだ水を吸い上げようと
こころみているように


まともなあんたは
ひびわれた窓のそばで
景色を望まないだろう
でも
その窓は
みがかれたガラスよりも
ずっとたくさんのものをうつし出す
そら、覗いてみろ


よどんだ川に棲むさかなは
おいそれと死んだりはしないものだ
取って食おうなんて考えるやつもいやしないから
まるまると肥えて悠々と泳ぎ続ける
排水口にからんで腐敗した水草に隠れて
この世でいちばんおぞましいシルエットの月を見る


おさないころに
まくらもとで
ははおやが歌った
子守歌を思い出すと
わけもなくおそろしくなる
上手く眠れなかったこどもらはどこへ行ったのかと
そんなことばかりが気にかかる


いつからかもの思いのなかでころころと転がるのは
おもてに出せなかった感情の数々だろうか
それとも想像のなかで果てしなく殺した
いく人かの苔むした頭蓋骨だろうか
奇妙なほどからからに乾いたその音は
どんな結末を望んで鳴っているのだろうか


平衡感覚が狂いそうな
傾いだ屋上のふちに腰をおろして
手足の爪を切る
身を削ぐような
十一月に腹をたてながら
月は冷凍庫のなかの肉のように色を失くしている
このかじかんだくちびると同じように
いつか雨の日に
わが身のかけらは汚れた水に流されて排水口へと吸い込まれるだろう


用意された食事がずっと錆びついた食卓で
死に絶えたいくつかの
絡まった思いを選り分けている
無数のヘッドフォンのコードのようにややこしくもつれ合って
ひとつひとつがどんなものだったのかもうわからない
指先で慎重にほどきながら
どうしてそんなことをしているのかまるで思い出せない


遮光カーテンのおかげでうすぐらい朝しか知らない
寝ぼけ眼がいまわの際まで続いていきそうだ
どうしてこんなにも餓えているのに
なにかを口にしようという気持ちにならないのだろう
ちぎれかけた銅線がわずかな振動でほんの一瞬
忘れかけた通電をしているかのようだ
ああ、こどものころに
外れかけたコンセントプラグに触れたときのあの得も言われぬ痺れ
表皮だけがすべてを覚えている


雨の日の記憶は
思い出すたびに溶けていく
気づけばいつの間にかすべてなくなってしまっていて
あしもとに水溜りだけが残されている


強い風にあおられて剥がれかけたトタン板が
アフリカン・パーカッションのようなビートを投げかけている
文化と文明が申し訳程度に分けられたこの街で
なにも選べなかった連中のために鳴り続けている
踊れ愚者、踊れよ愚者と
そのむかし携帯電話で書いた詩の一節を思い出す
あれはきっとこんなようなリズムを思いながら書かれたのだ
二十年前の記憶が現代のように生きる


過去は、人生は、感情の数々は
がらんどうの
朽ち果てた聖堂のような場所で
淡雪のようにゆっくりと積もる
音もたてず
取り立てて目を引くようなものもなにもなく
ただゆっくりと落ちては積もっていく
見上げるほどにうず高く積み上げられても
それがこちらに向かってなにかを語るわけでもない
どれほど積もってもどこか心許ない
そんな蓄積はどんなことを語っているのだろう
忘れられた場所のようなそんな空間は
誰にも出会えない街を歩いているときの気持ちを思い出させる


いつか
記憶はなくなる
いのちはなくなる
なきがらは燃やされて地下に押し込まれ
不在をかたるだけのものになる
感触としては忘れ去られ
ただそこにあったというだけのものになる
書き残された詩文が
痕跡だなんて思ってはいけない
それがほとんどのことを語り残しているからこそ
新しい旋律がまたつづられるのだ
なにも描かれないページを
うつくしいと思うことは間違いだ
それは赤子の純粋さと同じで
尊いけれどもどこへも行けはしない


もしも俺の肉体が終わりを迎えたなら
どこか見晴らしのいい場所に投げ出してくれ
そしてカメラを回して
骨になるまでの一部始終をすべて記録してくれ
雨に洗われて白く輝いたとき


そのときに初めて死んだと記して欲しい













0




AutoPage最新お知らせ