2018/6/29

街のもの言わぬ羽  









ある時刻を境に街路は静まり返った、酔っていた連中たちは酔い潰れ、眠るかあるいは死んだ、お盛んな恋人たちは建物の陰でお粗末な絶頂を迎え、指を絡め合ってどこかへ消えた、忘れられた競馬場のナイター設備みたいに点いたり点かなかったりしている頼りない街灯の灯りは、金持ちに群がる乞食のようなもやに取り巻かれて広く照らすことは出来なかった、いま路上をうろついているのは、呑んでいるでもなく、盛っているわけでもなく、いまどうして自分がそこに居るのかも判らない連中ばかりだった、そして俺もその中のひとりだというわけだ、金もなく、着る服もそんなには持っていなかったが今夜はどうしても家に居たくなかった、情けない週末の夜には時々そんな衝動が無駄に俺を歩かせる、行きつく場所は決まって街のどんづまりの港だった、いまではずいぶん規制が厳しくなって、無関係な人間が船のそばまで行くことは出来ないけれど、それでも海の上を吹き荒れる激しい風と、そこが何なのかも判らない遠い対岸の、水性クレパスみたいな滲み方をしている様々な灯りを見ることは出来る、港の敷地の隅には打ち捨てられたパイプ椅子がいくつかあって、座れそうなやつを選んで眺めのいい場所に腰かける、昔はそこも不良や恋人たちで賑わったもんだが、街の反対側に新しい港が出来てからは古い港を訪れるものはあまり居なくなった、向こうの港の方が大きいし、そこに行くまでの道も大きくて走り易いし、おまけに人知れずにいろいろなことが出来る場所がたくさんある、だから街の連中のほとんどは古い港を忘れている、だから俺は少し無駄に歩きたいときはいつもここに来るようになった、もちろん、俺以外にもそんな人間は何人かは居て、同じような時間にぶらぶらしていることもある、だけどそんな時間にそんなところに居る人間は決まって変わり者だから、特別コンタクトを取ることもなく思い思いに時間を過ごしていつの間にか帰る、今夜もそんな夜だった、猛烈な炎のような潮風に炙られ続けて朦朧としながら、俺はのんびりと家までの道を歩いていた、数週間前にとんでもない数の人間を巻き込んで歩道に乗り上げたタクシーはまだ邪魔にならないところに置きざられたままになっている、鮮やかなイエローのボディカラーがどうしようもないほどに悲劇性を強調させている、昼間に近付いて眺めれば赤黒く固まった血を車体のあちこちに見つけることが出来る、興味があるならやってみればいい、でもその興味はすぐに薄れる、だってそんなものただの痕跡でしかないのだから、当事者にしてみればもっと様々な意味を持ったものであるに違いないけれど、そんなこと俺には関係のない話だ、俺の友達も親戚も親兄弟も、そのタクシーには殺されていない、どこの誰かも判らない人間の死に胸を痛めるなんて御伽噺だ、そうは思わないか?タクシーに気を取られて縁石に軽く躓いてよろける、でも周りを気にしたりなんかしない、ちょっと酒でも呑んでるのかななんて思われて終わりだ、そもそもこんな時間に歩いてる連中は他人のアラなんか探ったりしない、人知れず歩くやつらは皆、自分の為だけに生きるのが好きなのさ、なにか飲みたかったが自販機の灯りはどれも遠過ぎた、家に帰るまで我慢して水でも飲んで寝ちまえばいい、もうそんなに距離もない…巨大な河の堤防沿いをずっと歩いている時に、ふっと地面が無くなった気がした、それまで歩いてきた道、生きてきた場所がすべて曖昧な記憶に変わった気がした、俺はしばらく立ち止まってそいつをやり過ごさなけりゃならなかった、若い時のようにそれは重さを持ちはしなかった、なにかを強いるようなものでも、激しく胸を揺さぶるような悔恨みたいなものでもなかった、ただただ色褪せたフィルムのように乾いて薄っぺらな色合いが千切られてばら撒かれた鳥の羽のようにふわふわと現れては消えて行った、人生なんて存在しない、過去なんていい加減に書かれたメモのようなものだ、未来はもっとあやふやな約束のようなものだし、現在はこんなふうに足場を失くしている、間もなく夜は明けるだろうし、俺は少しの間眠るだろう、そうしていくつかの時間が流れに乗って消え去ったあとで、俺はまたこんな夜があったことをぼんやりと思い出すだろう。









0

2018/6/28

be here now  













その昔、ロックンロールがまだ不良の―不良の、なんて括りもどうだろかいとおれぁ思っちゃうんだけど、まあ要するに、そのあれだ、誰が言ったか知らないがセックス・ドラッグ・ロックンロール、なんて、つまるところそういうものだったわけよ、60年代、70年代とかね…ライダージャケットとか着てね?髪の毛を妙な色にしてみたり―まあいわゆるあれだ、常識を打ち破る的な?こうして口にするのはなんだかこっ恥かしいような、そういう風潮があったわけね、60年代、70年代…で、まあ、びっくりするのは、いまだにロックってそういう態度で臨まなければならないなんて、そういうスピリットで生きている方たくさんいらっしゃるっていう、酒呑むとすぐイェーイとかいう日本人ね、「型にハマった生きかたなんてまっぴらだぜ」みたいなことを平気で言う…じゃあもういますぐ首でもくくりなさいよアンタ、もうズッポシ型にハマっちまってるよって、まあそんなこと言ってもしかたないんだけどね、カレの言う型ってのはあくまで、社会とかそういう、一般的な枠組みのことであって、そこにさえ入っていなければそれでいいっていう、その程度の認識であってね?枠から外れて別の枠にハマるだけならもう普通に生きてればっていう話でね(笑)まあほら、根本的に勘違いしてるのはアンチズムを過激だと勘違いしてるところなのよ、早い話…アンチズムじゃないんだよね、カウンターカルチャーなのよ、ロックとか、小説とか―その他のあらゆる表現ってもんはね?(ゲイジュツなんて言わないの、ワタシ)つまりね、どうして「セックス」「ドラッグ」だったのかっていうと、その時代はそんなこと大っぴらに語るの如何なものか、っていう時代だったわけね、歌なんかもね、色恋沙汰だけ歌って若い子がきゃあきゃあ言ってりゃそれで良いっていう、そういう文化だったわけよ、なんて言うの、「行儀良く真面目な」社会ってもんがキッチリとあった時代なのよね、だからこそそういうスタンスに意味があったわけ―で、この現代社会はどうなのよっていうと、もうなんてぇの、弛み切ってしまってるわけ、あらゆるお題目が形骸化して潰れた映画館のポスターみたいに色褪せて剥がれかけてボロボロになってる、それでもみんなそれがいつか上映されるんじゃないかってどっかで考えてる―そんな有様でしょ、社会的に「あーなんかチョーダリィー」みたいなこと言ってる時代に、「この街から抜け出すんだぜ」みたいなこと言ったってしゃあねえだろみたいなね(笑)そういや泉谷しげるが昔言ってたわ、「これからのロックは徒労を歌わなきゃいけないんじゃないか」ってね、それもまた一理あるっちゃああるんだよねぇ、でも、それだけが正解じゃないんだけどね…そういう時代の空気みたいなもんはね、あの内田裕也ですら理解してるよね、「ちゃんと並んで入りましたよ、それがロックンロールだもん」って言ってたの、何年か前に―これ、字面だけ見るとアホみたいだけど、ああ、この人もやっぱりそういうの感じ取ってるんだなぁって、おれちょっと感心しちゃったよね、なんか立ち位置的には初代ダイゴみたいな人だけどね…内田裕也とあと、ダイヤモンドユカイね、あの人どうしてあんなになっちまったんだろう…まあそんなことはいいとしてね…「なにがいまロックなのか」みたいなとこもあるよね、あのTOKIOだって鉄腕ダッシュじゃロック・バンドだって言ってるからね、まあスキャンダルだけはイッチョマエにあったけど…ロックって単純に音楽ジャンルのひとつになっちゃってるでしょ、その言葉にはもうなんにもないんだよね、じゃあどうなのか、これね、非常に重要な部分なんだけど、カウンターカルチャーっていうのは日本国内にもちゃんとあるんだよ、あちこちに存在しているの、だけどね、そういうものは流通しないんだよね―無味乾燥な、ただスタイルがバンドだっていうだけの、そういうもんじゃないとテレビで流れないの、ざっくり言えば…だからね、もしかしたらいまテレビで流れてる音楽でカウンター的な色合いがあるとすれば、もしかしたらサザンオールスターズとか星野源とか、あと野生爆弾くっきーとか、そういう枠くらいなんじゃないのかなぁ、佐野元春はずいぶん後ろに下がってしまったしね…コミックとか、小説とか、そういう部分でもそうだよね、住み分けがキッチリし過ぎている、広がりも縮まりもしない、そして、その枠の中でならすっげえ上手に出来るけど、一歩外に出ると何も出来ない、みたいな、そんなのがほとんどだよね―おれは本来、あらゆるカルチャーはカウンターであるべきだと思うんだけど―カウンターにならざるを得ない、って言った方が良いのかな、でもそういう言い方って、あんまりみんなピンと来ないみたい、まあ来ても来なくても、どうでもいいんだけど、実際のトコロ…自分になにかしらの影響力があるわけでもないしね?誤解して欲しくないのは、「過激であれ」ってことじゃないのよ、要はさ、作品主体じゃなくて、オマエ主体であれっていうことなんだよね、オマエ自身の鼓動を織り交ぜて差し出して、それが誰かがオッって思うようなものになれば最高だよね、っていう―そういう話なのよ、嫌いだ駄目だ嫌だ認めない、って、ガキみたいに連呼するのは誰にでも出来ることだからね?ひとつの枠を外れるんなら、その理由になるようなものを差し出してみせればいいんじゃねえのっていう、それだけのことなのよ…












0

2018/6/24

生温い風邪の週末  












狂った世界の鼓動からは
もう受け取るものはなにもない
梅雨の晴間のウザったい午後に
少し前に死んだ詩人の詩を読んでいる
俺の世界は幸か不幸か
たいして変化してはいないが
本棚に並んでいる本やコンパクト・ディスクには
もうこの世には居ない人間の名前の方が多くなった
時間というものが確かに存在しているのならば
きっとそんなふうに現在を植え付けていくのだろう
記憶が未来を構築する
まだ熱いコーヒーを急いで飲み干してしまって
せっかく冷えた汗がまた吹き出してくる
もうそんなことを気にしてもしかたがない
気にしなければならないことは他にたくさんある
珍しく風邪を引いて
この三日間考え事もままならなかった
ただ咳をしては鼻を啜りあげ
ヴィデオ・ゲームに精を出していたのさ
たくさんの人間を殺した
ディスプレイのなかで
爆薬で吹っ飛ばしたり
火炎瓶で燃やしたり
戦車で引き潰したりした
ゲームにはあらゆる罪状が記録される
殺した警官の数
殺した民間人の数
破壊した車の数
撃墜したヘリコプターの数…
その他もろもろ
あらゆる罪状が記録される
もしも戦争ならそれは成績と呼ばれる
判る?言ってる意味

巷はとことん青臭い
まるで誰かのあけた穴を突っついてりゃ
人間として一人前だと言わんばかりだ
やつらの口はきっと
虫歯だらけに違いないぜ
自分を見て欲しくてしかたないんだろう
中身のないやつは喧しく吠えるものだ

昔俺は
読みかけの本をそのまま閉じるのが好きだった
栞など挟まなくてもいいと思っていた
どこまで読んだかなんてすぐに判るから―
そう、そんなことはずっと忘れていたんだけど
これを書いてる途中で急に思い出したんだ
だけどいまはきちんと挟んでるってことは
きっとそんなに重要なことじゃなかったんだろうな
本を読むときに必要なことは
そこになにが書いてあるのかきちんと読み取ること
字面を流し見て判ったような気になってるやつらが増えたぜ
きっとSNSの仕業なんだろうな
優れた文章には二つ以上の意味が必ずある
テキストの読み方しか知らないやつが口を挟んでいいものじゃないのさ
昔はみんなそういうことをちゃんと知っていた
今じゃ詩人にだって知らないやつがごまんと居る
俺はそいつらを捕まえて
なあ、間違ってるぜ、なんて忠告したりしない
だってそんなやつら
俺の詩には関係がないからだ
別に道を急いでいるわけじゃないが
回り道をするような気分じゃないって感じかな
他人を巻き込むことを前提に書いてるようなやつらは
ひとりになるとなんにも出来やしないのさ

「はじめぼくはひとりだった」なんて、古い歌があるけれど
ひとりでなくっちゃ書く意味なんかないだろう
それはコミュニケーション・ツールか否かとか
メッセージとか否かとかそういうことではなくて
まずは自分がどんなものを書こうとしているのか
本能的に知っているのかどうかってことさ
言葉に出来るかどうかなんてどうでもいい
知るべきことを知っているかってそういうこと
はじめは勘違いでいい、俺だって最初はそうだった
なんだっていいんだ
続けていれば自ずと判ってくるものだからさ

ちょっと待って、エアコンをもう一度つけてこなけりゃ
まったく今頃の夜は調節がし辛いね
そして、そう
同じフレーズを何度使ったって構わない
ひとりで書けるやつは
馬鹿のひとつ覚えとは無縁なものさ
同じ歌を繰り返し歌っても同じ歌にならないように
同じ詩だって違う詩になったりするものさ
同じ詩が同じ詩にしかならないものは
技術に囚われてるかそもそも才能がないってだけの話さ
そう、囚われるのはよくない、テーマにも、技術にもね
そして、自分自身にも
禁句を作っちゃいけない
禁則を作っちゃいけない
踏み込んじゃいけない場所を作っちゃいけない
紙と鉛筆さえあれば誰にだって始められるものに
御大層な名目なんて必要ないのさ
パンク・ロックと同じようなものさ
ジョニー・サンダースのチューニングは人任せ
だけど彼は自分が弾くべきことを知っていたから…

狂った世界、ひどく湿気ている
シャツが汗で滲むことに悪態をつきながら
なにも出来なかった休日をいくつかのフレーズで縛り付ける
鼻水はもう垂れてこないし、咳もずいぶんマシになった
明日は仕事でひどく汗をかくだろうし
気が付けば風邪なんて治っているかもしれない
たまには具合でも崩してみなけりゃ、そうさ
本も読めない時間にイラついてみなくちゃ
人生には落とし穴が必要だ
自分で掘ったっていい
たまには落ちてみればいい
あらゆる物事には
違う視点ってものが存在するんだぜ











0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ