2019/5/28

真夜中、旋律のない第一楽章  












メノウ色の小瓶がたったひとつ、初めて立ち上がろうとする動物の子のように、リノリウムの床で転がって、鈍い非常灯の光を微かに反射していた、わたしはなにか他のことをしにその部屋に訪れたのだが、そのせいでなにもかも忘れてしまった、窓の外には嘘のような闇が張り付けたように鎮座していた、あらゆる生きものが自分の知らないあいだに死に絶えてしまったのではないかと、じっと佇んでいるとそんな気分にさえなってくる日付変更線のあたりだった、わたしはなにも急いではいなかったので、しばらくその瓶を見つめていた、長く眺めていると、よくある御伽噺のように自分の身体が小さくなって、その瓶の中に閉じ込められてしまうのではないかという気がした、もちろんそれはわたしが気まぐれに考えたことに過ぎなかったし、それを現実に変えられるほどわたしは子供ではなかった、ただしかし、その光景にはなにか、この世のあらゆる存在のありかたについて、深く考えさせるようななにかが隠れているような気がした、でもそれはもしかしたらそうした光景のせいではなく、そんなことを考えてしまっても致し方ないような時間のせいであったかもしれない、ともかくもわたしはそうしてしばらくの間動かなかった、そうしていると父親が死んだ日のことを思い出した、呆けたように口を縦長に開いたまま呼吸を失った父親の姿を、わたしは彼の最期の呼吸には間に合わなかった、そのことについてはどんな感想も抱いてはいない、間に合おうと間に合うまいと彼はその日くたばるしかなかったのだ、子供のころそんな風によく、些細なことに心を奪われたことを思い出した、それは時には天井の隅の、人の顔のように見える三つの黒い染みであったり、洗面の鏡に映った、どことなく他人のように見える自分の顔だったりした、そうしてわたしはいろいろなことが気になって、時には半時間近くもそれを眺めたまま佇んだものだった、でもどうしてだろう、いまわたしの心をとどめているこれは、そうしたいっさいのものとはまるで性格が違うものだという気がした、あるいは、あの時漠然と感じていたなにかが、漠然としたまま少しだけ具体性を増したのだと、そんな風に感じた、実際、そんなものに関心を寄せることにどんな意味があるのかはわたしにはわからない、それが自分にとってなんらかの解答や悟りを寄こしてきたことなどこれまでに一度もなかったような気がする、おそらくは本当にそんなことに意味などはないのだろう、人生における様々な雑事と同じように、ただそれはそういう風になってしまう、しいていえばどうしても爪を噛んでしまうことをやめられないとか、そんなものに似た習性のようなものなのだろう、また始まったな、と、わたしは無意識の片隅あたりでそんなことを考える、ただただどこかで時計が動いている、そういえばこの部屋にはアナログ時計がかかっていたな、わたしは初めて知ったかのように思い出す、そう、時間というのは繰り返すものではない、わたしたちは時計のせいで時間について間違った認識を得がちだ、同じ時というのは一度としてない、それは一分一秒、必ず、たった一度わたしたちの眼前を通り過ぎていくものに過ぎないのだ、タイムスケジュールは愚行の極致だ、ただそれだけで人は、同じ一日が始まると考えてしまう、それがどんなに無味乾燥なものであろうと、二度と在り得ないものであるということには間違いがないのに、わたしは瞬間を眺めようとし過ぎるのかもしれない、小瓶の、いま底辺となっている側面にはそんな真実が沈殿しているような気がした、そう、気がした、だからなんだ?確信も、朧げな認識も、すべて同じだ、人間は空に浮かぶ雲のようなものだ、ふわふわと心許なく、移動や停滞を繰り返す、風が動く限りそれは変ることがない、時が来れば蒸発して失くなってしまうだけのことだ、前方にも、後方にも、同じような連中が列をなしている、そうして時々そのことにうんざりしたりする、わたしには仲間意識というものがない、それにどんな意味があるだろう?所詮わたしたちは肉体を超えることなど出来ないぎこちない個体なのに、境界線の見えない連中は分不相応な発言を繰り返す、わたしは含み嗤う、いつもそうしているように、人生は喜劇だといまでは化石のようなものになったエンターテイメントはうたう、でもわたしはそれを本当に可笑しいと思っているわけではない、他に表現すべき表情を思いつかないだけなのだ、眠らなければならない、このところ眠ることに不都合など少しもなかったのに、昨日から奇妙なほどに寝つきの悪い夜が続いている、これがどこまで続くのかはわからない、明日からは馬鹿みたいに鼾をかきながら寝ているかもしれないし、相変わらずこんなふうに戯言を書き並べているかもしれない、或いは小瓶を拾い上げて叩き割ったりしているかもしれない、そういえば、カッターでうっかり切り裂いてしまった親指の先からとめどなく流れる血を、ヴァイオリン・ソナタに心を奪われてでもいるかのように見つめ続けていたこともあった。









0

2019/5/23

焼身自殺のニュースの記憶とテレビジョンの彼方の洗濯物の状態について  

























狂った夏の中に君はいた
汗はとめどなく流れて
叫びは果てしなく溢れた
太陽は執拗なほどの
光と熱を地上に浴びせ続けて
あるものは犯罪者になり
あるものは自殺者になった
飲食店街に流れるクラシックは
時計じかけのオレンジの暗喩だった
川べりの廃車の中に
へその緒つきの胎児の腐乱死体
ある時点まではみんなが
クマか何かのぬいぐるみだと思い込んでいた
だから発見が遅れてしまって
明らかになった時にはなにもかもが手遅れな状態だった
クジラを殺すなと叫んでいる外国人たちの心理は
きっと人種差別から始まっていると思えるのは気のせいだろうか
やあ君、よく晴れているよ
こんな日は一日中洗濯機を回して
こんな世の中でもなにかひとつくらいは
綺麗に出来るものがあるなんて感傷に浸るのも悪くないんじゃないか
トム・ヴァーレンの声が廊下に反響している
気をつけろ、その先は崖だ
洗濯機が回り始めると
同居人が手なづけた鳩たちが餌をもらえるかもしれないと寄ってくる
勘違いするな、俺はお前の友達じゃない
食べ物を分け合うような間柄じゃない
お前らの振る舞いにはおこぼれをもらうためのノウハウが溢れすぎていて
見ていると胸糞が悪くなるんだ
今朝から鼻が緩くて辟易している
昨日は少しやりすぎたのさ
気の利いたフレーズを思いついたのだけど
くしゃみした拍子に忘れてしまった
はぐれた紙吹雪みたいな羽虫が飛んでいる
窓を背もたれにして詩を書くにはいささか暑過ぎる
だから俺の身体はかすかに歪んでいる
ディストーションのかかったギターみたいにさ
なあ、エフェクターをたくさん持っていたとしても
使い所がわかっていないんじゃマヌケな結果にしかならないよな
このまえなんかの番組で見たんだよ
「もうキーボードに転向しなよ」なんて
したり顔で言ってあげなくなるようなプレイをさ
ノウハウが溢れすぎて、手段がよりどりみどりで
寝たきりの老人にだって格闘技が語れる時代だ
ほんの少し先に始めた誰かが
適当にこしらえたプロセスを鵜呑みにするせいで
良く出来てるだけの作品がそこら中にばら撒かれる
そいつには動機がない
快楽殺人よりもタチが悪い
モチベーションとモチーフ、大事なのは
自分がどこに立っているのかを忘れないようにすることさ
それが決まりごとから大きく外れたものであったとしても
実行することで何かが変わると感じるならスイッチを入れることさ
おっと、表通りでものすごいクラッシュの音
路面電車に車が激突したらしいぜ
そういえば、もう結構な昔の話だけど
路面電車に飛び込んで死んだ老婆がいたんだ
俺は彼女がそういう選択をしたことがすごく不思議でしょうがなかった
路面電車っていう乗り物は自殺には不向きな気がしたんだ
だってあれにはどこか呑気な印象があるじゃないか?
だけど、今思うに
彼女にとってはきっと
最期にそれを選ぼうと思うくらい
繋がりのある乗り物だったんだろうな
そう、そういえば昔住んでた通りをそのまま西へ進んだところにあるバカでかい公園の小さな野外ステージでは
灯油を頭からかぶって火をつけて死んだ女がいたんだ
あれはもう何十年も前の出来事だ
45歳の女って話だった
そんな歳になると焼け死にたいほどの人生が待っているのだろうかって思ったもんだったよ
幸い、そんな気分になったことは一度もないけどな
焼身自殺の話をもうひとつ知ってる、今住んでるところから割と近い
たいして遊具も置いてない草まみれの公園さ
そこの向かいのマンションに住んでるってやつに
詳しい話を聞いたことがあるんだ
いまでも屋根の焼け焦げた休憩所が残っていて
俺は時々そこに腰を下ろして
缶コーヒーを飲みながら考えるんだ、ここに黒焦げの死体が転がっていたんだって
この世で一番狂ってるのは自分に火をつける連中だって…おっと
立派な坊さんにもそんなことした奴がいたな
浅はかな考えは間違いを引き起こす
結論に至るにはそれまでの考えを
一度盛大にひっくり返してみることが必要なんだ
そうしないと確かな大人にはなれないのさ
洗濯機が脱水を始めた
俺は必要なだけのハンガーを用意する
こんな天気の日には洗濯物がよく乾くぜ
主婦はみんな暑い日が大好きなんだろうな
ああ、いや
洗濯をする主婦にとってはって話だけど
コール・ミスター・リー
呼び続けてる
面白いものを見せてくれよ
テレビジョン
プログラムは焼け尽き始めている
もう少ししたら俺は
猛烈な便意をこらえながら洗濯物を干すんだ
乾かすには一秒でも早いほうがいい











0

2019/5/19

知らない道で親し気に話しかけてきた男  












ハーレー・ダビッドソンに跨った売女が陽の当たる大通りで存分にハンドルを振り回しているころ、西のほうの古いアーケードじゃ昨日そこでショットガンを撃ちまくって逃げている少年のニュースでもちきりだった、なんでもやつは黒字に白い文字でGODって書いてあるシャツを着ていたってよ、だからってわけじゃないだろうけどなんとなく宗教のせいだってことになってた、「神のために」って叫んでたのを聞いたってやつもいたけど、どうだろうな、少年の周辺にいた連中のほとんどは殺されたって話だから、案外目立ちたい誰かがでっちあげた与太話かもしれないな、そんなことがあったんだよ、昨日、まさにあんたが立ってるその辺りさ、なあ、信じられないだろ、昨日は一日中封鎖されて人っ子ひとりいなかったそうだよ、店もみんなシャッターを下ろしてさ、首尾よく逃げたガキが自分のところに来るんじゃないかって震えてたんだ、それがどうだ、まだそいつが捕まってもいないってのにいつも通りの繁華街さ、もちろん、ここで殺された連中のためにお悔やみくらいは口にしただろうけどね、あっけないもんだよな、あっけないもんだぜ、今朝はみんないつもより一時間早く起きて、そこらへん全部に水をぶちまけて血をきれいに洗い落としたって言ってたよ、そりゃまあ、商売しなきゃいけないんだからそのへんのことはわからなくもないけどね、なあ、日常ってのは惨酷なもんだよな、どんなことがあろうとそれはいつも通りに行われなけりゃいけないんだ、何人死んだところで生きてる人間のほうが多い、多数決なら必ずそいつらの勝ちになっちまう、まあ、数の力に価値を見出すのならって注釈はつくけれどね、だけどさ、釈然としねえよ、他人事なら命さえどうでもいいんだって言ってるみたいでさ、なに?犯人はどこに行ったのかって?それがまったくわかってないらしいんだな、なにしろ、間近で顔を見たやつらは全員殺されてるわけだし、騒動になってからはみんな自分の身を守るので精一杯だっただろうからね、どっちへ逃げたのか、どうやって逃げたのか、銃はどうしたのかって、だれもなにひとつ思い出せやしないって話だよ、でもたぶん、大きなバッグでも持ってたんじゃないのかな、そんなもんでもなけりゃうまく逃げられないだろうからね、おそらくだけど、事前に車でも盗んどいてさ、少し離れたところに止めてあったに違いないよ、ちょっと南に大きなホームセンターがあるだろ、たぶんあそこの駐車場だよな、なにしろ馬鹿でかいからな、あそこの駐車場はさ、警備員はいることはいるけど、出口の交通整理くらいだし、それに、何人いたってすべての車のチェックなんか絶対に無理だろうからな、うん?ずいぶん詳しいねって、おいおい、やめてくれよ、そんなふうにからかうもんじゃないぜ、おれ、そういう小説読むの、好きなんだ、バンカーとかさ、そういう物語に出てくる悪事の常套手段ってやつだよ、ああそうだ、知ってるかい、そういう話っていろんなのあるけどさ、クレバーなやりかたってのはやっぱり同じになるんだよな、そういうのもあってよく覚えてるんだ、動機はなんなんだろうって?そうだな、近頃のガキはすぐ癇癪起こすからな、おまけに、大人がみんな腑抜けになっちまっただろ、「ガキのすることだから」「ガキのすることだから」って、そんなことで収めようとしやがる、そんなふうに育てられた子供がどんな大人になるか知ってるか?大人になっても癇癪起こして、駄々こねてなんとかしようとすんだよ、本当に増えたよな、そんな連中が、確かに子供は天使だよ、だけど、そのまま大人になったら悪魔になっちまうんだ、そんなことも知らないのさ、最近のやつらは、ところであんたこのへんのもんじゃないよな?ああ、そう、随分遠いところから来たんだね、昨日じゃなくてよかったよな、永遠に帰れなくなってたかもしれないもんな、まあ、とにかく、これからどこに行くか知らないけど、気をつけていくんだよ、なにしろ犯人はまだ捕まってないんだから、どこかでばったり出くわすかもしれないよ、まあ、あんたはでもまだいいよ、無事に帰っちゃえばそれでおしまい、御の字なんだから、ここに住んでる連中はたまらんさ、とくに年頃の子供のいる親なんて気が気じゃないだろうな、まさかうちの子が、なんて、疑心暗鬼になったりしてさ、でもさ、これあくまでおれはそう思うってだけの話なんだけど、おれ犯人は子供じゃないんじゃないかっていう気がしてるんだよな、小柄で、声の高い男なんじゃないかって、おいおい、またそんな顔する、確かにおれもそうだけどさ、おれがそうだったら旅行客捕まえて自分からこんな話始めたりはしないだろうさ、それにほら、手ぶらだぜ、ショットガンなんてどこにも持ってない、だってそうだろ、あれは小回りが利かないからね、結構大変なんだぜ、たくさんの人間を撃つのって、そう、やっぱりナイフだよな、ひとりふたりくらいなら気づかれずに殺れるし、隠すのも簡単、素早くやれば返り血だってもらうことはないしね、おや、どうしたい、青い顔して…まあ、これから、もっと青くなるかもしれないね…。











0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ