口元の汚れた八方詩人のしわがれたバラッド  











運命のやつがどうしても無様に俺を殺すというのなら、最後までみっともなくそれに抗うだけだ、早々と安全圏に腰を落ち着けた連中がそんなことは無意味だと俺に忠告する、世界のすべてを知っているとでも言いたげなしたり顔で…お前には何が出来る、何が出来るっていうんだい、その薄汚いしたり顔の他に?早いうちに落ち着いてしまえば御の字には違いないさ、それ以上どんなことも考える必要はないからな―だけど俺はこんな風に思うぜ…お前のその後の人生は、そこに留まった自分をひたすら肯定し続けるためだけのものになるって―いや、俺はお前の人生の是非を問いたいわけじゃない、お前はお前の好きにすればいい、ただ、俺の人生にどうこう言ってくるべきじゃない、俺にとってお前と関わることには何の得もありはしない、御免被るよ…胡散臭い価値観を押し付けられることには俺はいつだってノーと言うぜ、それは根っ子のない木のようなものだ、いいかい、しっかり立っていられるのはお前の功績じゃない、どんなやつでもそれなりに立っていられるようにきっちりと仕上げられた地盤があるだけのことさ、勘違いしちゃいけないよ、お前が偉そうに話している幾つかの事柄は、交通標語みたいに街中に張り出されていることさ―それは蛇のようにのたうちながらお前の耳に入り込んで意識の層を食い破り、やがて脳髄に到達し、支配するんだ、お前が話していることは、さほど人生を生きていないやつでももっともらしく喋れるテンプレートに過ぎないさ、俺にはそんなもの聞く必要はない、俺が欲しいのは、俺自身が生きるべき人生を確かに生きたという証さ、それ以外のものはなにも必要としていない、それ以外の事柄はみんな、北風に煽られて足元を転がっていくぼろぼろの落葉みたいなものだ―俺はいつだって自分自身の奥底にあるものを知ろうとしている、深層意識下の、おそらくは見るもおぞましい階層の下に隠れている何か、それはまだ言葉に出来たことがない、こういうものだとはっきりと悟ることが出来たこともない、ただひとつだけはっきりと言えることは、それこそがこの俺をいままで生かしてきた、それこそがこの俺をこの世界に立たせている…人間として生きることに興味はない、だから俺は詩人として生きている、この先に在るはずだ、この下に在るはずだ、運命のやつがどうしても無様に俺を殺すというのなら最後までみっともなくそれに抗うだけさ、俺はずっとそうして生きてきた、そしてそれはこれからもなにひとつ変わることがないだろう、そしてどこか失われた場所で人生の終わりを迎えるとき、人生でもっとも冴えた詩文を書くことが出来るだろう―俺は八方詩人、賢いやつにだけ見える棘を身体中に生やして胡散臭い街を歩く、人間や、運命や、人生そのものにはあらためて語るような価値などありはしない、ならばその中を自由に泳ぐのみさ、人生の価値や意味は、自分で築き上げる以外にない、お前には俺の言葉の意味など理解出来ないよ、だってそれはお前の世界にあるものとはまるで違うもの、俺は八方詩人、どこに居ようと何をしようと、ポエジーを見つけ出して齧りつき、その血肉を貪るだけさ、その光景はあまり見栄えのいいものじゃないかもしれない、だけど真実ってすべてを掻っ捌いたあとにしか出てこないものかもしれないぜ、肉に食い込む牙の感触が、喉元を通過する粘っこい感覚が、その記憶が血液のリズムとなり、そのリズムが俺にこうして詩を書かせるんだ、俺は本能に突き動かされている、でも支配されてはいない…いつだってそれを正しく解き放つための手段を求めているんだ、世界でもっとも静かに打ち出される弾丸だ、それはとても理性的な武器だが、同時に野性を滴らせている、思考によって咆哮するんだ、この先も俺として生きていくために―それは俺の脳内で反響を繰り返す、それが識別出来ないほどのうねりになった時、また俺は指先の中で牙を剥くだろう。






0




AutoPage最新お知らせ