血塗れの船で果てしない海を渡れ  













老いた肉食獣の牙のみで作られた寝台に横たわり、遺伝子に染みついた生温かい血の記憶を弄っていると、脳味噌の隙間に瞬く光がある、針の先のような小さなそれは、けれど深くまで届くような鋭さも感じさせる、俺には理由などない、欲望は全うすることについてだけ、肉体に走る電流をイマジネイションとして捕らえるだけ、そいつを記録して、この世で最高の無用の長物を作り上げるのさ、それは確かに俺の生活を侵食する、ノーマルを犯してキチガイ沙汰を植え付ける、禍々しいグラデーションの中、俺は心を乱すことなく、そいつが教えてくれることをまた書き留めるのさ、昨夜の食事には満足出来たかい?ハイもイイエも要らない、答えなんてあてにならないものさ、俺が考えることはただひとつ、リズムを壊さないなにかを代わりに当てはめるだけ、それでたいていのことは真理のように輝いて見える、意味は考えないところからだけやってくる、無意識の思考の邪魔をするべきじゃないよ、そのことだけは少し声高に言っておきたいんだ、何の為にそれに手を付けたのか?認識出来ない領域の手掛かりを掴むためじゃないか?指先が動くままに任せておくことだ、綴ることを止めるな、意味は理由はあとからついて来るものだ、そうして見る夢はとても鮮やかな色をしているよ、原色の美しさじゃない、すべての色が巧妙に交じり合ったちょっと例えられないコントラストさ、見るものによっては吐気をもよおすような色味かもしれない、だけど俺にはいつだってそれは最高の色合いに見えるぜ、いつだってね…現世は―なんて、いまじゃ真面目に口にするのもこっぱずかしい有名な一節があるじゃないか、だけどあれは確かによく出来た言葉に思えるよ、現実なんてどこにある?お手軽にそこに在るだけのものだけにどうしてそんな仰々しい表現をかぶせなくちゃいけない?おそらくそれは多数決と同じ原理さ、日和るやつらの結論は概ね愚かしいとしたものだ、どんな世界に放り出されようが、そこにどんな社会が機能していようが、感覚が捕らえるものだけが真実だ、その中に隠れているものが真理だ、そう思わないか?いや、そう思えなくたって別に構わないけどね…いや、こう聞いてみようか、そう思っていけない理由について考えてみたことがあるか―?教えてやろうか、不特定多数という曖昧で強固な自意識は他所へ行こうとする誰かの足を引っ張るのが得意なんだ、列を乱すな、きちんと並べ、ってなもんさ、まったくあいつらは、いつになったら卒業出来るんだろうね?首に縄付けて引っ張ってもらわないと朝飯すらひとりで食えやしないんだ、俺はそんなやつらを鼻で笑いながら、自分だけの遊戯にのめり込む、どんな手段を使おうと、そこには俺の名前が書いてある…そいつを受け取りに来る数奇な連中だって、俺の名前を当てにしている、俺はだから、なにか面白いことをしようといつも目論んでいるというわけさ…ところで、面白いことなんてこの世の中にはそうそうありはしない、だから、同じことをずっと続けてしまう前に少し視点を変えてみるんだ、そうするともう一度同じことをしたときにも新しい発見がある、俺はさ、やり続けるってそういうことだと思うんだよな、スタイルっていうのは結局イメージに過ぎないんだよ、スタンスは限定されるべきじゃないんだ、一本の木に一本の枝だけが生えるわけじゃない、そうだろ?様々な方向に、様々な意味を持って伸びる枝がある、そして、それらのすべてで呼吸をしているんだ、そのすべてが現実であり、そのすべてがそいつ自身だ…俺の言ってることわかるか?逸脱を怖がるなよ、軸がブレない限りそれはお前のものだ、意識にはリーチがない、どんな遠くだって届かせることが出来る、それが詩ってもんなんだ、湾曲しても、どこかで裂けても、ひとつだけあらぬ方向へ飛び出したって…お前自身がしっかり立っていればお前というひとりの人間に見えるのさ、どんなに脇道に逸れても、寄道を繰り返しても―歩いたあとで振り返ればたった一本の道ってことだ―肉食獣の牙は突然に記憶を取り戻し、俺のマットレスを滴るほどの血で汚した、俺は血に塗れながら高笑いする、これが詩だ―これが詩なんだ。






0

今夜、この砂浜に座って  



















亡骸の幻影を抱いて
流木の間を
記憶を縫い取るように歩く

靴底を受け止める
砂浜の感触は優しく
けれど
優しさというのは
時折
無関心と同じで

巡回機のようなカモメたち
薄曇りの空を

波はアルペジオの静寂
抜き取られた鎮魂歌の小節
棺の中には誰も眠ってはいなかった

もしも世界に
もっとも正しい時の基準というものが在るなら
それは満ち引きに違いないだろう

わたしたちは呼吸をする
だけどそのことを知らない
感覚が衰え
些事に追われることに慣れている

幾人かを見送ったあと
わたしは
胎内に焦がれるようになった
それは逃避や
母への思いとは
また
違うもので

わたしはきっと
わたしを取り戻したい
波のように
適切なリズムで

目覚まし時計をすべて止めたって
同じ時間に目覚めることが出来るだろう
カレンダーの日付に
予定を書き込むこともやめにする
忘れてしまうことなんて
本当はそんなにないのだもの

宛先のない手紙なら
一番素直になれるでしょう
マイクの前に立つことがなければ
本当の声で歌えるはずでしょう

そんなことを忘れて
わたしたちはしょっちゅううそつきになる
虚飾に満ちた文章を書いたり
レベルメーターで得られる迫力をひけらかしてしまう
目を開けて
耳を澄まして
何を話そうとしているのか
もう一度
ゆっくりと考えてみて

わたしはわたしを取り戻したい
いちどもここにいたことがないわたし
けれど確かにわたしが知っているわたし

話すことは上手くない
歌うことも
聞くことも
でも大事なのはそんなことじゃない

いまは薄曇りで
夜には雨になるらしい
でもわたしは月が見たい
今夜、この砂浜に座って

びしょ濡れになってもかまわない
どうかわたしに傘を差し出さないで








0

ないものがあらゆるものを塗り潰す  




















見知らぬ駅に降り立つ夢、駅の名も、電信柱に括りつけられたスピーカーから流れているローカルラジオの内容も、その時電話していた相手の名前も、その内容も、駅側のモニュメントのところで出会った年配の男のことも、なにもうまく思い出せなかった、「よくない兆候だ」とサイコドクター、ああ、ドクター、せめて苦くない薬を持たせてくれ…エニシダの木が群生した庭で食らい殺される幻想、ブルース・ディッキンソンが居ないころのアイアン・メイデンが流れていた、おれは棒についたアイス・クリームを二本持って、舐めるでもなく溶けるのを眺めているところだった、天使は古臭いゼスチャーで去って行き、悪魔が最新の装備でしなやかに現れた、悪い香りは魅力的に脳天を突っつくものさ―駅員に切符を渡した、すぐそこに自動改札があったにも関わらずだ…駅員は不思議そうな顔をした、そりゃあそうだろう、だけど俺はそのとききっと自動改札のことが決して信用出来なかったんだろうな、あいつはただ食いたいものを食いたくてそこに居るように見えたんだ…駅の小さな待合室には近所の年寄りが持ってきたのかというような様々なクッションが壁の下部に余すところなく設えられた木のベンチに等間隔に投げ出されていた、それはスマホのパズル・ゲームの画面みたいだった、「ボーナス・ステージ」と俺は口にしてみた、でももちろんリアクションはどこからも返ってこなかった…アクションという概念がその駅にはなかったのだ、だから俺は気まずくなって駅舎の隣にある手洗いに逃げ込んだ、だけどそこは掃除はされてはいたけれど消臭剤のにおいが強烈過ぎてとても長居することは出来なかった、何度も唾を吐いて口の中のイメージを更新しなければならなかった、俺は自動販売機を探した、駅舎の中にはそれはなかったのだ、数メートル先のシャッターの降りた商店の前にあるのを見つけてそこへ歩き、小銭を入れて甘いジュースを買い、振り返ると駅は消滅していた―初めからそんなものは存在していなかった、というような鮮やかな更地がそこにはあるばかりだった、俺は狼狽えて買ったばかりのジュースをすべてこぼしてしまった、そのジュースはぼこぼこと泡立ってアスファルトに穴を空けた…飲まなくてよかったなと俺は思った、一三〇円でとんでもないものを売っている街だ…俺は武器を調達し役場に向かった、駅の(それはもうなくなっていたけれど)すぐ側でこんなものを売っているなんてとんでもない街だ、これは罰を与えなければならない!古い喫茶店みたいな馬鹿でかい取っ手のついた硝子戸を開けると、カウンターの向こうの事務机でかがんでいた子熊みたいな白髪の男が「どういった御用でしょうか」とにこやかに近づいてきた、俺はなにも言わずにマシンガンをぶっ放した、男の頭部はポップコーンのように弾け飛び、裏口からやって来た中年の掃除婦が悲鳴を上げた、俺はそいつの頭も吹っ飛ばした、そして、意気揚々と役場を後にした―街はとても静かだった、山間の街によくある、ゆるやかにカーブしたメインストリートのみの街だった、表には誰も居なかった、俺はマシンガンを捨てて散歩することにした、マシンガンは抗議するように勝手に弾切れまで乱射し続けて方々のガラス窓やらを粉々にした…街の終わりに巨大な河の方に降りるスロープがあった、俺はゆっくりとそこを下りて行った、渋谷区がそのまま乗っかったみたいな豪華客船がなんの音もたてずに通り過ぎた、河は津波の実験施設にあるプールみたいに味気なかった、百人あまりが一斉に放尿出来そうな巨大な公衆便所があり、俺はその中へと入って行った…特に小便をする気でもなかったけれど…中には誰も居なかった、博物館のように便器が配置されていた、個室のドアには番号が割り振られていた、それがなんのためなのかは俺には理解出来なかった、せっかくなので俺は小便をした、尿意がまったくなかったのにも関わらず、果てしなく小便が出た、それが済むと長いため息が出た、人生のすべてが排出されたような気がしていた―手を洗い外に出ると、幾つもの太陽がヒョウのように川面に降り注いでは物凄い湯気を立てて蒸発し続けていた、待てよ、と俺は独り言を言った…いまのいままで気づかなかったのだ、駅はもう失われてしまっている…。














0




AutoPage最新お知らせ