赤く塗れ  
















部屋の中で雨が降り続けているみたいに思えるのは、俺の血が滴り続けているからさ、いや―自傷趣味や頸動脈切断とか、そういう類の話じゃない―俺の血はいつだってこんなふうに、行場を失くして沸騰して飛び出したがっているのさ、なにも特別なことなんかじゃない、昔は…自分は少し異常な人間なのではないかと感じたこともあった、けれどそうじゃないんだ、俺はいつだって、俺自身の人生にこだわり続けているだけなのさ―適当なものに乗っかって知ったような顔なんて出来たことがないしやりたくもない、それだけさ―その、活火山のような欲望のことが理解出来ないうちは結構な苦労をした、周囲に居たのはいわゆる一般的な―常識的な、ではない、念のため―一般的な成り立ちを何の苦労もなく受け入れて生きていける、器用な人形みたいな人間たちばかりだったし、そして俺はそうした人間たちとも分かり合えるとどこかで考えていた、でもそんなこと出来るはずがなかったんだ、それは俺の中に残っている悪しき風習のひとつだ、どんな人間が相手でもとりあえず言葉をこねくり回せばなんとかなるんじゃないかと考えてしまう―けれどそんなことは無意味なんだ、彼らにはなにが真実かなんてどうでもいいことなんだから…たくさん思考を積み上げて、その上でどんな景色を見たか、なんて話は、彼らにはどうでもいいことなのさ、彼らはただただ自分が正しいことにしておかないことには納得出来ないみたいなんだ…それに見合うだけの人生なんかこれっぽっちも歩んでないにもかかわらずね…そういう人間は危険だよ、たとえばここに何が書いてあるのかなんてまるで理解出来ない…なのに、理解しているかのような口をきいてみせるのさ―不思議だよね、暑中見舞いくらいの文章しか書いたことなさそうな連中だってそうなんだぜ―まあそんなことはどうでもいいんだ…この血についてどんなふうに話をすればいいのか、この血をどんなふうに語ればいいのか…俺はいつだってそんなことのために脳味噌を掻き回してる気がするよ、ん、意味?意味―いや、たぶんさ、そうした答えを求めたい気持ちなんてものは俺にも理解出来るんだよ、気取った言い方をすればレゾンデートルみたいなことだろ、でもね、存在意義なんてものはないんだよな、たぶん…ボートひとつで海に出てさ、俺はきっとこっちへ漕いでいくべきなんだ、なんて、そんなこと言ってたら馬鹿だと思うだろ…人生ってそういうもんだと思うんだよな、大海の中でたったひとりで漂うんだよ、あっちへ行きたいと思って必死に漕いでみたって、潮の流れが違うほうに向いていれば、力を抜いてそっちに委ねてみる方が自然だってことなんだ―エンジン?エンジンを抱いて生まれてくるやつなんか、居ないだろ、俺は人生の話をしているんだぜ…要するにさ、人生ってのは、航海日誌みたいなもんだろ、天候や気候や気温、波の状態、太陽の向き…そういう記憶されたもののひとつひとつを持って、次に来る日をどうやって迎えるのかということだろう?どちらの方角へ行って、どんなものを見るのかなんてどうだってかまわないんだ、本当はね―大事なことはつまり、その中でなにを見て、どんなことを考えたのかって、そこだけなんだ、出来事を簡単に片づけない、そこにどんなものが見えたのか、どんなものを得たのか、あるいは失ったのか―そういうことを逐一考えていくことだと思うんだ、そうすればそこにプロセスというものが生まれる、次に同じようなものを目にしたとき、それを知ることが少し楽になる、比較対象として存在出来る、というのかな…そんなに異なる景色というものは存在しないからね、きっと海外に移住してmたところで、そこには人間が居て、社会を形作ってるに違いないんだから―出来事はありふれた、ちょっとしたことでいい…大切なのはそのことを、目の前をただ過ぎて行く流れとして片付けないことだ―結論はひとつだけなんてありえないことさ、すべての出来事は多重的なんだ、ただ、どうしたってそれをひとつにしたいやつらがうようよしてるってだけなんだ、いいかい、奇をてらう必要なんてない、爆弾で死んだりしなければ詩人として報われないなんてことはない、ひとつの出来事に数行のフレーズを当てはめることが出来れば、そいつは詩人としちゃ上出来の部類だ…放っときゃあいいんだよ、ただ同じところをぐるぐる回っているだけのやつらなんてさ―彼らは一見凄いスピードで歩き続けているように見える、激しく腕を振っているからね…だけど見てごらんよ、わざとかどうか知らないけど、自分の立っている場所からは一歩も動こうとしていないんだ…俺は蝿をはらいながら次の行を探す、求めよ、さらば―。








0

骨になったら壺のなか  

















ドブネズミの頭骨だけが綺麗に積み上げられた路地裏の酒場の看板の下にコカインの包み紙、側溝にかぶせられた石の蓋は片っ端から破壊されていて、外灯はけたたましく点滅している…メタリカのショーみたいに…焼夷弾のように少しの間降り注いだスコールが上がる気温に連れて行かれてもやになっている、インチキまがいの霊能者ならそいつをいかがわしい景色のように語るだろう、空気は空ぶかししたあとの排気みたいなにおいがした、ここまで車は入ってこれないはずだけど―路上でいかにもな詩人がいかにもな詩を朗読している、スタンダードから決死の思いでダイブしてそこに立っているはずなのになぜどうして同じ価値観ですべてを話そうとするのだろうか?俺はよほど彼の。大きさだけが頼りの男根を弄ぶような真似を止めてそのことを問いただそうと思ったけれど結局そうはしなかった、俺だってそれぐらいのことは学習した、あらかじめリミッターがかけられた思考の持ち主にその範囲以外の話をしたって理解出来るわけはないのだ…そんな話をしたって意味がないのさ、彼らはすべての話をなかったことにして、俺のことを、自分に否を突きつけるいけ好かない野郎だという結論だけを残すだろう、そして俺がそのままそいつの前から離れても、違う誰かを捕まえてまた同じような真似をするだろう…人間は考える葦なんかじゃない、実際、そこらへんの葦となんら違いなんかないものさ、いまはね―思考は必要のないものになってしまった、カレンダーをいかに多く塗り潰せるか、という目的でしかもう人間は機能していない、いや―俺には彼らを馬鹿にするつもりなんかないよ、だってそうだろう、それは利口だの馬鹿だのという概念からはまるで関係のない出来事なんだから…トラックに並んだ走者の分しかタイムは計られないものだよ…そんなわけで俺は人影の見える通りをなるべく避けて、路地裏や住宅街をたくさん歩いた、ビニール傘とガチでファイトしている50半ばくらいの男が居た、飲んでいるのかと思ったが足元は確かだった、やつがおかしいのはアルコールのせいではないようだ…精神病院にいる弟のことを思い出した、そして、すぐに忘れた―ドブネズミの骨のように積み上げられる人生がいくつも転がっている、風が吹けば転がり、ひとつふたつ居なくなったりして…それにしてもカラカラとよく渇くものだね、なぜそんなに…自動販売機の灯りに吸い寄せられて、欲しくもないのに缶コーヒーを買ってしまう、ろくでもない習性、だけどどうもこれは治りそうもないね…住宅地の終わりには雑草にまみれた展望台がある、街の南端が一望出来る…昼間ならばの話だけど、夜は夜で、ちらほらと浮かぶ灯りが不自由な蛍みたいでまんざら捨てたもんでもない、この季節、蚊にたかられるのが弱りものだけど―少し戻ってコンビニで虫よけの薬を買う、近頃のこういった薬は馬鹿に出来ない、使うのが怖いくらいに効き目があるものもある…効かなきゃ効かないで文句を言うんだけどな、まったく始末に負えない…展望台に上って、ジーンズの裾でベンチの砂を払い、腰をおろして下界に目をやる、ここに居ると、出来事のすべては取るに足らない…取るに足らない世界の、取るに足らない生きものたちの、取るに足らない出来事…俺はこうだとヒステリックに叫ばなければなにも主張出来ない連中…小さな街はそんなやつらの、団栗の背比べのために用意されている、俺は場外に居る、どうこう言うつもりはないよ、どうこう言われさえしなければね…どういうわけかあいつらは、自分が言うのは良いけどこちらが言うのは認めないみたいだから…そんなことをしている間にも、細胞は次々と荼毘に付されていくというのにね…死と再生、死と再生…常にその中に居る、途方もない死と再生のなかに…世間話が上手くなったところでなんの役にも立たないさ、必要なやつらと、必要な話だけして、必要なものだけを選んで生きていきたいものだね、そんなことが本当に出来たらとりあえず幸せには違いないさ…いつか俺の再生も、死に追いつかなくなるだろう、流行病なんかで死ぬのは御免だね、ある程度やり尽くして、面白かったでお終いにしたいよ、今夜は夜明けまでここに居ようか、取るに足らない営みを眺めて、ぞろぞろと蟻が這い出るころにのんびり歩いてご帰宅と洒落込もうじゃないか…。










0

独白は灯りの真下を避けて  










嘔吐、のようになまぬるい夜を落ちていくそれに、名前をつける気などあるものか、おれはとうの昔におれ自身ではなくなってしまった、いや、忘れてしまっただけかもしれない、けれど、それはいま語るのに必要な言葉じゃない、おれにステップを踏ませてくれるような言葉では有り得ない、いまこの場所にないのなら、それはないということだ、いつかの話になんてなんの意味もない、その時間軸がどこに位置していようともだ、いまでないのならそれは空想のようなものだ、たとえ過去だったとしてもだ、過去は記憶にまつわる妄想だ、そう思わないか、それは感情によって塗り潰されてしまう、経験として通り過ぎたそばから上書きされて印象のみの記録になってしまう、たいていの過去はそんなふうに脳裏に植えつけられるシステムになっている、おなじことがらが語る人間によってまったくべつの話みたいに聞えてしまうのは、そのせいだ、結局のところ、知ることが出来るのはいまだけなのだ、そしてそれもあっというまに、知ったことによって形を変えてしまう、ああ、なんてあいまいなものばかりを信じていかなければならないのか、おれは記憶を嫌悪する、忘れてしまいたいものほど強く植え付けられてしまう、印象がすべてだからだ、つよい光のほうが写真が美しく撮れるのとおなじことだ、だからおれはすべてのものと距離を置いた、余計なものを排除したほうが面倒が少なくて済む、それでなくてもおれの脳裏には、そこらへんのやつよりはずっと出来のいいフラッシュが仕込まれている、それは無作為に与えられるものではない、おれ自身が多分に自覚的だったからそういうものが作られたのだ、疑問符や理由のない、あるいはわからない気がかりに対して、つねになんらかの解答を得ようとしてきたせいだ、無自覚な連中たちはそれを笑った、いつの世も愚か者の立ち位置は良き傍観者であるという場所だ、だからやつらは実際のところ、腕一本自覚的に上げることは出来はしない、彼らにとって動作とはつまり、惰性とおなじ意味なのだ、それが生活を支えているならなおさらのことだ、おれは自分がからくり人形のようになることが怖ろしかった、だからすべての物事について問を繰り返した、そして解答を求めた、そのほとんどの問からは解答として適当なものは導き出せなかった、それがおれの未熟さのせいなのか、あるいははなからそんなものは必要でないものなのか、それについてはいまだってはっきりと語ることは出来ない、ただ、解答を求めるという試みは成果に関係なく無駄に終わるということがない、さまざまな可能性について思いを巡らせることは、思考力をひとつ上の段階へと持ち上げる、ときによるとその成長は、一見するとなんの意味もないようなものからも学ぶことが出来る、深読みだの勘繰りだのというならそれでもいいだろう、そこで片付けてしまうことはとても簡単だ、そして、なにも生まれない、いちばん簡単な結論に飛びつくというのは、そういう覚悟を持って行われるべき行動である、結論を急ぐ人間は大人になっても子供じみた真似ばかりをしている、正解はない、それが正しい、その、ぽっかりと空いた正解のあるべき場所に、いちばんしっくりくる言葉はなんなのか、たとえばそんなことがおれにとっての詩であり、表現だったりするのだ、結論に甘えてはいけない、安易さにはなにも生み出せない、現状維持をするのならちょうどよかったりするかもしれないけれど、それは先述したように大したものを生み出しはしない、感性、感覚、感情、呼び方はいろいろとあるだろうが、たとえば、ひとことの結論に至るためには、その数倍以上の言葉のやり取りがあたまのなかで行われていなければならない、そうして動かしてみて初めて、思考は、感情は、言葉は意味を持つのだ、見たことがあるだろう、ひとことだけですべてを終わらせようとする人間のなんて間抜けなことか、彼らは知覚を動かすということを知らない、パブロフの犬のようにある条件下でおなじ動作を繰り返すだけのことだ、そんなことはそう―犬にだって出来ることなのだ、犬にでも出来ることを彼らは自信満々で繰り返しているというわけだ、憐れんでやってもしかたがない、彼らはそれを正しく理解することが出来ないのだから、おれはその先ということについては多分に自覚的ではあるけれど、そこで得る具体的なもろもろについては一切の感想を持たない、ただただ手当たり次第に抱え込むのだ、それらはある時勝手に知るべき瞬間というものを察知して、瞬きの間に脳裏に現れる、ああ、あのときのこれはそういうことだったのか、とおれは理解することが出来る、貪欲であっても無頓着でいなければならない、でないと意欲によってがんじがらめにされてしまう、だからおれは名前をつけない、いつだってやつらは、時が来たら勝手に喋り出すからさ。










0




AutoPage最新お知らせ