別に詩人なんてもんになったつもりもない  












夜は燻りながら、いのちの方角へと転がっていく
俺はそれを見つめながら、道を知らない子供のような
顔で
燻製になった魚の心情を体内で模写する

よどみの中、腐りかけた水の中
まるで親指大の腫瘍だ

朝と昼と夜が
回転灯のリズムでから回る
腐り落ちた肉のあとの
断面に残されたかけら
語れ
語れよ
お前こそが声を発するべきじゃないのか

意味の無い音がこぼれ落ちる
朽ちた木に残された僅かな葉がそよぐように
業だけのために生をめくってきた俺には
眠ることが不可能な夜というものが必ずある
脳味噌の片隅に仕込まれた爆弾
俺はせっつかれて指先を動かす
フレーズがフライングし続ける
回転数を忘れたターンテーブルだ
そして、俺は
そんなきちがいがたまらなく恋しい

終わらないでくれと
終わらないでくれと願う為だけの
欲望が本当に
掴みたがっているものはなんなのか
夜の中にはその答えがないような気がして
俺はカーテンにもぐるみたいに薄曇りの闇を見る
本当に何も見えない夜にこそ
生きることの喜びがあるような気がして
イラついた果てのアスピリンは
もはや気休めにもならない

寝床には俺の影だけがある

たったひとりの自分に戻るための手段
見通しのいい道で
誇り高い迷子でいるような真似はもう出来ない
その選択肢は子供のうちに捨ててしまった
迷いなくそこに飛び込んでいく連中が
ひどく
間抜けに思えて

誰かが歌った暗闇を今夜俺が持ってる
それはいつか君が歌ったものなのかもしれない
目覚まし時計が騒ぎ出す頃に眠りに落ちようぜ
そんなことでも少しは気分良くなれるはずさ
何もしないで明日になるよりは
何もしないで大人になるよりはね

多いか少ないかさ、もうそんな正義しか残ってない
イズムにもなり得ない思考は
つるんで笑う以上の言葉を持たない

空っぽの水槽の中で熱帯魚の記憶だけが泳ぐ
そうさ、例えばこれが蝶が見る夢であったとしても
俺は同じことをし続けるだろう
夜は針を進めない、こちらを騙くらかそうと目論んでいるのさ
眠れない時には眠ろうとするなよ
枕に沈める為のなにかが今日の中に残ってるのさ
魚のように口を開けて食らいつくんだ
飲み込んだら欠伸のひとつも出てくるかもしれないぜ

湾曲した骸骨のイメージ、軽木のように鳴りながら
高周波の歯軋りをばら撒き続けている
パンクロックだって俺は思う
そしてしばらくの間耳を塞いでいる

言葉やそのあらゆる配列を
失った時が俺の終わりだろうか
碎かれて壺にぶち込まれて
置物になって沈黙するのか
それはいつまで白くあるだろう
骨もまたいつか灰になるなら
それはまだ終わりではないのかもしれない









0




AutoPage最新お知らせ