ダイスを転がそうと棒を倒してみようと、それで行く道が決まるわけじゃない  









昏倒のような深夜、ブロック塀に書き殴られたイルーガルな単語のいくつかは綴りを間違えていた、まだ十月も終わっていないというのに不自然なほど冷えていて、俺はふらふらと歩き出した最初の目的をすっかり忘れてしまっていた、日常は相変わらずカットされた場面を集めて作った映画みたいで、もの好きですら五分で席を立つような代物だった、でもそのことについてどうこう言っても仕方のないことだ、同じ言語でも違う言葉になりうる、同じハードでも、インストールされるアプリ次第で別物みたいな出来になる、利口なメクラたちが持つものには標準的なものだけが形式的に読み込まれている、「これだけあれば充分だから、他のものは使わないから」随分と誇らしくそう言うんだ、カッコいいことでもしてるみたいにさ…ま、下らない比喩はこれぐらいにしておこうかーどう頑張っても今夜は眠れないって、早いうちから分かる夜がある、下手をしたら朝起きた瞬間にそれが分かるときがある、そんな時俺はこうして適当な服を着て、真夜中をうろつく、人間の最低ラインで出来ているこの掃き溜めを素面で歩いているのは俺ひとりさ、男も女もそこいらで痴態を張り合っている、そしてその誰もが幸せでたまらないという表情をしている、もうそんなものを見ても腹も立たなくなった、豚小屋のそばで臭いと不平を言うのは間違いだ、そうだろ?勘違いしないでほしい、なにかを批評したいわけじゃない、小さな世界に反旗を翻したいわけじゃない、俺はただ真夜中を歩きたいだけさ、でもその話をしようとすると、どうしても最初に目に入るのはそんな連中だからね…面白い話があるよ、もう何年前になるのかな、二人の詩人と一緒に朗読会をして、打ち上げでこんな風に夜の街を練り歩いたんだ、晩飯を食って、少し飲んで、最後にコーヒーでも飲みたいねって、ファミレスみたいなものを探してしばらく歩いたんだけど、そんな店はひとつも見つからなかった、酒を出す店ならごまんとあるっていうのにね、それでも最近は減ったほうだけど…で、結局見つからなくって、そのままお開きにしたんだよ、詩人なんかが住む街じゃない、そんなことは分かってる、何十年も前からねーこの街でいう幸せや大人っていうのは、日本語を喋れる飼犬になるってことだから…社会的生活、と言えば聞こえはいいが、その実辺境の村の馴れ合いさ、目立たず、背かず、ただそこにあるしきたりを守ることだけをーそれがどんなに見苦しいものであろうとー懸命にやる、懸命にやらないと恥ずかしいみたいだよ…自動販売機で飲物を買い、NTTのビルの入口のそばの花壇に腰を下ろす、車が少なくなった大通りを眺めるのが好きだ、ハリウッドの映画であったろ、タイトル忘れちゃったけどーゴーストタウンになった大都会でたったひとりで暮らすっていう…俺、自分があんな状況になったら、生き残った仲間なんか探さないよ、ずっとひとりで、のんびりと暮らすだろうね、きっと犬を飼うこともないしね…ゴーストタウン、素敵な響きじゃないか、巨大な廃墟の中でたったひとつ更新されるメニュー、まあ、それだってあとどれくらい続くのか分かったもんじゃないけどねー俺はまだ人生について語るほど歳をとったわけではないけれど、少しくらいなら話せるよ、大事なことはひとつ、人生なんてそんなに大事なもんじゃないってことだ…ほとんどのことはつまんで捨てる塵みたいなものさ、だけどところどころ、「それは取っておけ」という予感みたいなものが頭を過ることがある、それを聞き逃さないようにすること、それを見逃さないようにすることさ、長い長い砂金掘りみたいなもんだ、下らないけれど、探し続ければひとつやふたつ、続けていてよかったねと思えるようなものが手に入る、人生ってたぶんそんなものさ、たぶん歳を取ったからって偉そうに語るようなものなんかひとつもありゃしないよ、けれどそれはまだしばらくは続いていくし、なにかしら、興味を引くものは見つかっていくさ、掃き溜めに住んでいたってね…白けていたって衝動がなくなるわけじゃない、現に今も俺はここにいるじゃないか、高く上がった月は色を失くした、誰かが空に狙いをつけている、無意識にそう呟いて吹き出す、下らないフレーズだ、けれど、なにも口にしないことよりはたぶんいいんだろうね、俺は立ち上がり、デニムのあちこちをぱんぱんと叩く、空缶をごみ箱に捨てて、そろそろ眠る真似でもしてみようかなと思う、そうさ、こんな夜は、歩かないよりは歩いてみた方がずっといいんだ、人生ゲームのコマみたいなもんになるよりは、ずっとね。












0

見えないのか、舞台はすでに準備を整えている  










それは崩落し、細かく砕けながら、薄暗い地面へと乱雑に堆積していく、激しく、そしてささやかに繰り返す破壊音は、インプロビゼイション・ジャズのような気まぐれな旋律を形作る、すべては破片、音を上げれば上げるほどー声を上げれば上げるほどーそうさ、口火を切らないやつがいちばん賢い、押し黙って、誰かがへまをやらかすのを待ち焦がれてるやつらさ、関わり合いになるんじゃないよ、集団という自意識を持った人間は軒並み駄目になる、そして死ぬまでそのことに気づきはしない、あるいは、死んでからだってそうかもしれない…時々は、逃げることも抗うこともせずに、壊れ、砕けていくそれをただ見つめているべき時もある、なにかが変わる瞬間には余計なことをしてはいけない、それは大切な瞬間を見過ごすことになってしまう、息巻いて人生に手ごたえを感じようとすればするほど、待ち方というのは大事になってくる、ときおりそうして、なにが終わろうとしているのか、なにが始まろうとしているのかを見極めようとしなければ、いつか目的すら忘れてしまうだろう、いまが大事だって、流行歌に手を染める訳知り顔の連中が口にしている、なあ、笑わせんなよ、切り離せるもんなんて、ないんだ、いまはいまで、過去も未来も、必ずそこにすべてあるものだ、といって、そんなこと言ってたら、誰かが金を払ってくれる歌なんて作れないのかもしれないね…大きな紙を手のひらサイズになるまで切り取って、さあ持ちやすいだろとそっと渡してやる、いまポップ・フィールドにばらまかれているのはそんなものばかりさ、なにも音楽だけの話じゃない、そして、そんなものをありがたがってるやつらが一番、真実を知っているような口をきいてやがるのさー補助輪をつけてやらなくちゃ思考すら成り立たないんだ、彼らは必要最小限の脳味噌だけを残したアンドロイドなのさ、子供から年寄りまでが同じ理屈を話してる、ほかに大事なものがどこにもないみたいに、いや、おそらくやつらは本気でそう信じているんだろうぜ…地面で砕けるものは時々、刃物のような形状になって弾け飛び、俺の頬に薄い傷跡を残す、それは年々激しくなる、つい去年まではそんなものだと思っていた、いつも、その時が一番鮮烈に見えるものだと…でもそうじゃなかった、それは間違いなく徐々に激しく形を変え始めた、だから俺は注意深くそれを見つめていなければならなかった、壊れる、という表現は不思議だ、それはどう見たって壊れている、粉微塵になるのではないかというほどに、巨人の怒りを思わせるほどに徹底的で、恐怖すら覚える、けれどそのあとには、必ず新しい形が残っている、ということは、まだ先があるということだ、もしもすべてが壊れてしまったときは、と時々は考えるが、きっとそれはもう少しだけ先の話だろう、俺がまだどこにもたどり着いていないことは俺自身が一番よくわかっている、安易には完成しないものを選んだ、それが一番やりがいがあるように思えたからだ、そしてそれは間違いじゃなかったひとつひとつの思考に破壊と構築がある、それはどちらかではありえないものだ、言っただろう、切り離せないってー一つの岩が激しく砕け、俺の側頭部にぶち当たる、俺はべっとりとした血を拭い、顔に塗りつけながら高笑いする、この世界だ、この世界が俺を生かし続けている、壊すことだって始めることだってお手の物だ、まだまだそうして生きていくことが出来る、追いかけるものがあるうちは人生は長く、この上なく愉快だ、俺はかけらの上にダイブする、骨が軋み、皮膚が敗れる音が聞こえる、それは確かに俺の身体に、本当に起こっているかのような痛みを呼び覚ます、痛みは麻薬を乞い、俺の思考は溶け、体内に蔓延していく、ほら、生まれる、痛みの中から、ほら、生まれる、破壊の中から、零れたばかりの血を啜れ、最も素早い遺伝、俺は俺の転生、一生なんてたったひとつじゃないー立ち上がれ、声を上げろ、自分で築くもののことを忘れてはいけない、自意識は形になることを望む、それが本当は決して目に見えないものだから、どこにも、なにも残されることのないものだからーねえ君、ここにあるものは俺自身だ、そして、死ぬことがない、このフィールドがある限り、未来永劫、生き永らえることが出来るものだ、いつだって叫びでありたかった、本能のままに、野生のままに、けれど人間として、確かな叫びでありたかった、わかるかい、生きるためのあがきは苦しくなんかないんだ、言っただろ、それは決して切り離されることのないものなんだって、耳を澄ましていてくれ、いつか、きっとー



お前のところまで、そいつを届けてみせるから。










0

すぐに乾いてしまううた  








枯れた樹木が
腐って落ちるように
あなたは居なくなった
あしもとには
かさかさの
かけらが残るばかりで

死んだから永遠
なんて
わたしは
疼く血が好きだから
そんなもの
信じないのです

窓の外では
ぼんやりとした
雨が降っている
誰かが
嘘を放置しているのかもしれない
ふと
そんな気がして

噛みちぎった左手の小指の爪は役立たずのノコギリのよう

深夜ラジオのDJの声は甲高い、きっと
そうしていなければ自分の名前すら忘れてしまいそうで
怖いのだろう
シャツの袖が少しほつれているのを
気にしているうちに結構な時間が過ぎていた

子守唄がわりのアルバムは回転を終えた
わたしは長いため息を吐き終えた
夜は誰のどんな声も聞こえなくなったことに安堵して
ただただ黒雲と雨を垂れ流していた

思いを残せばうたのようでしょう
背中を向ければ映画のようでしょう
わたしは愚かな観客を気にして
本当の思いをどこかへなくすでしょう

点字ブロックの上で誰かが
要領を得ない不満を長々と話している
どうしてこんな時間に
世界はいったんすっかりと寝静まったのに
すべての生と死から
はぐれてしまったのでしょう
だからこそそうして
未練がましく、みじめで

昼間に淹れた珈琲の豆が
雨の音に混じって聞こえて来る
雨が降る夜にじっとしていると


世界には
雨しかないのだという気がして来る






0




AutoPage最新お知らせ